フランス大統領選挙、沸騰状態

今日のフランスの新聞の表紙は、こんな風。

いよいよ大統領選挙・決選投票日=今週日曜日5月6日が迫りに迫っており、今晩は2人のスピーチ+対談討論が行われるという、まぁ、とんでもねぇ盛り上がりぶりで、どこもかしこも、大統領選挙の話で一杯一杯。

うんわっ分かりやすい右派新聞ル・フィガロ紙の表紙wwwサルコジ一色wwww!!

↓     ↓     ↓

こんな風にテレビ番組欄にもあるように、今晩、TF1局、フランス2局で、大統領選挙・決選投票で対決するニコラ・サルコジと、フランソワ・オーロンドのスピーチ番組が生放送される。

取りあえず、いま(現在20時51分)のところ分かったことは、こんな感じで進められるらしい。

① フランソワ・オーロンドのスピーチ

② ニコラ・サルコジのスピーチ

③ 司会者の2人が各テーマを投げかけ、仕切りながらのサルコジ・オーロンド討論スタート ← 「公平に・・・」って事で、2人の発言時間は、こと細かく計られるんだけど、相手が話しているのに割り込んで話すことはOKされているんだって。

カメラの位置、カメラの写す角度などなど、細かく決められているんだって。

「細かく決められている」 = 各候補者が意向、希望、支持を出すことが出来る。

で、例えば、さっき見てたBFMTVの情報では、フランソワ・オーロンドの意向の1つに、オーロンド氏の頭の天辺からカメラで写さないことってことだってよ。

あたしは、個人的に上から目線カメラで、フランソワ・オーロンドの頭を見たことないけどさ、髪の毛薄いんだってねオーロンド氏。

ま、そういう細かいことまで支持を出せるという「決まり」になってんだけど、まぁ、髪の毛の量とか、マジどうでもええわwwww。

うんぎゃああああああ、始まる始まる!!

↑     ↑     ↑

こんな風に、各候補者の話した、使った時間が表示されるのは、候補者が平等に時間を使って発言を出来るようにという「決まり」。

————————————–

追記 2012年5月2日

2人の討論が始まり、オーロンド氏の第一声目は、冷静だけど、サルコジ政権に対する冷ややかな批判だった。

オーロンド 「サルコジさん、あなたは、この10年間、一体何を(この国のために)なされてきたんでしょうか?」

サルコジ 「あなたの、そのような批判は平凡すぎる。」 ← こんな批判程度ならワザワザ大統領選に立候補してなくとも誰でも出来るようなレベルにしか過ぎないっとでも言わんばかりのドヤ顔だった。

っと、こんな風に開幕し、昨晩は結局最初から最後まで見たわ。

ほんで見ながら、聞きながら汚ったねえええええ字でメモったこと、ココに置いておこうっと。

(注) メモは途中から一部をメモったもの。

石油について

サルコジ 「石油の値上がりがあり、例えば車で仕事行っていた人なんかが、新しい車に買い換えることも出来なくっと、そうなると、いま使っている車のガソリン代を節約し・・・遠出も避けるようになりと・・・という風になると。こうなってくる場合、一体全体誰がどうやって国庫に金(税金)を入れるというんですか?」

オーロンド 「ガス代は以前に比べると60%値上がりし、電気だって40%値上がりし、サルコジ氏あなたは更に電気代を値上がりさせるんだと可決されたんですよね。」

サルコジ 「・・・いやいや、だからと言って、原発を50%にするんですって?え?そんな・・・(云々)」 ← 最後はキレ気味で・・・

司会者男性 「いや、今は原発の話しではないですね。元の話題に戻ってください。」

サルコジ (司会者の言葉無視で) 「(ギャーギャー)原発・・・(云々)」

オーロンド 「いや、いいじゃないですか、原発の話をしたいのでしたら、さぁどうぞ、なさって下さい。」

司会者男性 「はいはい、元の話題に、どうぞお戻りください、そして続けてください。」

オーロンド氏の「私はリッチな人々が嫌いだ」との発言に関して

サルコジ 「なんですって?オーロンドさん、あなたはリッチなヤツラが嫌いだとおっしゃって、そんなリッチなヤツラを減らしたいとかおっしゃってるんだってね。私ですか?私は、私が減少させたいと真に思っているのは、貧困層の人々ですよ。お分かりですか?」 ← また、してやったりドヤ顔で、どうだ、俺は「貧困層」の話をしてるんだ、リッチの人々がどうのと話し出すオマエとは、分けが違うとでも言いたげなドヤ顔だった。

オーロンド 「私が守りたいと思うのは、子供たちです。しかし、あなたが保護しようとなさっているのは、特権者の方々ですよね。」

教育、子供

サルコジ = サルコジ政権になってから、教育関係は大きく変動し、バッサバッサと教員達の首は切られた。

オーロンド 「以前、3歳以下の子供たちの内の36%は、保育園・幼稚園にて教育を受けることが出来ていた状況です。所がどうですか、サルコジさん、貴方の政権になってからは、それが、たったの10%という事態になっているんですよ。」

移民

オーロンド 「サルコジさん、あなたが大統領であった10年の間に、20万人という移民を正規的にフランスに受け入れましたね。そして、その後どうです、あなたは、その数を半分の10万人にすると言い出した。また外国人、留学生外国人に対しての政策においても、ゲオン内相通達により、外国人学生の排除政策を行っている。また、亡命希望者が出す申請書類への返事を受け取るまでに、1年半も彼らを待たせるという事をなさってる! わたしは、私が大統領になった際には、返事は6ヶ月以内には出しますよ。」

サルコジ 「あなたの出してきた数値に間違いがある。あなたは20万人というが、正確には18万人だ。わたしは移民が嫌いなのではない、そこは勘違いなされるな。学校も足りないし、住居だって足りない、だから・・・(云々)」

サルコジ 「16歳以上の外国人に対しては、フランス語のテストを受けてもらう。彼らの十分なフランス語習得が必要だ。また、フランスの文化・習慣テストも受けてもらう。」 = フランス語が全く分からないような外国人は受け入れを認めない。

時刻は22時54分 

司会者男性 「では、この議論はここまでにして、次は原発の話題に移りましょう。」

しかし、司会者の声など聞こえてて聞こえないという感じで、移民問題について話し続ける2人・・・。

時刻は既に23時02分

司会者女性 「では、いよいよ原発問題に移っていただきます。原発の産業問題、また、その解決問題について、どうぞ。」

原発問題

サルコジ 「わが国の電気は、ドイツのソレに比べると30%安いのです。オーロンドさん、あなたね・・・24の原発(正しくは24基の原子炉)を閉鎖するというんですって?だって、75%の原発依存を半分の50%にすると、そうおっしゃってるんですからね。どんだけ狂ってるんですか! フランスの原発?いやいや、フランスの原発を閉鎖しなければならないなどという理由なんぞ、1つもありませんよ! フランスが原発と生きてきてから、今まで、一度たりとも重大な事故は起きてないんですよ! あの福島の事故がありましたね、その後、我々は、全ての原発に置いての安全管理調査をしました、フクシマを踏まえて、どんな結論を出し、どんな教訓を得られるのかと見たわけです。なんですって?原発を廃止する?ええ、あの緑の党のジョリー氏は第一投票日の結果、2.30%の投票率を獲得されたんでしたね、ええ確かに選択は自由ですよ、しかし、こういった事に賛同するというのは大変トンデモない事ですよ。石油も足りないし、ガスも足りない、しかし、私達には原発があるんだと。原発があるからといって、持続可能エネルギーの発展のジャマになることなど無いでしょ?私が大統領に着任してから、持続可能エネルギーは10.5%から13%へと上昇しましたし、風力発電に置いては4倍になったんですよ。そして、ここシッカリ聞いてくださいよ、太陽光パネルは100倍ですよ、100倍の発電をするようになったんですよ。ですから、だからこそ、原発と、更には持続可能なエネルギーの、この両立、両方が一緒になってエネルギーを作っていくという事が必要なんですよ。私達にはエネルギーが必要、エネルギー不足なんですから。」  ← 正に、なにをホザいとるんじゃボケっという勢いでオーロンドを睨みつける目で言っとったよ。

オーロンド 「いや、原発はですね、エネルギーの中心的な存在として続けては行きますが、基本的には持続可能エネルギーを推進して行きますよ。ご存知ですか?ドイツは、あそこでは持続可能エネルギー産業で、20万人の人々が働いているというのに、フランスはどうです?たったの5万人ですよ、5万人! それから、フランスのフェッセンナイム原発は閉鎖します。これは、(あなたのお仲間)ナタリー・コススコ・モリゼ氏も、フェッセンナイム原発を閉鎖するのは可能であるとおっしゃられてるんですが、彼女によると、そう(環境大臣の彼女)が言っても、政府がGOサインを出さないんだという話じゃないですか・・・。私が言ってるのは、原発は閉鎖する、ただし1基だけ閉鎖すると、こう言っているんです。」

サルコジ 「(おいおいおい待てや)え?原発・・・危険なんですか?危険じゃないの?そんなに原発が危険だというなら、全部閉鎖したらいいじゃないですか?なぜにフェッセンナイム原発だけなんですか?なぜに1基だけって言うんです?ソレって結局は、緑の党のエヴァ・ジョリー氏を喜ばせようとしてるだけなんじゃないんですか?!」 ← ドえらい目で言っておったよ。まるで、「オマエ中途半端なんだよ、オレはハッキリしてるブレない人間だからな、ほら、ガンガン推進するんだぜ。ソコ、はっきりしてんだよな、分かる?その辺?もう一度言う、俺は中途半端なことはしない、ガンガン原発やるぞ、ほんで国内どころか、海外にもビジネスしかけるんだ、な?コレだけハッキリしてんだぜ、オイっ!!」っとのサルコジの別の声が聞こえてきたわ。

オーロンド 「ご存知だとは思いますが、原発というのは修理が必要なものなんです。ですから、フランスで一番古い原発、つまりフェッセンナイム原発を閉鎖すると言っているんです。」

サルコジ 「いやいや、あなたは分かってない全く。フェッセンナイム原発を閉鎖するって事の重大さ、それは、閉鎖することによって、あそこに8千もの風力発電機が必要になるという事なんですよ、お分かりです?そして、閉鎖することで、あなたは原発労働者を売り払ってる(見捨てている)んですよ! いいですか、フランスの原発は世界一安全な原発なんですよ。福島のアノ事故、アレは津波が原因で起きたんだ。フランスの原発に置いての安全管理問題、全く持って問題などありません。あの30歳のフェッセンナイム原発を閉鎖する出すって?そんな狂った話はない。狂ってますよっ!!」

オーロンド 「違うっ違うっ!! フェッセンナイム原発は40年だ、40歳の原発だ!!」

サルコジ = 一瞬、え?おいら間違ってる?え?いま俺なんちゅった?って顔しながらも、速攻ドヤ顔で、とにかく黙れ黙れ、フランスの原発は超一流だっつってんだろが、このボケ、ハゲッ!! っとなった現大統領、もうじき本当にサヨウナラと言わせてくれ、祝わせてくれの図だったわマジで。

でもさ、ここで、オーロンド氏も気を利かせて・・・

「ちょっと待って、そんなん言うんやったら、いま緑の党のエヴァ・ジョリーかグリーンピースに電話して聞いてみるけど?どうする?なんだったら、フェッセンナイム原発に電話しちゃう?ねぇ?どこに電話する?」っとでも、突っ込みいれて、ケイタイをサラリっとポッケから出したりしたら面白かったのにいいいいいいいいいいいいいいいいって思って、想像してワロて・・・ほんで、この辺で「原発問題」の話も出たことだから・・・あはは、白ワイン開けて飲み出したアタシだ。

ところでフェッセンナイム原発は、何歳なの?確認してみる?

ニコラとフランソワのうち、誰が合ってるのか、誰が間違ってるんか確認する?

以下は、ウィキペディアから拾ってきたもの。

これによると・・・

フェッセンナイム原発1号機

工事開始日 = 1971年9月1日

電力配送開始日 = 1978年1月1日

フェッセンナイム原発2号機

工事開始日 = 1972年2月1日

電力配送開始日 = 1977年10月7日

この、フェッセンナイム原発の年のことで、うんちゃら30年じゃボケっ、いや40歳じゃクソっつってんのさ・・・ま、何を何処からどう計算して年齢を弾き出してるかの問題だとも思うけどね・・・。

ま、いいや、2人とも正解で、ソコだけは揺るがない事実は、このフェッセンナイム原発、フランス最古の原発で、寿命キテるってことよな。

っと、この原発問題の話の後も、いろんな話を討論してて、2人が「まとめ」に入ったのは、もう夜0時近くだった。

オーロンド氏から最終メッセージが始まったのが23時44分。← その間、何度かカメラが全体風景を撮ったんだけど、サルコジは下を向いてと言うか、あれは、自分の原稿=セリフの見直しをしてたの図であって、全く持ってオーロンド氏の目なんかも見てない様子やったし、聞いてるんか?って思ったわ、ま、聞いとらんだろなwww。

討論番組終了時刻は、23時50分でした。

じゃぁあああああああああああねッ☆

——————————————-

以下で、今回の討論が3部に分かれて見れるんだけど、コレってフランス以外の国からでも見れる・・・よね?

フランス語OKな方どおおおおぞ~☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: