大江健三郎 「核開発は必要だということについてぼくはまったく賛成です。」 (1968年)

「夢よりも深い覚醒へ――3・11後の哲学」 (岩波新書 2012年3月7日) 大澤 真幸著 より

IMG_9760

ここに出てくる大江さんって誰?

答え = 大江健三郎

何時の発言なのか?

答え = 1968年5月28日 紀伊国屋ホールでの「核時代への想像力」講演

大江健三郎の原子力発電所に対する立場

1968年5月28日紀伊国屋ホールで「核時代への想像力」と題して講演し、「核開発は必要だということについてぼくはまったく賛成です。このエネルギー源を人類の生命の新しい要素にくわえることについて反対したいとは決して思わない」と述べた。

しかし、2011年の東日本大震災の福島第一原子力発電所事故に際して、米誌「ニューヨーカー」に「歴史は繰り返す」を寄稿し、「原発建設は人命軽視の姿勢を示すもので、広島の原爆犠牲者に対する最悪の裏切り」と述べている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B1%9F%E5%81%A5%E4%B8%89%E9%83%8E

Advertisements

2 responses to “大江健三郎 「核開発は必要だということについてぼくはまったく賛成です。」 (1968年)

  • 広川マチ子

    初めまして。興味ふかく面白く読ませていただいています。トピックのところには1986年 答えのところには1968年とあるのですが、やや混乱してしまいました。ご説明頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

  • onaironaironair

    指摘ありがとうございます、タイトルの年号の8と6が逆になってて大きな違い。
    1968年っす。今から訂正しに飛びます。←こんな風にサっと核・原発止めれたら良いんやけどな。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: