フランス産業再生大臣 「原子力産業には未来がある」

今晩こんな記事を見かけた。

http://www.liberation.fr/terre/2012/08/26/montebourg-le-nucleaire-est-une-filiere-d-avenir_841940

記事 = リベラシオン紙に掲載のAFP通信記事、2012年8月26日付

記事タイトル = モンブール氏 「原子力産業には未来がある」

この記事は、こんな文章から始まる。

● 産業再生大臣は、「我々には安いエネルギーが必要だ」っと述べた。アルノー・モンブール産業再生大臣は、今日日曜日、BFM TVの取材にて、「原子力産業には未来があり」同産業の「バランスの取り直し」の必要性を認識していると述べた。

以下、この記事から更にメモったこと。

● アルノー・モンブール産業再生大臣の発言

「家庭、企業での電量消費の上昇続行、そして現存する原発の維持においても、原子力産業に投資を続けるべきで、私の意見としては、原子力産業には未来がある。」

「原子力を諦めるのではなく、バランスの取り直しが必要だ。」

● フランソワ・オーロンド大統領が、フランス最古の原発フェッセンナイム原発を閉鎖すると公約にしていることについて尋ねられての、アルノー・モンブール産業再生大臣の回答

「原子力削減は2つの方式から成り立つ=我々が1年間に消費する原子力電力の消費上昇と、その供給。」

「我々にはエネルギーが必要であり、その値段は安いものであるべき。」

「フランスは、その手に(原発を持ち)ビジネス資産を掴んでいるのです、そして、その原発が産業を支えてきたのです。」

フランスは、原子力のおかげで「不況を乗り越え、オイルショックの危機も乗り越えましたし・・・原子力は手頃なエネルギーなのです。」

「安価なエネルギー、手頃な価格とソノ量を持つという私たちの選択は、戦略的なのです。」

「イギリスでも、政治の右、左に関係なく原子力を再び推進し始めている。」

「(我々は今後も原子力産業の)入札に参加していく。」

● 環境とエネルギー大臣・デルフィン・バソ氏の見解

「脱原発をするとも原子力を手放すとも言っていない。」

● 2012年7月25日の国会でのデルフィン・バソ氏の発言

「原子力産業の従業員の首切りは無い。」

「(原発解体については)その専門事業を開発する必要性がある。」

● 復習 = フランスワ・オーロンド大統領の公約

「2025年を目掛けて、原子力依存度を75%から50%にする。」

大統領選挙以前・以降も変わらず、「廃炉するのは、フェッセンナイム原発・Fessenheim (Haut-Rhin)のみ。」というのが、オーロンド大統領の公約であり、第3ジェネレーション・欧州加圧水型炉EPRのフラモンヴィル原発については、建設を続行させ、2016年の稼動の予定。

● フランスは、この年度始め(9月)に、原子力依存減少をめぐる「エネルギー転換」問題をめぐって大議論をする必要がある。

っと、こういう記事だったわけで、このAFP通信記事は、フランスの各紙・誌でバンバンと同じ記事が掲載されて伝えられている。

とにかく、サルコジ政権からオーロンド政権に変わっても、フランスの原子力産業の力は衰えを見せないぞってなことの象徴的発言 = モンブール氏 「原子力産業には未来がある」だったという分けだ。

今回の記事には、その話題は出てきてないんだけど、これも話題的には大きな関係があると思われるのは、このアルノー・モンブール産業再生大臣の車産業界の見解。

とにかく、アルノー・モンブール産業再生大臣は、フランス人に、どんどん車を買え、買い換えろってことで色々と四苦八苦しとるらしいんだわ。

で、このアルノー・モンブール産業再生大臣が出してる案というのが・・・「電気自動車を持っている人には駐車料金をタダにする。」っというヤツなんだよね。

つまり、フランス国民に自動車の買い替えを促進し、初めて車を買う人には、「あら、だったら高額でも電気自動車を購入するわ。」って思わせる方向に持って行こうとしてんだよ。

で、それは、即座に自動車製造産業に直接関わり、影響の出る話で、はい、フランス人どんどん車買う、買い換える → 車必要いっぱい必要 → 車産業大忙し → 車産業の雇用増える → フランスの失業者減少にも繋がる → わっしょいわっしょい → 電気自動車ってことは電気で動く、電気といえば原子力産業 → 電気自動車がバンバンと流行れば、どんどんと売れれば、それにしたがって電気自動車用のスタンドも必要になる → はい、大忙し → はい原子力産業とも又、無事に繋がりました・・・って、ホラね、回りまわって、シ~ッカリ原子力・原発と繋がってるんだよね。

で、その横では、「CO2を出さない車、エコエコエコ~、自然に優しい・・・(云々)」っと刷り込みも着実に行うわけよ、並行的にね。

そんな「戦略」は、くっそバレバレだっつううううのッ!!!

以下あたしの読んだ記事まんま。

Libération – 26/08/2012

Montebourg : «Le nucléaire est une filière d’avenir»

«Nous avons besoin d’énergie et pas trop chère», déclare le ministre du Redressement productif.

Arnaud Montebourg, ministre du Redressement productif, a dit dimanche sur BFM TV que «le nucléaire est une filière d’avenir» tout en reconnaissant qu’il fallait qu’il soit «rééquilibré».

«Avec une augmentation continue de la consommation des ménages et industrielle, même en maintenant notre parc de centrales actuel», la question est de savoir «si nous allons continuer à investir», a-t-il affirmé. «Pour ma part, je considère que le nucléaire est une filière d’avenir».

Le ministre a reconnu que s’«il ne s’agit pas d’abandonner le nucléaire», il faut le «rééquilibrer».

Interrogé sur les promesses du candidat François Hollande de réduire le nucléaire en France, Arnaud Montebourg a répondu que «la réduction (du nucléaire) se conjugue dans une équation à deux chiffres: la quantité de ce que l’on consomme chaque année, qui augmente, et l’offre».

«Nous avons besoin d’énergie et pas trop chère», a-t-il dit, et «la France a un atout extraordinaire entre ses mains (avec ses centrales nucléaires, ndlr) qui lui a permis de bâtir son industrie».

Grâce au nucléaire, l’industrie française a pu «passer les épreuves, y compris les chocs pétroliers, la crise…», a-t-il ajouté, «c’est une énergie abordable».

«Notre choix d’avoir une énergie pas chère, abordable et en quantité est stratégique», a-t-il insisté rappelant que plusieurs pays européens revenaient au nucléaire, «même le Royaume uni, droite, gauche confondues».

«Nous participerons aux appels d’offres», a-t-il assuré.

Pour sa part, la ministre de l’Ecologie et de l’Energie, Delphine Batho, avait également dit qu’il n’avait «jamais été question ni de sortir ni d’abandonner le nucléaire».

S’exprimant à l’Assemblée nationale le 25 juillet, Mme Batho avait affirmé que «tous les emplois de la filière seraient maintenus», tout en précisant qu’en matière de démantèlement des installations nucléaires, il y avait «une filière industrielle que nous devons développer».

Durant la campagne présidentielle, François Hollande avait promis d’engager «la réduction de la part du nucléaire dans la production d’électricité de 75% à 50% à l’horizon 2025», conformément à l’accord électoral qui avait été négocié dans la douleur entre le PS et les écologistes d’EELV. Ces derniers défendaient une sortie du nucléaire.

Mais le président a déclaré, avant et après son élection, qu’il fermerait durant son quinquennat une seule centrale, celle de Fessenheim (Haut-Rhin), doyenne du parc nucléaire hexagonal, et qu’il achèverait la construction de l’EPR (réacteur de 3e génération) de Flamanville (Manche). Ce nouveau réacteur est censé entrer en service en 2016.

Le gouvernement devrait lancer à la rentrée un grand débat sur la «transition énergétique», dans laquelle pourrait s’inscrire la réduction de la part du nucléaire dans le système électrique.

(AFP)

http://www.liberation.fr/terre/2012/08/26/montebourg-le-nucleaire-est-une-filiere-d-avenir_841940

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: