「不安の元に行われた原発再稼働」

今日見かけた記事だよ。

こういったフランスの街中で配布されたりするような無料新聞で、日本の話題を大きく扱っているのを見かけるのは久しぶりだったわ。(毎日チェックしているわけじゃないよッ!)

記事 = 20minutes紙、2012年7月13日付

記事タイトル = 「隙間風を求めて」 (La recherche du courant d’air perdu)

この記事タイトルみて、マルセル・プルーストの小説「失われた時を求めて」 (À la recherche du temps perdu)を想い出した。

どんな記事なのか?何ゆって書いてあるんか?

以下、興味あれば見てや。

● 東京の南部に会社を構える楽天(社員7600人)では、節電対策として「スーパークールビズ」を取り入れ実行しており、短袖の服もOK、更には、じんべい・浴衣もOKして、会社の冷房は、日本政府が提示した通りの28度に設定している。

● その他の会社でも、政府が推奨する「スーパークールビズ」を取り入れている。

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15269

● 朝の混雑が見られる地下鉄では、半そで姿も多く、地下鉄の冷房の節約に繋がっているということ。

● 不安の元に行われた原発再稼働。

● 日本政府は夏が終るまでは、そして、関西電力が主に、企業や一般家庭に、5~15%の電力節電をっと呼びかけている、関西電力・大飯原発3号機が先週とうとう再稼動されたにもかかわらずだ。

● 昨年3月11日以前、この国では30%の電力を原発で賄っていたが、ここ2ヶ月が全ての原子炉が停止されていたのだ。

● 7月18日には、2基目の大飯原発の原子炉が再稼動される予定で、コレに反対する人々が何千人としており。官邸前でも先週金曜日に抗議デモが行われた、その前日には、福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)が野田首相に、災害対策と惨事管理に対しての新しい脆弱性の光を当てた。

じゃああああああああねっ☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: