宇宙から監視すると汚染水ダダ漏れ止まんのか?!

まぁ、今朝もスゴいニュース見て目が覚めた。

これ見た?

Sans titre

【8月27日 AFP】日本とウクライナの両政府は26日、世界で最大規模の事故が発生した東京電力(TEPCO)福島第1とチェルノブイリ(Chernobyl)の両原子力発電所の状況を衛星から監視・観測する共同事業を立ち上げることで合意した。
ウクライナを訪問中の岸田文雄(Fumio Kishida)外相は、レオニード・コジャラ(Leonid Kozhara)外相との会談後、記者団に対し、福島とチェルノブイリの周辺地域を監視・観測する衛星事業で協力することで合意したと語った。
2014年までに小型衛星8基を軌道に投入、高度約600キロから2時間ごとに送られてくる衛星画像から放射性降下物による両原発周辺地域への影響に関する情報を収集する。また放射線量が通常の値を超える地域に設置した地上センサーからも信号を受信し、情報収集を行う。
外務省によると計画は、東京大学( Tokyo University)とウクライナ宇宙庁を始めとする関係機関との進めているプロジェクトで、日本衛星を開発し、ウクライナがロケットで打ち上げる。
原子力施設事故の深刻さを示す国際原子力事象評価尺度 (INES)で「深刻な事故」と評される「レベル7」の判定を受けたこれまでの事例は、1989年に旧ソ連(現ウクライナ)で起きたチェルノブイリ原発事故と2011年に起きた福島第1原発事故のみとなっている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2964368/11245848?ctm_campaign=txt_topics

すげぇ~よな・・・地上や海上、海中でも汚染水ダダ漏れで、どうにもこうにもなんなくて、で、「何でもします、出来ることは。はい宇宙から監視いたします。」って事らしいよwwwwwwwwwwwwwwwww

地上でも、ろくに放射線なんて測定せずに、内部被ばく対策なんて一向にする気配すら見せない政府で、信じがたい事の連続で、最近では「原発事故の影響で局所的に放射線量の高い「ホットスポット」が見つかった市町村の放射線測定費を国が負担する事業の予算が1円も使われず、過去2年分の約6・4億円が手付かずのままになっている。窓口となる都道府県からは「そもそも事業の存在を知らない」という声さえあがっており」っていう本当に「信じられない」ではなく「信じたくない」様な出来事が日常化している中、この原発を衛星から管理しますニュースは、もう飛んだね、エラい遠くまでアイデア飛ばせたね、上等上等、すごいよ、コイツら。

で、出てくるのは、お約束のように「東京大学」・・・なんだか素晴らしい提携を組んでる大学なんだね、名前変えて「日本国大学」とか「日本政府大学」とかにしたら良いんじゃね?

「東京大学」って一言に言っても、色んな学部があって、すべての分野でこうなってるとも限らないのかもしれないけど、素晴らしき「東京大学信仰」っていうのの根強さを感じずにはいられないんだけど。

やっぱりさ、あの「戦争いけいけドンドン(突っ込め、帰ってくるな、死んでくれ、お国のためだぞオイ!)」の戦争の後、反省など一切せず今度は「働けドンドン、つべこべ言わず働けオマエ!(男は外、女は内・家)」で、ずーーーーーーっとヤってきてさ、やっぱ色んな意味で「体制」が変わってないんだよ。

日本という国は、国内外の両方から「先進国」で、「技術トップ先進国」だとか「技術大国」っていうことになってる。

でもさ、外の国からは、見えている所は見えてるんだよね、ソレはネットがココまで普及する前からも知られていて、反対に日本人たちが「え?海外でソコまで知られていたの?」っていう程、ある程度は情報は行きわたってる。

例えば、日本人が有給休暇を消化しない、上司が帰らないと自分も帰らない・帰れない、残業当たり前、言われている仕事内容以上のことを各自が自ら行いソレを「日本の素晴らしいサービス」として労働者は安い賃金で精いっぱい働いている(しかも文句言わずに)、職場で死ぬまで働く・働かさせられる者もいる←「過労死」=「KAROSHI」(寿司=SUSHIと同様に世界共通語になった)、男性中心社会でテレビを見ても何処を見ても男性中心社会で、今の時代でも女性が男性に晩酌したりして・・・等々、日本の外に居て、日本に一度も足を踏み入れたことが無い人々でも、このぐらいのことは普通に知っていたりする。

今後は、こういったのに加えて、「原発事故おきて原子炉が何基も爆発しても、メルトダウンし、汚染水ダダ漏れで、それでも笑って原発から数キロの場所で海水浴してかき氷食べて魚食べて美味しいってニコニコ、テレビでは政府関係者も芸能人も一緒になって果物にかぶりついて安全キャンペーンを巻き散らかして・・・今度は原発を衛星から監視しますという国」・・・っという事になるんだね、スゴいな。

————————————————————————————

ラジオフォーラム #33

00:33 オープニング
05:30 小出裕章ジャーナル/汚染水漏出問題
13:40 東京電力会見の実態
30:04 事故のデータ管理のあり方とは
57:20 エンディング
■ラジオフォーラム #33
ゲスト 木野龍逸さん(ジャーナリスト)
パーソナリティ 今西憲之(ジャーナリスト)
ラジオ放送 2013年8月24〜30日

————————————————————————————

カナダ人宇宙飛行士クリス・ハドフィールドが、国際宇宙ステーションで歌うデヴィッド・ボーイの「スペース・オディティ」(2013年) = 初めて宇宙で撮影・録音されたミュージック・ビデオ!!

Chris Hadfield – Space Oddity (2013)

こちらがオリジナル。

David Bowie – Space Oddity Original Video (1969)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: