ベクレル通り – Rue Becquerel

知り合いが送ってくれた新聞の記事読んだわ。

Ouest-France – 25/04/2012

新聞 = フランスの地方紙・ウエスト・フランス紙 (2012年4月25日付)

話題 = フランス地方のレンヌという街に「ベクレル通り」と名づけられた道があるという話題。で、街の科学館(Espace des sciences)が毎週水曜日に、こうして科学者の名前がついてる場所を尋ねながらガイドしますよっていう話題。

なぜに水曜日なのか?それは、毎週水曜日は、フランスの学校はお休みだから、子供たちの参加を誘ってる・子供と一緒に来てね☆っていう事なんだよね。

あわわわ・・・ベクレルって、はい、最近毎日聞いたり読んだりすることの多い・・・アノ、ベクレルだよ!!

うわわ・・・あんま通りたくない道だったりして?相当ベクレてる道だったりして?あわわわ・・・。

この「ベクレル通り」なんだけど、詳しくは、「アントワーヌ・ベクレル通り」。

アントワーヌ・ベクレルって、あの放射線の発見者、アンリ・ベクレルの爺ちゃんなんだってよ。

アントワーヌ・セザール・ベクレルAntoine César Becquerel、1788年3月7日 – 1878年1月18日) = フランスの科学者。電気化学、発光現象の研究のパイオニアである。アレクサンドル・エドモン・ベクレル( Alexandre-Edmond Becquerel)の父、アンリ・ベクレルAntoine Henri Becquerel) の祖父である。(ウィキペディア)

新聞の写真は白黒だったから、ちょっとネットでGOストリートビュー旅行して見に行ってみたわ、ほんで写真撮ってきた。

あは見てよ・・・誰も歩いとらんよ・・・こりゃ相当・・・(以下省略)。

道の名前が書かれとる看板をズームすると、はい、これ・・・ベクレとるな確かに。

ほんで、番地の番号の数字が大きければ大きいほど・・・(以下省略)。

はい、ありました。

科学館(Espace des sciences)によるガイド、ベクレルファミリー編。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: