「大統領選挙ごっこ」キット分析、原発編

先日からフランス人家庭(選挙権持ってる人全員)に、こういうのが届いてるんよね。

今週の日曜日がフランス大統領選挙の第一投票日なもんで、こうして立候補者の「ぼく・わたしに投票してネ☆」っていうやつな。

ご丁寧にも、小さい白い紙に、立候補者の名前が書かれたものが入ってるんだけど、コレは投票日に持っていかないといけないという義務がある分けでもなく、まぁ、いわゆるサンプル・見本みたいなものなんだよね。

あはは、これで「大統領選挙ごっこ」できるんやな。(笑)

ま、パラパラ~っと全員のを見て、「原発」について触れてる人のを以下ピックアップして置いておくので、興味あれば見てや。

まず、フランソワ・オーロンド氏(社会党)の場合。

はい、開いて、ココ(赤ペンの指してる所)に、ありました。

ズームするよ。

何って書いてあるのか?

答え = 住宅の暖房設備の改善、再生可能エネルギー推進、2025年に向けて原発依存度を75%から50%に引き下げる。

はい次、ジャック・シュミナッド(連帯と進歩)

開くと、ココにシッカリと原発に言及して書かれてある。

何って書かれてあるのか?以下、要約すると・・・。

答え = とにかく原発推進で、平和と世界の共同体のためには、今こそ国際的に協力して、技術開発に努め、メルトダウンも制御できる技術開発が必要である。ソレこそ、積極的な労働雇用に繋がる。原発を止めてしまえば(諦める事は)物理学の後退を認めることになり、ソレは限られた資源の世界に、戦争や世界人口の少子化を招くことに繋がる。

はい、次いくよ。

フィリップ・プトゥ(反資本主義新党)

以下の赤バックに白字 = 「彼らの不況問題は資本主義者たちが払うべきだ!」

その下の白地 = 「彼らの儲けより我々の生活の方が価値あり!」

で、開くと、はい、ありました、赤ペンのところに・・・。

あと左上の写真のところにフィリップ・プトゥの左側に写ってるのは、オリヴィエ・ブザンスノ

ズームするよ。

何って書いてあるのか?

答え = 原発依存から脱することが緊急に必要であり、それはエネルギー問題とシッカリ向き合い、再生可能エネルギーを推進していきながらという環境内で、10年以内に脱原発することが可能。

次は、エヴァ・ジョリー(ヨーロッパ・エコロジー・緑の党)

開くと、はい、ありました、ココ赤ペンのところ、初っ端一番最初の公約に。

ズームするよ。

何って書いてあるのか?

答え = 未来のために地球を守ろう、エネルギーの転換を。20年内に脱原発を。フランスを、再生エネルギー、そしてソノ高い効率化面においてチャンピオン国へ。

って、こんな風だった。

じゃぁぁああああああああああああああああねっ☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: