アレヴァ社ウラン鉱山問題の裁判結果

さっき知り合いに教えてもろて記事読んだ。

記事 = フィガロ紙掲載のAFP通信記事、2012年5月11日付

以下、メモったこと。

● フランス原発産業会社・アレヴァ社の従業員死亡の件、裁判所はアレヴァ社に判決を下した。

● ムラン(Melun)社会保障裁判所は今日、ニジェール共和国でフランス企業アレヴァの元、ウラン鉱山で働いていた元従業員が肺癌で亡くなった原因は、アレヴァ社にあるとの判決を下したっと、亡くなった男性の家族が発表した。

● 裁判では、アレヴァ社が「許されない過ち」を犯したとの判決を下し、被害者の家族に補償金として200.000 euros(以上)の支払いを命じた。

メモ = グーグルにブチ込むと、200 000 euros = 2 069.54992 万円っと出てきたよ・・・約2070万円って事だね。

● 元アレヴァ者の従業員 = セルジュ・ヴネル(Serge Venel)さん(59歳)は、肺癌で2009年7月に亡くなった。セルジュ・ヴネル(Serge Venel)さんは、1978年から1985年までアレヴァ社の子会社(ラ・コミナック=la Cominak)に勤務し、ニジェール共和国北西部のウラン鉱山アコカン(Akokan)にて働いていた。

● セルジュ・ヴネル(Serge Venel)さんの娘、ペギー・ヴネル(Peggy Venel)さんは、AFP通信社に喜びを語ったが、これでアレヴァ社と決着がついた分けではない。他にも、最低でも2件の同類の例があり進行中。「多くの人はアレヴァ社を相手に訴えを起こすのに不安を覚えている」という。

● 弁護士のテゾニエー(Teissonnière)さんは、裁判で勝利に持ち込むのに「困難」だったっとAFP通信社に話した。

● セルジュ・ヴネル(Serge Venel)さんは、合法的にはアレヴァ社の直結の従業員ではなかった、それでも、アレヴァ社の基準でのウラン鉱山労働の安全と労働環境問題が鍵となった。

● 弁護士によると、「裁判所は、企業の社会的関係の実態を認識するため、従来の殻を打ち破った。」という結果になった。

っと、こういう話題だったよ。

同話題については、さっき聞いてたラジオでも今日のニュースの1つとして伝えられとった。

ところでさ、補償金として200.000 euros(以上)の支払いを命じられたアレヴァ社な分けだけど、コレも、この企業にとっては痛くも痒くもない額なんだろうかね?どうなんだ?

以下、記事まんま。

Le Figaro (avec AFP) – 11/05/2012

Areva condamné après la mort d’un ex-salarié

Le tribunal des affaires de Sécurité sociale (TASS) de Melun a condamné Areva aujourd’hui pour la mort par cancer du poumon d’un ex-salarié d’une mine d’uranium du groupe français au Niger, a annoncé l’avocat de la famille de la victime.

Le tribunal a jugé qu’Areva avait commis “une faute inexcusable” et a condamné l’entreprise à verser des dommages et intérêts d’un montant dépassant les 200.000 euros et le doublement de la rente de la veuve de l’ex-salarié, Serge Venel, a précisé l’avocat Jean-Paul Teisonnière.

Serge Venel, mort à l’âge de 59 ans d’un cancer du poumon en juillet 2009, a travaillé de 1978 à 1985 pour une filiale d’Areva, la Cominak, société de droit nigérien qui exploite des mines d’uranium du groupe à Akokan, au nord-ouest du Niger.

Deux autres cas pourraient aller en justice

Peggy Venel, fille de la victime a fait part à l’AFP son “immense joie”, tout en estimant que “ce n’est pas fini, car Areva va certainement faire appel”. “Une brèche s’ouvre pour les autres, qui étaient en attente (de ce jugement, ndlr)”, a-t-elle dit, précisant que “beaucoup avaient peur d’attaquer Areva”. Et de citer “au moins deux” cas.

“C’était un dossier difficile”, a déclaré à l’AFP l’avocat de la famille de la victime, Me Teissonnière. “Juridiquement, Areva n’était pas l’employeur direct (…) mais les questions de sécurité et les conditions d’exploitation de la mine sont définies par Areva”, a mis en avant l’avocat. “Le tribunal a dépassé l’apparence pour reconnaître la réalité des relations sociales de l’entreprise”, a-t-il estimé.

http://www.lefigaro.fr/flash-eco/2012/05/11/97002-20120511FILWWW00405-areva-condamne-apres-la-mort-d-un-ex-salarie.php

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: