Daily Archives: January 19, 2015

「中国の指導者に反論する意味合いもある。」 ← 意味不明だってば!!

これ見た?

読売新聞 2015年19日

首相、大虐殺記念館で演説…中国に反論の意味も

Sans titre

【エルサレム=寺口亮一】イスラエルを訪問している安倍首相は19日午前(日本時間19日夕)、ナチス・ドイツによるユダヤ人大虐殺(ホロコースト)の犠牲者を追悼する「ホロコースト記念館」で演説した。
首相は「先の大戦終結から70年、アウシュビッツ解放以来70年でもある本年、このような悲劇を二度と繰り返させないとの決意を表明する」と訴え、世界平和の実現に努める考えを強調した。
エルサレムにある記念館は1953年に設立された国立施設で、ユダヤ人迫害の歴史を写真や映像で紹介している。第2次世界大戦の悲劇を象徴する場所での演説には、ナチス・ドイツと戦前の日本を同一視するような発言を繰り返している中国の指導者に反論する意味合いもある。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150119-OYT1T50080.html?from=tw

記事には、「第2次世界大戦の悲劇を象徴する場所での演説には、ナチス・ドイツと戦前の日本を同一視するような発言を繰り返している中国の指導者に反論する意味合いもある。」って書かれてあるんだけど、コレってさ、印象操作っていうやつじゃないの?

ナチス・ドイツと戦前の日本を同一視するような」ってさ・・・こう思っているのが「中国だけ」みたいなこと書いてるけど、コレと同じことをヨーロッパや、その他の国々でも言えんのか?っていうか、おまえが中国の指導者に反論したいんだったら、中国に行って会談して、議論して、反論したら良いんじゃねえの?今後すんのか?

例えばフランスじゃ、日本の首相・安倍は極右化している、ナチスドイツを肯定し、そういった人々と並んで握手してニコニコして記念撮影してっていうような政治家を部下ににしているというので各所で報道されたけどね。

なんだか酷く・・・トンチンカン過ぎて分け分からんことになってんじゃないのコレさ。

あと、「演説した」ってことだけど・・・この程度の演説?演説の全部を聞きたいんだけど、ソレを丸ごと報道する所はあんの?無いんだったら、何処で見れんの?

しっかしスゴいな安倍は、ここに来ないと学べなかった・分からなかったような話ぶりじゃない??

この人・・・「総理」なの本当に?なんか凄く怖いんだけど!

ANN 2015年1月19日

安倍総理 ユダヤ人大虐殺の追悼施設で平和への決意

Sans titre

AFPBB News 2015年1月19日

安倍首相、エルサレムのホロコースト記念館で献花 Japanese PM visits the Yad Vashem’s hall of remembrance

Advertisements

シャーリ-・エブド編集長シャーブ=「こんにちは、わたしはXXXって来られても困る」

タイトルにある、シャーリ・-エブド編集長シャーブ(ステファン・シャーボニエー)は正確には「元編集長」となってしまった・・・んだけど、この当時は編集長なので、敢えて「元」を付けなかった・・・っと、取りあえず書いてみた。

以下の映像で、2013年6月12日にインタビューに答えるシャーブの姿を見ることが出来る。

いま、世界中で話題になっている「わたしはシャーリー」現象、そして、そこから広がった「わたしはシャーリーではない」、「わたしはユダヤ人」、「わたしはムスリム」・・・いろんな形で「わたしはXXX」がネット上でも道端でも、現象化してる。

まるで、こういう事態に、既に答えを用意していたかのようなシャーブの話が聞ける。

2013年6月12日、シャーブは、こんなこと言ってた。

「わたしが理解に困るのは、全てを差し置いて宗教的立場を第一に表明してくる人々。いきなり、わたしはユダヤ人だとかね。同じく全てを差し置いて、ムスリムだ、キリスト教だって・・・いや、彼らがキリスト教、ムスリムだっていうのは理解できるんですよ・・・っていうか、あまり興味ないんだけどさ正直、それでも、わたしが理解出来ないってこと事態を禁止できる話じゃないよね。例えば突然やって来て、こんにちは、わたしはキリスト教ですって言われたって困るよ。でも、そういう人たちって居るんですよね。いきなり、こんにちは、わたしはユダヤ人なんですって・・・来られて、そんな人たちを前に、わたしは何と言ったら良いんだ?はい、こんにちは、わたしは・・・何?・・・フランス人ですって言ったら良いのか?これも返事になってないし、無神教ですっていうのも何だか合ってるんだか合ってないんだかだし・・・分かんないよ。わたしは世界の市民だっていうのも何だか馬鹿っぽいけど・・・でも、それが本当なんだよね。」