築地=「市場に入ってくる魚の一匹一匹にセシウム検査が行われているんです。」 – Tsukiji : “Le taux de césium de chaque poisson arrivant au marché est vérifié”

今日、こんな記事を読んだわ。

訳してみたから、あたしの訳でええよって人は読んでや。

ル・ポワン紙 2012年2月29日

「福島の寿司再来!」

東京築地の魚市場は世界一大きな魚市場、福島原発の事故から1年、活気が取り戻されつつある。

東京築地魚市場 写真=Nicolas Datiche / Wostok Press

東京特派員、セバスチャン・ファレティ

築地の路地では、中国人観光客らが訪れ、この界隈の「寿司屋」は大繁盛している。これは、明らかに東京の中心の、築地市場が勢いを取り戻しているという象徴でもある。福島原発災害から1年、東京都民3000万人の食の台所を担っている築地市場販売組合のアンドウ・ケンジさんは、「商売は平常時に戻りました」っと歓喜する。巨大魚市場には、安堵の空気が流れ、遠くの海からやってきた新鮮で大きなマグロの頭が下ろされている。

福島原発事故の翌日から、東北の海辺250キロにかけて、漁はキッパリと切られ、築地市場は亡霊市場と化した。そんな中、東京電力は原発事故後冷却作業を進めながら、何トンもの放射能汚染水を海に垂れ流し、日本人の食生活の中心でもある海鮮物の安全性は消えた。漁業が盛んな地域として知られる東北、福島県では漁が禁止されたにも関わらず、数ヶ月に及んで国民への不安は取り除くことが出来なかった。

あれから1年、東京都民は普段の生活を取り戻しつつあるが、それは厳重な注意意識と共に行われているのだ。アンドウ・ケンジさんは、「市場に入ってくる魚の一匹一匹にセシウム検査が行われているんです。」っと話す。全ての魚の検査では、セシウム137が1kgにつき、500ベクレル以下のものっという日本政府の定めた規定になっている。昨年4月、「放射能汚染」されたウナギが発見された際には、市場には出されなかった

密やかな警戒

政府は、国民が「うわさ」に惑わされないように全ての手を打った。黒マグロを精力的に売りさばく、ある市場の主によると「お客さんの中には、魚の出所を尋ねてくる人もいますよ。」っと話す。寿司の大主役とも言えるマグロは、福島原発事故の影響を受けたものですはない、っというのも、日本列島で食されるマグロの大半は北大西洋で釣られたものか、またはアフリカ海岸のものだからだ。一番良質なマグロは本州北の青森沖で、コノ辺りのマグロは海流が南方面だという事に救われ、放射能からは逃れた。あの福島原発から南に80キロ離れた茨城県の漁師たちも漁を再開したが、「あの呪われた原発付近での漁は絶対にありえないですよ。日本の漁師たちには名誉ってものがありますからね!」っとアンドウ・ケンジさんは宣言する。消費者、特に母親たち、密かな警戒をしており、スーパーの商品を手にして商品ラベルを精密に見ている人々が増えつつあるというのが現状だ。

消費者たちは、地方自治体が実施した放射能検査に懐疑的であり、ゼロリスクが存在しないことを知っているが、生産地県が選択肢の主な基準となっている。魚屋組合の代表者は、「人々は、この現実と共に生きるという事に慣れ始めている。」っと話す。数メートル先の、同じく魚屋のお隣さんは、築地が災害後、新たなページを捲って出発したいという事を付け加えた。そして「そんな訳で、我々は様々な産地の魚を売ってますよ。時には福島地方の魚も入ってくることありますよ。」っと彼は話した。築地に太陽が再び戻ってきた。

————————————————–

以下、元記事まんま。

Le Point – 29/02/2012

Le sushi de Fukushima est de retour !

À Tokyo, Tsukiji, le plus grand marché de poisson au monde, retrouve des couleurs un an après la catastrophe nucléaire.

Le marché aux poissons de Tsukiji à Tokyo © Nicolas Datiche / Wostok Press

De notre envoyé spécial à Tokyo, Sébastien Falletti

Dans les ruelles du quartier de Tsukiji, les touristes chinois sont de retour, attablés aux “sushi bars” enfumés qui ne ferment jamais. Un signe qui ne trompe pas et prouve que le coeur du plus grand marché de poisson au monde bat de nouveau à plein régime au centre de Tokyo. Un an après la catastrophe de Fukushima, “le business est revenu à la normale”, se réjouit Kenji Ando, le représentant de l’association des vendeurs du marché de Tsukiji qui abreuve les 30 millions de Tokyoïtes. Le soulagement est de rigueur parmi les étals de ce Rungis de la mer, où trônent des têtes de thon géantes tranchées, fraîchement débarquées des océans lointains.

Au lendemain du désastre de Fukushima Daiichi, à 250 kilomètres au nord, le long de la côte, l’activité avait été divisée par deux et Tsukiji ressemblait à un marché fantôme. Alors que Tepee déversait dans l’océan Pacifique des tonnes d’eau radioactive utilisée pour refroidir la centrale atomique, les produits de la mer, base de l’alimentation des Japonais, sont devenus suspects. L’interdiction de la pêche dans la préfecture de Fukushima, l’une des principales régions pourvoyeuses de poisson du pays, n’a pas suffi à rassurer la population pendant plusieurs mois.

Un an plus tard, les Tokyoïtes reprennent leurs habitudes, mais avec une vigilance accrue. “Le taux de césium de chaque poisson arrivant au marché est vérifié”, affirme Kenji Ando. Tous doivent passer sous la barre des 500 becquerels de césium, 137 par kilo, fixée par le gouvernement. En avril dernier, des anguilles “radioactives” ayant dépassé ce seuil avaient été détectées et retirées de la vente.

Vigilance discrète

Les autorités avaient tout mis en oeuvre pour que la population ne cède pas aux “rumeurs”. “Certains consommateurs nous demandent de quelles régions viennent nos prises”, reconnaît un marchand en brandissant des tranches de thon rouge. Ce produit emblématique du sushi n’a pas été impacté par Fukushima, car l’essentiel du thon consommé dans l’archipel provient de l’Atlantique nord et des eaux africaines. Seuls les meilleurs morceaux et les plus chers sont issus du nord d’Honshu, au large d’Aomori, et seraient protégés des scories radioactives du fait des courants marins orientés vers le sud.

Même les pêcheurs de la préfecture d’Ibaraki, à 80 kilomètres au sud de la centrale, ont repris la mer, mais “jamais ils n’iront pêcher au large de la centrale maudite. Les pêcheurs japonais ont un honneur !” jure Kenji Ando. Les consommateurs, en particulier les mères de famille, font preuve, elles, d’une vigilance discrète et scrutent en détail les étiquettes qui ont fleuri désormais sur les emballages dans les étals des supermarchés.

La préfecture de provenance est le principal critère de choix, même si les clients émettent des doutes sur la qualité des tests conduits par les autorités locales et savent que le risque zéro n’existe pas. “Les gens se sont habitués à l’idée qu’il fallait vivre avec cette réalité”, explique le représentant de l’associant des poissonniers. À quelques mètres, sur un étal voisin, un de ses confrères confirme que Tsukiji veut tourner la page de la catastrophe. “Désormais, nous vendons du poisson de partout, j’en reçois même parfois de la province de Fukushima”, reconnaît-il. Le soleil est revenu à Tsukiji.

http://www.lepoint.fr/monde/le-sushi-de-fukushima-est-de-retour-29-02-2012-1436236_24.php

————————————————–

【第一話】日本の魚は大丈夫? -KONG DE SHOW JAPAN-

【第二話】日本の魚は大丈夫?(続) -KONG DE SHOW JAPAN-

東京新聞 2012年2月24日

食品中の放射性セシウムの新基準値を話し合う厚生労働省の薬事・食品衛生審議会が二十四日開かれ、魚や野菜など「一般食品」の一キログラム当たり一〇〇ベクレルなど、現行の暫定規制値から四分の一~二十分の一に大幅に厳格化する内容が正式に決まった。コメや牛肉、加工食品など一部を除き四月一日から適用する。

新基準値は一般食品のほか、「牛乳」と、粉ミルクや市販のベビーフードなど新設する「乳児用食品」が一キログラム当たり五〇ベクレル、「飲料水」が同一〇ベクレル。

暫定規制値は「野菜類」「穀類」「肉・卵・魚・その他」が同五〇〇ベクレル、「牛乳・乳製品」「飲料水」が同二〇〇ベクレル。

厚労省は、市場や消費者の混乱を避けるため一部食品に経過措置を設けた。コメは、二〇一一年産は暫定値とし、一二年産の収穫・流通が始まる時期に合わせて十月一日から新基準値とする。牛肉も冷凍保存されているものがあるため、十月一日から適用する。

加工食品は三月三十一日までに製造、加工、輸入されたものは賞味期限まで現行の暫定規制値を適用。四月一日以降に製造、加工、輸入されたものは新基準値とする。

茶や乾物などの基準値適用のルールも決めた。茶は原材料の状態では基準値の適用対象とせず、茶葉をお湯に入れた状態でセシウムの濃度を検査し、飲料水の基準値を適用する。乾燥シイタケなどは、原材料と、水戻しした状態の両方で調べ、一般食品として扱う。

審議会では、厚労省が、子どもへの内部被ばくの健康影響を特に配慮した点や、新基準値の算出根拠をあらためて説明。昨年十~十二月に各自治体などが行った検査で、新基準値を超えた食品は福島県で9・25%、福島県以外では1・13%だったことも報告した。

新基準値をめぐっては、厚労省の諮問を受けた文部科学省の放射線審議会が二月十六日、了承する答申を出したが、乳児用食品などについて「厳しすぎる」と異例の注文も付けていた。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012022402000188.html?ref=rank

グリーンピース・ジャパン発表 「食品放射能調査第4回目」 2012年2月29日

放射能測定室 シルベク 食品放射能調査

4回目:冬のお魚調査(養殖魚含む)・ベビーフード調査

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: