タンク周りの線量測っておいて、公表しないの?

毎日新聞 2013年08月23日 東京朝刊

福島第1原発:汚染水漏れ 地上タンク2基、底部から高線量

東京電力福島第1原発の地上タンクから高濃度の放射性汚染水が漏れた事故で、東電は22日、敷地内に設置されている同じ型のタンクについて点検する過程で、2基の底部周辺から最大毎時100ミリシーベルトの高い放射線量が検出されたと発表した。周辺に汚染水の漏れは確認されなかった。原子力規制委員会は同日、微量の汚染水が漏れた可能性もあるとみて、原因を調べるよう東電に指示した。
東電によると、2基は約300トンの汚染水が漏れたタンクから約100メートル離れた「H3」という区画に設置されている。東電は、同じ型のタンク約350基のうち、高濃度汚染水をためている約300基を点検し、この2基だけに高線量が検出された。2基の内部の水位は、汚染水を入れた時点と変わらず、ほぼ満水状態であることから、東電は「新たな漏れの可能性は低い」としている。【中西拓司】

http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130823ddm002040090000c.html

時事通信 8月26日(月)

タンク南側も汚染か=開閉弁付近で高線量―福島第1

東京電力福島第1原発のタンクから高濃度汚染水が漏れた問題で、東電は26日、漏出があったH4区画を調べた結果、最初に水たまりが見つかった地点とは反対の南側で、毎時16ミリシーベルトの高い放射線量を測定したと発表した。
東電によると、社員3人が同日、H4区画を囲む漏出防止用のせきに設けられた排水用の開閉弁24カ所の空間放射線量を測定。漏れたタンクから約30メートル南側にある弁の近くで、高い放射線量が確認された。水たまりはできていなかったが、開いたままの弁から汚染水が漏れた可能性がある。
東電は「汚染が拡大している可能性が高い」とみて、周辺の土壌を回収する予定だが、時期や範囲などは決まっていない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130826-00000155-jij-soci

っと、こんな報道がなされているんだけど・・・不思議なもんだねぇ・・・。

だってさ、フランスのル・モンド紙のビデオニュース(2013年8月26日付)を見るとさ、タンクの周りで線量測っている人がハッキリと「160ミリシーベルト」って言ってるのが聞こえてるよ。

なのにさ、見てよコノ記事、茂木経産相が原発を訪ねた件が、こうして記事になると、記事内に線量数値が出てこないんだよね、なんで?相変わらず不気味すぎるだろが明らかに!

毎日新聞 2013年8月26日

汚染水:茂木経産相、地上タンクの巡回強化など東電に指示

茂木敏充経済産業相は26日、放射性物質を含んだ汚染水漏れ問題が続く東京電力福島第1原発を視察し、汚染水が漏れた地上タンクの巡回強化などを東電に指示した。東電も同日、対策本部設置や国内外から専門家を招くことを柱とする追加対策を発表した。
茂木経産相はこの日、汚染水が漏れたタンクや汚染水の流出対策工事などの現場を確認。視察後、記者団に「今後は国が前面に出る」と述べた。漏れたタンクは鋼材をボルトで接合するタイプだったことから、東電に対し、接合部が溶接され漏れる恐れが小さいタンクを増設することや、タンクに異常がないかの巡回を1日2回から4回に増やすなどの対策を指示。経産省として局長級ポストの「汚染水特別対策監」を新設するほか、福島第1原発に常駐する職員を増やす方針も明らかにした。
これを受け、東電の広瀬直己社長はこの日の記者会見で「極めて大きな経営課題」として、追加対策を発表した。社長直轄の「汚染水・タンク対策本部」を同日付で設置し、社内外の技術や知識をフル活用するほか、巡回要員を現在の9人から約60人に増員。今後、ボルト接合式タンク全基に水位計を設置するなどの監視強化を検討する。
ただ、今回の対策は再発防止が主眼。溶接型タンクへの全面切り替えなどの抜本策の実施には時間がかかるため、「(問題が解決する時期は)今の段階では言えない」(広瀬社長)状況だ。政府内には「抜本策を取れないのは、対策費用の大きさも一因」との指摘もある。現段階では、政府の財政支援も、建屋周囲の土を凍らせて地下水を遮る工事の研究開発支援として今年度予算の予備費から国費を投じる方針にとどまる。「東電救済」と受け止められることへの慎重論が政府内にもあるためで、「国が前面に立つ」としつつも、どこまでの支援ならば国民の理解を得られるのか手探りの状態だ。【浜中慎哉、神保圭作】

http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics/20130827k0000m010072000c.html

テレビ報道も一緒。

ル・モンド紙の映像報道に出てくる線量測定の場面は一切出さないで、この様な報道に終わっていて、茂木敏充経済産業相の発言すら聞けない無意味な報道してる・・・っていうか、既に、こんなのが「報道」っとは呼べないものに仕立て上げられてる・・・ま、情報なんて伝える気など初めから持ってないんだな、コイツらは。

TBS 2013年8月26日

翌日の8月27日の福島テレビでは「160ミリシーベルト」の件を、あの同じ映像を使って報道しつつも、その160ミリシーベルトではなく、「毎時16ミリシーベルト」を強調して報道しているという、もう、なんだか分けの分からない報道で・・・めちゃくちゃやなコレ。(-_-;

福島テレビ 2013年8月27日

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: