立ち入り禁止を「解除」出来ても、放射能は「解除」出来ないという現実!

毎日新聞 2012年3月30日

福島避難区域:3市村先行し再編 立ち入り禁止解除

再編後の避難区域

政府は30日、東京電力福島第1原発事故に伴い避難区域に指定している福島県の11市町村のうち、田村市と川内村を4月1日に、南相馬市を16日に見直すことを正式に決めた。現行の2区分から新たな3区分への再編を先行して実施。原発から半径20キロ圏内で立ち入りを禁じていた警戒区域の指定を解除し、放射線量の比較的低い地域への立ち入りを認める。

30日夜、首相官邸で開かれた、政府の原子力災害対策本部(本部長・野田佳彦首相)で決定した。これにより、住民の早期帰還や事業所の再開に向けた準備作業が一部地域でできるようになる。政府は除染やインフラ復旧、住民の早期帰還に向けた取り組みを加速させたい考えだ。

今の避難区域は、警戒区域と計画的避難区域(年間被ばく線量が20ミリシーベルト超)の2区分。再編後はこれを(1)年間20ミリシーベルト以下の避難指示解除準備区域(2)年間20ミリシーベルト超50ミリシーベルト以下の居住制限区域(3)年間50ミリシーベルト超で住民が5年以上帰還できない帰還困難区域--に改める。現在の指定区域について、南相馬市は(1)~(3)に、川内村は(1)と(2)に、田村市は(1)に、それぞれ変更される。

政府は当初、3月末をめどに11市町村の一括見直しを目指していた。だが、ほかの8町村では、区域の線引きの仕方や見直し時期をめぐる住民の意見などにばらつきがあるため、さらに時間をかけて協議し、段階的に再編することにした。

同本部の会合で首相は「ふるさとへの帰還に向けた一歩を踏み出した(3市村の)地域については、政府一丸となって生活再建に向けた環境整備や雇用創出に取り組む。これから区域を見直す地域は、早期に関係者の合意を得られるよう最大限努力する」と強調した。【笈田直樹】

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120331k0000m010105000c.html

この「立ち入り禁止解除」について、フランスでも報道されてる。

以下は、ユーロニュースの報道=「日本 : フクシマ原発付近の無人地帯の一部解放」。

euronews – 01/04/2012

Japon: ouverture partielle du no man’s land autour de Fukushima

以下は、BFMTVの報道=「フクシマ : 原発付近の立ち入り禁止区域解除」。

BFMTVの報道では、東京の特派員と繋いで、その特派員が福島在住のフランス人の撮影した映像(レポート)を紹介する。

以下、訳してみたので、興味あれば見てや。

BFMTV – 31/03/2012

Fukushima : ouverture de la zone interdite autour de la centrale

上の映像が見れない場合は、こちらのYOUTUBEへ飛んで見て。

↓     ↓     ↓

https://www.youtube.com/watch?v=08fhwduCli4

BFMTV姉ちゃん 福島第一原発事故、あれから初めて、日本政府は「立ち入り禁止区域」の一部を解放しました。原発から20キロ圏の、この被曝地帯は8万人の人々が避難を余儀なくされたのが1年前で、内部に入った人々もいたようなんですね。

BFMTV兄ちゃん さぁ、では東京特派員のヴァンソン・トゥーレーヌさんと繋いでみましょう。ヴァンソンさん、あの無人地帯となった場所が伺える貴重な映像を紹介してくださるという事なんですよね、ヴァンソンさん。

東京特派員のヴァンソン・トゥーレーヌ(Vincent Touraine)  ご存知の様に、原発付近の住民だけが一時的に荷物を探しに行くなどという目的で入ることが許されているんですね。現在では、皆さんもご存知の様に、福島県在住のフランス人、フィリップ・ニベルさんが「立ち入り禁止区域」に荷物を取りに行った住民に付き添うことが出来たわけです。ニベルさんは、現地の放射線線量を測定し、また独立団体に送るための土壌サンプルを取ってきたんです。この測定やサンプルは、「立ち入り禁止区域」の一部解除にも指定されない程の高濃度汚染された場所なんです。フィリップ・ニベルさんが見たのは、正に「死の街」でした、では、ご覧ください。

BFMTV こちらフィリップ・ニベルさんのレポートビデオに見えるのは、大熊町の中心街です。原発から、たったの5キロに位置します。時間が止まっているかのような、亡霊の街の姿です。

フィリップ・ニベルさん(Philippe Nibelle) 私が一番衝撃だと思うのは・・・この無音状態です。この静けさ。絶えられない空気で、押しつぶされそうです。

BFMTV ここ大熊町では、地震の影響で倒れた家屋は、そのままで処理はされていません。病院では、緊急避難をした様子が、そのままの状態で当時の患者の車椅子やベットが散乱したままです。様々な場所では、土壌が高濃度汚染されています。こちらの果物の木の根元で摂取された土壌の汚染状況を見るからには、もう、ここで作物をするのは不可能な状況です。

フィリップ・ニベルさん(Philippe Nibelle) こちらの放射線線量は・・・6.47マイクロシーベルトです。ここのベクレル数値に換算してみても、このような状況の場所で作られる果物を食べるという状況では全くありませんね。

BFMTV 海辺では、こうして津波に耐えることの出来なかったコンクリートの様子が伺えます。そして、遠くには、原発のある海辺が見えます。この辺りは、汚染が高濃度過ぎるため、付近の汚染瓦礫保管にされるという可能性が(話が)出ています。何世代にもわたり、人が住める環境ではなくなっています。

東京特派員のヴァンソン・トゥーレーヌ(Vincent Touraine)  今日からですね、原発から20キロ圏における「立ち入り禁止区域」の見直しがなされ、年間20ミリシーベルト以下の場合、「避難指示解除準備区域」とされるのですが、年間の線量が20ミリシーベルト超または、50ミリシーベルト以上になってしまう地域は、人間が住むに適しない場所として、長い間に掛けて地図から消されてしまうという可能性があるんです。

BFMTV兄ちゃん はい、ヴァンソン・トゥーレーヌさん、貴重な映像を見せてくださって有難うございました。

—————————————————–

東京新聞 2012年4月2日

記事を送ってくださった方に感謝申し上げます☆

井上陽水 「帰れない二人」 (1973年)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: