ラジオ・プラハ 「浪江町=日本政府の不始末の末に象徴的な町となった」

今日こんな記事を読んだよ。

記事 = ラジオ・プラハのHP記事、2012年8月3日付

記事タイトル = 「福島県の子供達が、チェコ共和国にて療養滞在」

チェコ語ではなく、フランス語で書かれた記事だった。

以下、訳してみたから興味あれば読んでや。

ラジオ・プラハ 2012年8月3日

「福島県の子供達が、チェコ共和国にて療養滞在」

記者 = Ariane Batou-To Van

チェコ共和国・外務大臣のカレル・シュヴァルツェンベルクは、2011年10月に日本を訪れた際に約束をした。

被災地の浪江出身の子供達は、この8月上旬にプラハ周辺に2週間の療養に招かれる。

Photo : CTK

チェコ共和国に、記憶に新しいアノ大惨事に見舞われた子供達は笑顔で到着し、旅行を楽しんでいる様子。彼らは外務大臣によって迎え入れられた。

そして、子供達も到着準備をしていた。アミさんは、チェコ共和国に行くことになったと知った後に、チェコ共和国の国家を覚えた。

2011年3月に福島県で事故が起きた際、爆発を起こした原発から8キロに位置する浪江町の2万人の住民達は、故郷に戻る希望も無いまま避難した。

福島原発の回り、広い範囲において環境全体を汚染した放射能は低下していない。

今回の環境的大惨事は、同時に人道的大惨事でもあるのです。

浪江町

原発が爆発し、浪江町は後に被害も大きく受けた地域の一ヶ所で、住民達は被爆をし、住まいも奪われた。

日本政府は、放射能雲から住民達を逃がすのための避難用バスを手配せず、道々は渋滞で塞がれた。その為、大勢の人々は、その他の町へと避難をしたが、正にソコを放射能雲が通過したのだ。

浪江町は、こうした日本政府の不始末の末に(今回の大惨事の)象徴的な町となった。

日本訪問するカレル・シュヴァルツェンベルク Photo : Vít Kolíř, MZV

昨年、カレル・シュヴァルツェンベルク氏が被災地の人々への連帯感と共に決定した通り、浪江町の子供達約30人を招待し、いよいよ、この8月上旬2週間に実行される事となった。

子供の療養滞在は、内務省によって国際協力に特化した資金で運営される。

ジーチャニ(Říčany)のサナトリウム・オリヴィア(Olivia)

プラハの外れに位置するジーチャニのサナトリウム・オリヴィアは、12~14歳の子供達を受け入れている。ここは1896年に開院され、呼吸困難症状、アレルギーや慢性皮膚病を患う子供達の治療の専門です。

今回の日本からの滞在者達には、乗馬やサイクリングなどの活動プログラムが組まれている。

またプラハや、プラハ周辺からの訪問者もある予定。

チェコ共和国に到着して以来、子供達は興味を持って発見をしている。

チェコ共和国について何も知らなかったナオコさんは、この国の美しさに驚いているという。

8月12日、日本に帰国するまで、彼女も彼女の友達も、まだまだ発見することがあるだろう。

——————————-

以下、毎日新聞、産経ニュースでも同じ話題についての記事があった。

毎日新聞 2012年8月2日

東日本大震災:福島第1原発事故 浪江の中学生、チェコへ 心身保養、12日まで 暮らし視察や交流 /福島

浪江町出身の中学生がチェコを訪れることになり、東京都内のチェコ大使館で31日、歓迎・壮行会が開かれた。招待旅行はチェコ政府による震災支援の一環で、福島第1原発事故で故郷を離れ、避難生活を送る子どもたちの心身の保養が目的。

参加したのは、浪江町の仮役場が置かれている二本松市など避難先の中学校に通う1、2年生計34人、引率教諭4人、大使館スタッフ1人の総勢39人。12日までプラハなどに滞在する予定で、現地の暮らしを視察、チェコの学生らと交流する。

福島市に避難している中学1年の戸浪拓哉さん(13)は「別の場所に避難している小学校時代の同級生や先輩に会えると思って参加した。自分たちの体験を話し、学んだことを伝えたい」と語った。

一行は大使館での歓迎・壮行会の後、チェコのフィアルコヴァー駐日大使、浜田和幸外務政務官らに見送られて空港に向かうバスに乗り込んだ。

招待旅行は昨年10月に東京で開かれた日本とチェコの外相会談で、シュワルツェンベルグ・チェコ第1副首相兼外相が提案した。【福島良典】

http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20120802ddlk07040188000c.html

産経ニュース 2012年8月2日

福島の中学生34人を招待 チェコ、現地で交流

東京電力福島第1原発事故で全町避難を余儀なくされている福島県浪江町の中学生34人が1日、チェコ政府の招待で首都プラハに到着した。12日まで、地元の子供たちと交流したり名所を訪れたりして過ごす。

チェコのシュワルツェンベルグ外相が昨年10月に訪日した際、被災地の少年少女の招待を申し出た。中学生らはプラハ近郊の保養施設に宿泊しながら、チェコの子供たちと一緒にスポーツをしたり、日本とチェコの料理を教え合ったりする。プラハ市内の観光や博物館見学なども予定されている。

一行は1日、保養施設で行われたチェコ政府主催の歓迎式に参加し、拍手で迎えられた。福島県二本松市で避難生活を送る中学2年の勝山颯斗君(13)は「浪江町の友達は今、別々に暮らしている。今回、チェコでみんなと一緒に過ごせて本当にうれしい」と話した。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120802/edc12080208410003-n1.htm

以下、記事まんま。

Radio Praha – 03/08/2012

Des enfants de Fukushima en séjour de soins en République tchèque

Ariane Batou-To Van

Le ministre des Affaires étrangères, Karel Schwarzenberg, l’avait promis lors de sa visite au Japon en octobre 2011. Des enfants originaires de la zone sinistrée de Namie, en bordure de Fukushima, sont accueillis dans les environs de Prague en ce début du mois d’août pour un séjour de soins de deux semaines.

Photo : CTK

Les enfants sont arrivés en République tchèque avec le sourire, heureux de voyager malgré le souvenir récent de la catastrophe. Ils ont été accueillis à leur arrivée par le ministre des Affaires étrangères. Et eux aussi ont préparé leur venue.

Ami explique ainsi avoir appris l’hymne national tchèque lorsqu’elle a su qu’elle allait venir en République tchèque.

Suite à l’accident survenu à Fukushima en mars 2011, 20 000 habitants de la ville de Namie, située à huit kilomètres du cœur de l’explosion, ont été évacués sans espoir de retour. La radioactivité qui contamine l’ensemble de l’environnement sur une large zone autour de la centrale de Fukushima n’est pas prête de décroître. Cette catastrophe écologique est aussi une catastrophe humanitaire.

Namie

Et à Namie, les habitants, irradiés et arrachés à leurs foyers, ont été parmi les plus touchés par l’explosion et ses conséquences. Le gouvernement n’ayant pas mis de bus à disposition de la ville pour permettre à la population de fuir le nuage radioactif, les embouteillages ont bloqué les routes. Nombre de personnes se sont alors réfugiées dans d’autres villes où le nuage est passé. Namie est l’un des tristes symboles de la mauvaise gestion de cette affaire par le gouvernement japonais.

Karel Schwarzenberg au Japon, Photo : Vít Kolíř, MZV

La décision qu’avait prise Karel Schwarzenberg l’an dernier d’inviter une trentaine d’enfants de Namie à Prague, par solidarité avec les sinistrés, se concrétise pendant ces deux premières semaines d’août. Le séjour curatif des enfants est financé par le ministère de l’Intérieur grâce aux fonds dédiés à la coopération internationale.

Le sanatorium Oliva à Říčany

C’est le sanatorium Oliva, situé à Říčany, en bordure de Prague, qui accueille ces enfants âgés de 12 à 14 ans. Le centre, créé en 1896, est spécialisé dans les cures pour enfants atteints de difficultés respiratoires, d’allergies et de maladies de la peau chroniques. Au programme de ces hôtes japonais des bains et des activités de loisirs telles que l’équitation et le cyclisme. Des visites de Prague et de ses environs sont également prévues. Et depuis leur arrivée en République tchèque, les enfants s’intéressent à ce qu’ils découvrent.

Nanako, elle, se dit surprise de la beauté d’un pays dont elle ne connaissait rien. D’ici au 12 août, date de leur retour au Japon, nul doute qu’elle et ses petits compagnons en auront découvert plus encore.

http://www.radio.cz/fr/rubrique/faits/des-enfants-de-fukushima-en-sejour-de-soins-en-republique-tcheque

——————————-

チェコのプラハと言えば・・・ヤン・シュヴァンクマイエル(Jan Švankmajer)の生まれ故郷だね☆

映画 「サヴァイヴィング ライフ」 (2010年) ヤン・シュヴァンクマイエル監督

Film : “Survivre à sa vie (théorie et pratique)”  (2010) de Jan Švankmajer

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: