5カ国で初の原発建設確定 – Cinq pays se lancent dans le nucléaire

今日読んだ記事だよ。

記事元 = RTBF.be

タイトル = 「福島の悲劇にもかかわらず、5カ国は原子力に着手する」

Mr. Kwaku Aning

● 国際原子力機関(International Atomic Energy Agency)の事務次長Kwaku Aning氏がニューヨークで発表したものに寄ると、5カ国で初になる原子力発電所建設が行われる。

5カ国とは? = ベトナム社会主義共和国、バングラデシュ人民共和国、アラブ首長国連邦、トルコ共和国、ベラルーシ共和国

● 2013年には、この5カ国に加えて、2カ国=ヨルダン・ハシミテ王国とサウジアラビア王国が初の原発建設をする。

一番右 = Mr. Geoffrey Shaw

● 国際原子力機関・米国の総秘書Geoffrey Shaw氏の発表では、約60カ国が1年前より、各国の原発建設予定の見解を示しながら、国際原子力機関と連絡を取り合っていた。

● Kwaku Aning氏に寄ると、昨年3月の福島第一原発事故を踏まえて、主に原発建設に当たっての安全管理についての話(各国の見解調査)が設けられた。

● Kwaku Aning氏 「各国は福島原発の事故から教訓を得る」、「開発途上国は安全の確保がなされない限り、誰も(核)技術を提供しないということは良く踏まえている。しかし、例えばヨルダン・ハシミテ王国のように、石油もなく、ガスもないという、他の選択肢がない国が幾つかある。」

っという事で、はい、世界では「初」ではない原発大事故が起きました、はい事故ると大変なことになるってのは見ました、はい教訓を得ます、だが、原発は造るって事らしいよ!!!!!

以下、RTBF.beの記事まんま。

RTBF.be – 25/02/2012

Malgré le drame de Fukushima, cinq pays se lancent dans le nucléaire

Cinq pays vont commencer cette année à construire leurs premières centrales nucléaires malgré la catastrophe de Fukushima, a indiqué vendredi un haut responsable de l’Agence internationale de l’énergie atomique (AIEA).

“Nous nous attendons à ce que cette année le Vietnam, le Bangladesh, les Emirats arabes unis, la Turquie et le Belarus commencent à construire leurs premières centrales nucléaires”, a déclaré Kwaku Aning, directeur adjoint de l’AIEA lors d’une conférence à New York.

La Jordanie et l’Arabie saoudite pourraient suivre leur exemple en 2013, a-t-il ajouté.

Une soixantaine de pays ont pris contact avec l’AIEA depuis un an pour lui faire part de leur intention de se lancer dans un programme nucléaire, a précisé Geoffrey Shaw, directeur du bureau de l’AIEA aux Nations unies lors de la même réunion.

Selon M. Aning, tous les pays qui envisagent de se doter de centrales nucléaires ont interrogé très précisément l’agence sur la sécurité, après l’accident survenu à la centrale japonaise de Fukushima en mars 2011.

Ces pays “tirent tous des leçons de ce qui s’est passé à Fukushima”, a-t-il assuré. “Les pays en développement sont très conscients du fait que si la sécurité n’est pas assurée, personne ne voudra leur fournir la technologie. Mais certains pays n’ont pas d’autre choix”, a-t-il encore dit, comme la Jordanie qui n’a pas de ressources pétrolière ni gazière.

Belga

http://www.rtbf.be/info/monde/detail_malgre-le-drame-de-fukushima-cinq-pays-se-lancent-dans-le-nucleaire?id=7629403

以下、日本語でも記事になってたわ。

時事通信ドットコム 2012年2月25日

初の原発建設、今年5カ国=IAEA次長

【ニューヨーク時事】国際原子力機関(IAEA)のアニング事務次長は24日、ニューヨーク市内で講演し、ベトナムやトルコなど少なくとも5カ国が今年、初めて原子力発電所の建設に着手する見通しだと明らかにした。来年にはヨルダンとサウジアラビアがこれに続く可能性があるという。AFP通信が報じた。
同事務次長は、原発の利用を始めようとしている国は「福島で起きたことから教訓を得ようとしている」と指摘。IAEAは施設の安全性や原子炉の建設場所の選定について各国と綿密にやりとりしていると述べた。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012022500086

——————————————

以下の記事見てよ、ポーランドも「初めての原発」ってんで、ドえらく張り切ってるんだよね。

はい、ここでも、例のアレバ社が、しゃしゃり出て大儲けかまそうとしてんだよね!!

時事ドットコム 2012年2月24日

ポーランド、初の原発建設で多くのパートナー探し

【ワルシャワ23日ロイター時事】初の原子力発電所建設を目指しているポーランドのトゥスク首相は23日、建設主体の国営電力会社PGEの多くのパートナーを探す方針を示した。

必要なエネルギーのほとんど全てを石炭に依存しているポーランドは、この依存度を低めるために、原発建設を含む新たないくつかのエネルギープロジェクトを始めた。

トゥスク首相は記者会見で、「PGEの新しい最高経営責任者(CEO)を決定したあと、直ちに原発計画に入る」とし、「PGEのパートナーの数を大きく増やすことを提案するだろう」と述べた。その理由として同首相は、現在の困難な経済状況では、それぞれの参加企業の金融リスクを減らすことが重要であることを挙げた。これまでのところ、国内第2位の電力会社タウロンと産銅会社のKGHMなどがパートナーになる意向を示している。

政府は昨年末、PGEのCEOを解任。後任ははまだ決まっていない。

ポーランドの原発建設計画には東芝傘下の米ウェスチングハウス、フランスのアレバ、それにGE日立ニュークリアが参加意欲を示している。計画では当初の発電能力は3ギガワットで、2020年の運転開始を目指し、その後30年までに能力を倍増するという。

GE日立の関係者はロイター通信に対して、ポーランドにアクティブ、パッシブの二つの型の原子炉を提示していると述べるとともに、「建設開始から燃料装荷までの期間は39カ月。これまで計画に遅れを来したことは一度もない」と強調した。

http://www.jiji.com/jc/rt?k=2012022400273r

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: