国民70% 政治家11% ? 政治家も「国民」なのにね!

昨日あほみたいに爆音で、アンナ音やコンナ音を聴きながら、手ぶらでアスファルトまみれの道をガンガン歩いて、たどり着いた場所に新聞あったから見たら、日本の原発の話題が掲載されとったのを見た。

新聞は、昨日付け2012年12月13日のもので、フランスのカトリック系のラ・クロワ紙っていうやつ。

記事タイトル = 「日本人達が不安がっているのは原発だけではない」

La Croix – 13/12/2012

IMG_7858

記事には

● 第46回衆議院議員総選挙が行われ、投票日は今度の日曜日。

● 福島第一原発爆発事故後、国民の大概の人が反原発。

● それでも、右派原発推進が優勢傾向に・・・っというのも、国民が不安がってるのは原発問題だけではないから。

など書かれてあり

IMG_7859

以下、赤で囲んだ部分には

IMG_7864 bis

● NHKの調査によると、原発事故から21ヶ月後、多くの日本人(70%)が脱原発を願っているにも拘らず、現実は逆説状態で、選挙で原発問題に焦点をあてている候補者は11%に過ぎず、経済、保険、老後問題が大幅に扱われ原発問題は後回しになっている。

● 福島第一原発の事故により、現在も福島県内で200万人の人々が生活を続けており、その内の16万人においては震災後、事故後の放射能の影響で移住を強いられた状況にあるが、その他の日本人達は既に新しいページをめくっている。

っと書かれてて、記事の一番最後の方には、一時期、日本国内の全原発が停止したけど、その後2基が再稼動され現在も稼動中で、最近では敦賀原発には活断層が見つかり、原発再稼動の不可能性が出ているという話題で締めくくられてる。

こういう記事を読むフランスの人々、フランス語圏の人々など、何を思うんだろうか?

「え?70%もの人々が脱原発っつってんのに、まだ2基再稼動で、選挙の候補者の大半が原発問題無視しとるんか?オイオイwww で、活断層、そりゃぁ地震大国だからさ、あっても不思議じゃなかろうが~」・・・とか?

「ん?70%もの人々が脱原発っつってっけど、日本政府は原発止める気サラサラ無いみたいやし、あの日本人が止めないんだし、原発ってやっぱ大丈夫なんじゃね?」・・・とか?

「あれ?なんて名前だっけ?日本の総理大臣・・・ま、いいや、なんかズット前に原発事故収束宣言ってしてたよね。ほんで、その後2基再稼動させたんでしょ?自爆的な国だなオイ・・・」・・・とか?

「・・・勝手にやってろ!で、これじゃぁフランスの脱原発なんて幻想だって感じになるわな。」・・・とか?

掲載されとる写真は、今年7月に行われた反原発デモにて撮影されたものだということで、あたしは写真の奥の方に見えた、このウチワに注目したよ===☆

IMG_7865

おまけ

原発推進派の選挙カーを徹底追尾 in 衆院選2012

〝反原発右派〟を標榜しているファシズム革命家・外山恒一が、2012年12月の衆院選に際し、拠点としている九州エリアで、原発推進派の候補者たちの選挙カーを自作街宣­車で一日中徹底追尾。ショパンの「葬送行進曲」をかけながら(笑)。のみならず道行く人々に「前を走っているアノ人は原発推進派です!」とアナウンスして回る!? 公職選挙法ギリギリ、逮捕覚悟の怒りのパフォーマンス。

フレデリック・ショパン 「葬送行進曲」 

Frédéric Chopin “Marche Funèbre – Funeral March”

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: