フランス大統領選挙第一投票日まで18日

今日は、フランス大統領選挙第一投票日まで、残るところ18日になったよ。

あっちゃこっちゃで、毎日の様に世論調査の結果などが聞かれ、丸で「世論調査祭り」になっとるフランス今日この頃やよ。

以下は、昨日ヘッドフォン付けて爆音でアンナのやコンナのを聴きながら歩いてた時に見かけた、2012年4月3日付のAujourd’hui en France(フランスの今日)紙。

BVA調査による世論調査がデカデカと掲載されてて、前通り過ぎる人は嫌でも目に入ってくる大一面やよな。

Aujourd’hui en France – 03/04/2012

フランス大統領選挙・世論調査

左 = フランソワ・オーロンド氏 = 56%

右 = ニコラ・サルコジ紙 = 44%

え?この新聞は買わなかったよ、財布持ってなかったし、ポケットも空やったからな。←カール・マルクスも大喜びやな☆ (笑)

で、音量更に上げて歩き続けましたとさ・・・このフランス大統領選挙に投票する権利のない人間が、あ~だこ~だと思いながら。

じゃぁぁあああああああああああああああああああねっ!!

以下のブルーム・バーグの記事にも、世論調査の話題があるね~。

ブルーム・バーグ 2012年4月2日

仏大統領選:オランド氏のサルコジ氏に対するリード縮小-調査

4月1日(ブルームバーグ):フランス大統領選挙に関する世論調査で、現職のサルコジ大統領に対する社会党のオランド候補のリードが第1回投票で1ポイントに縮小し、決選投票についてもその差が縮まったことが明らかになった。

LH2がヤフーの委託で行った調査(3月30、31日実施)の結果を電子メールで1日公表した。それによると、第1回投票でのオランド候補の予想得票率は28.5%で、前回調査から2ポイント低下。サルコジ氏は27.5%で横ばいだった。一方、反自由市場を掲げる左翼党党首のメランション候補が支持を4ポイント伸ばして15%となり、反ユーロを訴える国民戦線党首のルペン候補や、中道・民主運動議長のバイル候補を上回った。

調査結果によれば、オランド氏が決選投票で54%を獲得し、45%のサルコジ氏に勝利すると予想されている。オランド氏の予想得票率は先月18日の調査から1ポイント低下した。

調査は973人を対象に行われた。誤差率はプラスマイナス4ポイント。

原題:Hollande Lead Over Sarkozy Is Shrinking, LH2-Yahoo PollShows(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:パリ Albertina Torsoli atorsoli@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:Phil Serafino pserafino@bloomberg.net
更新日時: 2012/04/02 09:47 JST

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M1TSHG6K50YL01.html

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: