フランスが報道する福島サーファー事情

2013年8月30日、今日、こうしてヤフーニュースの注目トップニュースとなってる話題 = 福島のサーファーの件。

記事に飛ぶと、AFP通信社のビデオニュースで、この話題について知ることになる。

ヤフーニュース・フランスでは、注目トップニュースのタイトル「あまり考えないようにするだけ・・・」っとつけられている。

Sans titrehttp://fr.yahoo.com/

20minutes.frっというニュースサイトでも同じくAFP通信社のビデオを紹介してニュースにしてる。

こちらのタイトルは「原発の影、福島のサーファーたちの情熱」。

20minutes.fr – 28/08/2013

La passion des surfeurs de Fukushima, à l’ombre de la centrale

「原発の影、福島のサーファーたちの情熱」

ナレーション 白い砂浜、輝く太陽、大波・・・この豊間海岸はサーファーのファンには大変に有名な浜です。ここは、あの津波の爪痕が依然として残り、また原発から50キロほどの所に位置します・・・にも関わらず、サーファーファンは波乗りを続けています。

サカイ・ナオトさん(サーファー) 心配ですが、サーファーを止めるという程ではないです。自分が住んいる場所のことも考えて、その上で食品の安全なんかにも気を配って・・・っというのは可なりのストレスになります。だから、気にしないようにしています。

ナレーション 先週、あの事故を起こした東京電力は汚染水タンクから漏れて、汚染水が太平洋に流れ出していることを認めました。大学の調査によって7月、この浜で摂取された海水から、1リットル当たり6ベクレルが検出されました、この数値は政府が基準としている1リットルあたり10ベクレルを下回ってはいますが、新たな汚染水問題が発覚して以降には未だ新たな検査が行われていません。

コバヤシ・ユウイチロウさん(海岸保全のアソシエーション団体員) わたしたちのアソシエーションとしては、セシウムを計測することは出来ますが、トリチウムやストロンチウムまでは測ることは出来ません。東電と政府による早急な対策が必要になっています。

ナレーション 原発事故前は、豊間海岸では国際的レベルでサーフィン大会が行われてました。しかし今日、この浜に来るのは住民やその他付近の人々で、若者は来なくなりました。その為、この地域で経済を回していた人々は直接的打撃を受ける結果になりました。

スズキ・エツオさん (サーファーショップ店長) 昨年から、サーファーが少しづつ戻ってくるようになりました。それでも3年前に比べると、売り上げは30パーセントから50パーセント落ちました。

ナレーション サーファーの中には、今後、状況が悪化すれば二度と福島の浜には来ないという人も居ますが、魅力的な波の誘惑には勝てない人々も居ます。

撮影 = AFPTV/FPU POOLA.Bouthier

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: