ニコチン+セシウム入りのタバコ?!

そこの素敵な貴方はタバコ吸う人?

セシウム入りのタバコとか・・・(以下省略)。

日本経済新聞 2012年10月9日付

上の日本経済新聞が「福島県の一部の地域」っと書いているのは何処なの?

100ベクレルを超えたって、具体的には何ベクレルだったのか?

答えは、以下の記事内にあり。

SankeiBiz 2012年10月9日付

JT、福島の葉タバコで自主基準上回る放射性物質

日本たばこ産業(JT)は9日、葉タバコの購入前の放射性物質検査で、福島県白河市の旧小野田村地域で生産された葉タバコから、自社基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を上回る110・7ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。

JTは、基準値を上回った地域の葉タバコは、農家から買い取らないとしている。

検査は昨年から自主的に実施しており、過去の検査で放射性物質が検出された地域を対象に、農家から購入する前や製造段階など計4回調べている。今年4月には基準値を1キログラム当たり500ベクレルから100ベクレルに引き下げていた。

今回検査したのは「バーレー種」と「在来種」の2品種で、岩手、宮城、山形、茨城、栃木の5県に加え、昨年は耕作を休止していた福島県が新たに対象となった。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/121009/mca1210091813019-n1.htm

以下は、同じ話題について伝える時事通信社の記事を掲載しているウォール・ストリート・ジャーナル日本版の記事。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 2012年10月9日

日本たばこ産業(JT)は9日、2012年産の乾燥葉タバコに対する放射性物質検査を実施し、福島県産の一部で放射性セシウムが同社基準の1キロ当たり100ベクレルを上回ったと発表した。JTは検出された約4.5トン(850万円相当)の購入を取りやめる。福島県では昨年、葉タバコの栽培を見合わせていた。

福島県白河市の旧小野田村の農家3戸で栽培された「バーレー種」の葉タバコに対する検査の結果、110.7ベクレルの放射性セシウムが検出された。福島県のそれ以外の地域は、いずれも100ベクレルを下回った。自主検査で基準値を超えたのは初めて。

[時事通信社]

http://jp.wsj.com/Japan/Economy/node_526401

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: