問題 「サルコジ大統領がフクシマ関連で嘘をつくと、どうなる?」

今日2012年4月10日付のル・パリジャン紙を読んでて吹いた。

フランス大統領選挙の第一投票日まで残すところ12日となった今日なんだけど、ブザンソン(Besançon)市を訪れてミーティングと呼ばれる、いわゆる大統領選挙へ向けての講演を行っていたのは、社会党から出馬しているフランソワ・オーロンド氏。

以下は、その演説中の様子写真。

この記事によると・・・オーロンド氏は、ニコラ・サルコジ氏の発言を暴露したという。

記事のこの部分にあるように、暴露時間=今日2012年4月10日、20時10分。

http://www.leparisien.fr/election-presidentielle-2012/en-direct-hollande-ceux-qui-me-soutiendront-au-2e-tour-seront-dans-la-majorite-presidentielle-10-04-2012-1947919.php

実際、何って書かれてあるのか?以下、訳してみるから読んでや。

20時10分 オーロンド氏は福島の件でサルコジが嘘をついた事を責めた。社会党代表候補者(オーロンド氏)によると、ニコラ・サルコジ氏は福島を訪問したのは確実だと言うという。この件に関して『事実確認をしました。』というフランソワ・オーロンド氏は、現大統領で、次期大統領選挙に出馬しているサルコジ氏が、1度も福島を訪れていないと断言した。」

2011年4月10日付のリベラシオン紙にも同件が取り上げられておる。

http://www.liberation.fr/politiques/2012/04/10/hollande-cogne-sur-les-mensonges-de-sarkozy_810855

リベラシオン紙に引用されているオーロンド氏の発言

「私は事実確認をしましたが、サルコジ氏は一度たりとも(福島には)行っていません。我が共和国で初めて、大統領選挙候補者である人間が、してもいない訪問をしたと言っているのです。ええ、確かに彼は全てにおいて、第一人者でしょうな。してもいない訪問までしたと言う(嘘をつく)点においても第一人者なのです。」

っと、こういう事。

そう、つまり、サルコジは、自分が1度も福島を訪れていないのに、「福島行ってきた」って大嘘ついて、ソレを、今回の大統領選挙で争い相手になると言われているオーロンド氏に、「おまえ、嘘ブっこくなよッ! 福島あんた訪問しとらんだろがよ、勝手に行ってもない訪問話作んなよボケッ!」って暴露された・・・という話題ね。

アホらしいけど、ま、サルコジだから、そんぐらいの直ぐにバレる様な嘘も平気でつくのは、想像できる範囲、はい「想定内☆」レベルなんだよね・・・、実際あたしはコレ読んで、驚きはせず、吹いただけだったしィ。

ところで、オーロンド氏は福島を訪れたこと・・・ないんよな。

昨年10月25日、ヨーロッパ・エコロジー・緑の党から、同じく大統領選挙に出馬しているエヴァ・ジョリー氏に、こんな事言われてたもんな。

「先日福島を訪れ、こうして現状を見ると、私達は脱原発に向かうしかない、ソレに尽きると思います。私は、フランソワ・オーランド氏を招きますよ、現実を、あの福島の景色を見るために、あの素晴らしい風景、あの素晴らしい農地、あの地が、今後30年の間、人間にとって不適切な地になるんだと、こんな状況が耐えられますか?こんな耐え難いことは、有り得ない。子育て中の親が、子供を病気にさせないようにと、食の安全を守るという事が出来ない事態なんです。私達、フランスが、脱原発をすることによって、その決断が、日本の人々を救うことに繋がるんです。」 (2011年10月25日 ラジオEurope1)

————————————————-

では、実際に、サルコジ氏が、いつ、どこで、具体的にどんな発言(嘘)をしたのか、見てみよう。

大変ありがたいことに、サルコジ氏公式ユーチューブサイトに、問題のビデオがアップされているので、簡単に事実確認をすることが出来るという、まぁ、素晴らしい時代だこと。

問題の場面は、このビデオの36分から始まる。

サルコジ氏の大統領選挙ミーティング・講演 

フランス・カーン(Caen)市にて 2012年4月6日

以下、サルコジ氏の発言を訳してみるよ、興味あれば読んでや。(サルコジ氏の発言=太文字表記)

あのフクシマがありましたね。

こちらに居らっしゃってる、ナタリー・コシュースコ=モリゼ氏*と一緒に、私は福島へ行きました。(*2010年より環境・持続可能開発・運輸住宅大臣)

ところが、どうですか、フランソワ・オーロンド氏は、(福島へは)行ってないんですね。

自分が「嘘」をついていると自覚しているあまりか?この時は目を下に落として、うつむいて話すサルコジ。

もしオーロンド氏が実際に福島に行って、少しでも調査をすればですね、あの事故は、先ずは、地震により、次にとんでもない大きな津波が来て起きたものだと分かるはずであり、ナタリー・コシュースコ=モリゼ氏と一緒に見て確認したように、ある場所では津波は42メートルまで達していたんですよ、お分かりですか皆さん、コレがフクシマで起きた事実なんです。

サルコジの「嘘」に自分が巻き込まれた(利用された)からか、画面には、笑っているが、顔が引きつって笑うナタリー・コシュースコ=モリゼ氏の姿が映る。

ちなみに・・・では、ナタリー・コシュースコ=モリゼ氏は福島を訪れているのか?

答え=訪れてはいない。

コシュースコ=モリゼ氏本人のブログ、2011年4月5日付の「日本人たちと共に雨の下で」 (Avec les Japonais, sous la pluie)を読むと明らかになる。

彼女のブログには、サルコジ氏と一緒に日本に到着した様子から始まり、日誌調に書かれてある。

サルコジ氏と共に東京に到着したのは、2011年3月31日午後、その後、当時の総理大臣・管さんと会い、云々かんぬん、そして、仙台市(特に津波で被害を受けた地域)を訪れたこと等、割と細かく書かれているんだけど、福島訪問については一切書かれていない。

よって、彼女自身の訪日は3日間だと本人が書いており、その間に福島を訪れていないという事が明らかになる。

また、彼女のブログは、こんなエピソード付きで閉められている = 「パリに戻るため、エールフランスの飛行機に搭乗するが、ソウルで乗換え。エールフランスのパイロットたちは東京で寝泊りすることを拒否しているからだ。大畠さん(国土交通省大臣=大畠章宏)は、この件について私に、こう指摘した。彼自身、毎日東京で寝泊りしており、彼と同じく1300万人の国民、また何千人ものフランス人が同じように過ごしているんだと。」

正直に言いますと、わたしは、オーロンド氏の論理には着いていけない(理解できない)んですよ・・・。

私は(彼、オーロンド氏と違って)福島訪問しており・・・、オーロンド氏はというと、フェッセンナイム原発を閉鎖するんだと・・・このように、色んな事を省いて聞くと、大変おかしな話ではないかと、皆さんもお分かりになると思いますけど。

そして、彼は何と言っているのか?「第一に閉鎖するのは、フェッセンナイム原発だ。」っと言ってるんです。

そこで、私は直ちに地図を取り出して見ましたよ・・・(あのフェッセンナイム原発のある)アルザスといえば・・・

(会場爆笑)

(皆さんも承知の様に)海岸からずいぶんと離れてますよね・・・

(会場大喝采)

ええ、確かに私は、あんなに海から離れているフェッセンナイム原発まで津波が来るという、そういった想定はしませんでしたよ。←相当、バカにした言い方で。

(会場大喝采)

私は、今後とも、国内の原発各地を訪問し続けますよ。

で、サン・ローラン・デ・ゾー原発も例外なく訪れ、ココに来ると、いよいよ何か(重大な問題が)出てくるのかな~っと思いながらね。

これ以上、わたしが、オーロンド氏への間違った感覚を覚えるのは有り得ないだろうと思いながらね。←言い換えると、「そんなにオーロンド氏はバカじゃないだろうと思いながら。」

そこで私が見たのは、ロワール川でした。(笑)

少しでも、フランス国を想い、少しでも考える能力があったとするなら、このロワール川を前にして、緊急的に津波対策をしなければいけないなどという、そういった事には成りえない分けで、ましてや、フランス国をシッカリと誘導していく力があるはずなんですよ。

(会場大喝采)

この件においての「真実」、私はソレを別の方から授かりました。

真実を私に教えてくれたのは、フェッセンナイム原発の労働者の1人でした。

彼は原発で25年来働いてきた、彼の言葉に私は感動しました。

何故ならソレは、「本当」・「真実」だからです。

彼は私にこう言ったのです、「大統領、是非聞いてください。彼らは(社会党は)我々のことを見捨て売り払ったのです。大統領選挙に勝つために、汚いやり方で合意*をしてるだけ、ソレが真実なんです。」

* 「総発電量に占める原子力の割合を、2025年までに現在の75%から50%に減らします」(社会党・オランド候補)

————————————————-

参照

TBSニュース 2012年4月10日

フランス大統領選、「フクシマ」が争点に

海の向こうフランスにも、福島の原発事故による影響が及んでいます。フランスでは22日に大統領選の第一回投票が行われますが、争点の1つが「原発政策」です。国策として原発を推進してきたフランス。大統領選の結果次第では、原発を減らす方向へと舵を切る可能性がでてきました。

「エヴァを大統領に!エヴァを大統領に!」

福島第一原発の事故からちょうど1年となった先月11日。緑の党から大統領選に出馬しているエヴァ・ジョリ候補が、脱原発デモの輪の中にいました。


「福島の事故、悲劇は、事故は起こりうるものだということを警告している」(緑の党・ジョリ候補)

ジョリ候補が公約するのは、20年後までの原発廃止です。原子力発電所の前に、人が手をつないで人間の鎖をつくっています。鎖はずーっと先まで続いています。


この日の参加者は主催者発表でおよそ6万人。脱原発デモとしては、フランス史上最大の規模となりました。

「5人の子どもがいるので、健康被害が心配」


「自然にも体にも良くないし、日本みたいに爆発することもある」(デモに参加した家族連れ)

福島第一原発の事故をきっかけに、これまで問題にもならなかった原発の是非が大統領選の争点のひとつとなっているのです。

ジョリ候補だけではありません。世論調査でサルコジ大統領を上回る社会党のオランド候補も、減原発を公約しています。


「総発電量に占める原子力の割合を、2025年までに現在の75%から50%に減らします」(社会党・オランド候補)


社会党と緑の党は、58ある原発のうち24を段階的に閉鎖していくことでも合意しました。しかし、国策として原子力産業を育ててきたフランスでは、原発擁護の声も大きいのです。


原子力産業の「セールスマン」ともよばれるサルコジ大統領は福島の事故直後、いち早く来日。事故対応への協力を約束してフランスの原子力技術をアピールしつつ、原発への不安を最小限に食い止めようとしました。再選を目指す今回の選挙戦でも、繰り返し原発を訪問しています。

「原子力のおかげで、フランスの電力は近隣諸国に比べ30~35%も安い」(サルコジ大統領)


安い電力と大量の雇用を生み出す。原発抜きにフランス経済は立ち行かず、「原子力はこの国の大事な財産」というのがサルコジ大統領の主張です。

先月11日、「人間の鎖」に囲まれたフランス南部のクリュアス・メス原発。地元の暮らしは、原発に大きく依存しています。


「いつも原発と過ごしているので、特別危険だと思わない」(原発が立地する町の住民)


「しかたない。別に気にしていない。電気がなくなったらどうすればいいのよ」(原発が立地する町の住民)


しかし、福島の事故後、この地域でも変化が起きています。地元選出の国会議員、パスカル・テラス氏。かつては国会でも5本の指に入るほどの原子力推進派でした。

「フランス人は原発は完璧だと自らに言い聞かせてきた」(社会党国会議員パスカル・テラス氏)

オランド候補と同じ社会党の所属。フランスでは左右を問わず、ほとんどすべての政党がこれまで原発の建設を推進してきたのです。しかし、福島の事故後、パスカル氏は原発に背を向ける決断をしました。原発の安全性は十分に分かった上での判断です。


「外的な要因や自然の脅威が原発をダメにしてもおかしくない。フクシマ前とポスト・フクシマ。フクシマ以降で状況は一変した」(社会党国会議員パスカル・テラス氏)

ポスト・フクシマの時代に原発大国フランスはどのような選択をするのでしょうか。今回の大統領選は、フランスの原発の未来を決める選挙でもあります。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5000542.html

——————————————–

Manu Chao “Mentira” (1998)

マヌ・チャオ 「嘘」 (1998年)

Advertisements

3 responses to “問題 「サルコジ大統領がフクシマ関連で嘘をつくと、どうなる?」

  • 村野瀬玲奈

    福島に来たのがそんなに偉いのなら、一番偉いのはエヴァ・ジョリー(EELV)、ドゥニ・ボーパン(パリ副市長、EELV)、コリンヌ・ルパージュ(元環境相)ですよね。政権側からはエリック・ベッソンも福島に来たらしいけど、福島の被災者と交流したのはエヴァ・ジョリー一行でした。

    ということで、エヴァ・ジョリーこそがフランス大統領にふさわしい!

  • 村野瀬玲奈

    あ、言い忘れた。「プチニコラ君は、東京と福島の区別がついてない」に一票。

  • onaironaironair

    村野瀬さん

    コメント有難うございます。
    サルコジは、自分がフクシマ(原発)の現場を見てきて、それでも、自分は原発推進していくのだから、皆さん、ど~ぞど~ぞ、心配なさらずに、私の言うことを信じ、さぁ、今後とも、原発産業を盛り上げ、国内および輸出もガンガンして行きましょうっと言いたいわけですよね。
    どんな洗脳作戦なんだか・・・しかも、子どもでも分かるような嘘ついて。(-_-;
    で、大統領選挙に勝ちたいため、権力、金を保持したいため・・・なら、どんな嘘でも堂々と胸を張って言い・・・まぁ、とんでもねぇ、国の長だと思いますわ
    とにかく、数分でも、数秒でも早く、辞めるべき人物やと思います。

    > あ、言い忘れた。「プチニコラ君は、東京と福島の区別がついてない」に一票。

    しかも、サルコジが、来日し、東京にいた総時間は3時間~4時間なんですよ!!!!!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: