フランス原子力安全庁長官 「事故はあり得ると考えて対策すべき」

NHK News  2012年2月24日

原発事故 海外専門家招き会議

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、政府の事故調査・検証委員会がことし夏に予定している最終報告の作成に向けて、海外の専門家から意見を聞く国際会議が24日から東京で始まりました。

この会議は、海外でも関心の高い福島第一原発の事故について、国際的な視点からも検証が必要だとして、政府の事故調査・検証委員会が海外の専門家5人を招いて、24日と25日の2日間、開いています。
5人は、日本の原子力安全・保安院に当たるアメリカ原子力規制委員会の元委員長や、フランス原子力安全庁の長官のほか、放射線被ばくなどに詳しい専門家で、24日は、委員会が去年12月にまとめた中間報告の説明を聞いたあと意見を交わしました。
この中で、多くの専門家が、事故の対応は一義的には事業者が責任を持つべきで、今回の事故では、国と事業者の役割があいまいだったと指摘しました。
そのうえで「国民に対して正直に情報を提供することが重要で、分からないことは分からないと答えるべきだった。国民が政府を信頼していれば、どんな情報を出しても混乱は起きない」と指摘し、国の情報提供の在り方に対しても疑問を投げかけていました。
25日は、専門家5人が今後の調査に向けて意見を述べる予定で、委員会では、今回の会議での指摘も踏まえたうえで、ことし7月下旬までに最終報告をまとめることにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120224/t10013268691000.html

っと、こんな風に

「5人は、日本の原子力安全・保安院に当たるアメリカ原子力規制委員会の元委員長や、フランス原子力安全庁の長官のほか、放射線被ばくなどに詳しい専門家」

っと言われ、書かれても、誰の事なのかさっぱり分からないというNHKニュースよ・・・そんなもんニュース見とるオマエらは知らんでも良かろうがって事なの?え?

って分けだけど、ネットで調べると出てくるのね、東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会の参加国際専門家メンバー。

東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会HP = http://icanps.go.jp/

Site : Investigation Committee on the Accident at the Fukushima Nuclear Power Stations = http://icanps.go.jp/eng/

① リチャード・A・メザード (Richard A Meserve) 米原子力規制委員会(NRC)元委員長、カーネーギー研究所(アメリカ)理事長

● 「政治的に独立し、不適切な介入が行われない組織にすべきだ」 (日本経済新聞記事より引用)

● 「米国では原子力規制当局は議事録を取る慣行がある」 (日本経済新聞記事より引用)

● 「(日本は、地震や津波など)原発外部で起きるリスクを受け入れてこなかったことが問題だ」 (東京新聞記事より引用)

● 「認めがたいことも認め、これまでの日本の安全に対する文化をどう考えるか、自らに問い掛けてほしい」 (東京新聞記事より引用)

● 事故現場で線量計が作業員に行き渡るまで3週間もかかったことを問題視し、「信じられない対応だ。もっと早くそろえられたはずだ」 (中日新聞記事より引用)

② アンドレ・クロード・ラコステ (Andre-Claude Lacoste) フランス原子力安全庁(ASN)長官

● 「事故はあり得ないと思うのではなく、あり得ると考えて対策すべきだ」とし、電力会社は規制で求められる水準以上の安全対策をとるべきだと指摘した。(日本経済新聞記事より引用)

● 「旧ソ連のチェルノブイリ原発事故後、母国で重大な原発事故は起こり得ると国民に説明してきた」とし、日本では重大事故が起きることを前提とした取り組みが不足していた (東京新聞記事より引用)

● 1999年の茨城県東海村での臨界事故や、2004年に関西電力美浜原発で起きた配管破裂事故を例に挙げ「日本では5年に一度、事故が起きていた。大事故があるなら日本だと思っていた」と、教訓を十分に生かしてこなかったことが大事故につながった (中日新聞記事より引用)

● 「フランスでは重大事故を想定した訓練を日頃から行っており、そこが日本とは違う」などと、原発事故に対する日本の想定の甘さを指摘 (よみうりテレビ報道より引用)

③ ラーシュ・エリック・ホルム (Lara-Erik Holm) スウェーデン保健福祉庁長官

● 福島第1原発の事故後しばらく作業員が線量計を持てなかったことに対し「大変驚いた。安全文化を改善すべきだ」 (日本経済新聞記事より引用)

● 「トップがすべてを判断することはリスクが高い。首相が判断を間違えても誰も進言できない」 (東京新聞記事より引用)

④ 張舜興(チャン・スンフン=Chang Soon Heung) 韓国科学技術院教授

● 「炉心溶融の発表が遅れ、国民や海外の信頼が失われた」 (日本経済新聞記事より引用)

● 政府の「冷温停止状態」宣言に疑問を呈し「原子炉内の状態を特定せずに、どうして安全と言えるのか」 (中日新聞記事より引用)

⑤ チャイ・グゥオハン (Chai Guohan) 中国環境保護部核・放射能安全センター主任技師

——————————————

NHK News – 24/02/2012

Foreign nuclear experts are discussing the Fukushima nuclear accident at a conference in Tokyo.

The Japanese government panel investigating the disaster is sponsoring the 2-day conference as part of efforts to verify what happened.

The panel invited 5 experts from abroad, including the head of the French Safety Authority, Andre-Claude Lacoste, and Richard Meserve, a former chairman of the US Nuclear Regulatory Commission.

Most speakers said the operators are primarily responsible for dealing with nuclear plant accidents. But they added that in the case of Fukushima, it was unclear which roles the Japanese government and Tokyo Electricity Power Company were playing.

The experts noted the importance of truthful disclosure of information. They said the Japanese government should have frankly admitted to lacking certain knowledge. They also said that if the public trusts the government, no confusion will arise over information it supplies.

On Saturday, the 5 experts are due to discuss how the investigation into the Fukushima disaster should proceed.

The Japanese government panel in December issued an interim briefing on the Fukushima disaster. It will use the experts’ opinions in drawing up a final report, which is expected to be issued by late July.

よみうりテレビ 2012年2月24日

原発事故調査委、海外の専門家と意見交換

政府の原発事故調査検証委員会は24日、海外から原子力の専門家を招いて、委員会が去年末に公表した中間報告についての意見交換を行った。

会合には、アメリカ原子力規制委員会(=NRC)・メザーブ元委員長ら海外から5人の専門家が参加し、福島第一原子力発電所事故を受けて各国が原発の安全確認を進めている現状が報告された。

フランス・ラコステ原子力安全庁長官は「フランスでは重大事故を想定した訓練を日頃から行っており、そこが日本とは違う」などと、原発事故に対する日本の想定の甘さを指摘した。

また、事故の後、いつから原子炉の燃料が溶け始めたのかなどの事実関係についても、政府事故調が独自の解析を行い、7月末にまとめる最終報告書に盛り込む方針が示された。

意見交換会は25日も行われる。

http://www.ytv.co.jp/press/society/TI20067701.html

日本経済新聞 2012年2月25日

「日本の安全文化が不十分」の声多く 政府事故調国際会議

政 府の東京電力福島原子力発電所の事故調査・検証委員会(委員長・畑村洋太郎東京大名誉教授)による国際会議が25日、閉幕した。2日間にわたった会議で は、日本の安全文化が不十分とする意見が、海外の原子力専門家から相次いだ。ラコスト仏原子力安全庁長官は「事故はあり得ないと思うのではなく、あり得る と考えて対策すべきだ」とし、電力会社は規制で求められる水準以上の安全対策をとるべきだと指摘した。

スウェーデンのホルム保健福祉庁長官は、福島第1原発の事故後しばらく作業員が線量計を持てなかったことに対し「大変驚いた。安全文化を改善すべきだ」と注文をつけた。

今春発足する予定の原子力規制庁が環境省の外局となることへの批判も出た。米原子力規制委員会のメザーブ元委員長は「政治的に独立し、不適切な介入が行われない組織にすべきだ」と述べた。

「炉心溶融の発表が遅れ、国民や海外の信頼が失われた」(チャン韓国科学技術院教授)、「米国では原子力規制当局は議事録を取る慣行がある」(メザーブ元委員長)などの意見もあった。

こうした海外専門家からの指摘を受けた畑村委員長は「安全文化と真正面に向き合わないといけない」と話し、最終報告に反映する方針を示した。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E0E7E2E09D8DE0E7E2E0E0E2E3E09180EAE2E2E2;at=ALL

東京新聞 2012年2月25日

記事を送ってくださった方に感謝申し上げます☆

2012年2月25日

東京都内で24日から2日間にかけて行われていた、政府の東京電力福島第一原発事故・調査委員会の国際会議。昨年暮れに508ページにわたって報告された中間報告書の内容を受けて、アメリカやフランスなど5か国の専門家らの意見を聴取しました。
会議では、大量の放射性物質の放出や炉心溶融について、原因究明や国際社会への情報開示が不十分ではという声が相次ぎます。
「どの段階で炉心溶融に気づいたかが重要。情報公開や国際社会への連絡は、より適切に行われるべきだった」(韓国科学技術院教授 チャン・スンフン氏)
「日本の政府や事業者に対する社会の信頼が、明らかに欠如している。政府は透明性の確保に努力すべきであり、どのように意思決定が行われるのか明らかにすべきだ」(IAEA安全諮問グループ議長 リチャード・メザーブ氏)
会議を通じて繰り返し指摘されたのは、チェルノブイリや東海村の事故、インド洋の津波など、これまで何度も原発の安全性を見直すチャンスがあったのにその努力を怠ってきた日本政府と、日本人の「甘さ」に対する批判です。
「日本では人的被害を受けるような事故が、5年ごとに起きてきた。福島以前のことも考えて検証しないと前に進めない」(フランス原子力安全庁長官 アンドレ・ラコステ氏)
この夏までに最終報告を取りまとめる政府事故調査委員会は、国際社会から大きな疑問符を突きつけられた格好で、重い課題を背負った形となっています。(25日19:33)

中日新聞 2012年2月26日

原発事故調、海外専門家から批判続出

福島第1原発の事故をめぐり、政府の事故調査・検証委員会が海外の原子力専門家から意見を聞く会合は25日、2日間の日程を終えた。専門家からは、日本の原発事故への備えの甘さや、政府による「冷温停止状態」宣言の拙速さを批判する声が相次いだ。

米原子力規制委員会(NRC)元委員長のリチャード・メザーブ氏は、事故現場で線量計が作業員に行き渡るまで3週間もかかったことを問題視し、「信じられない対応だ。もっと早くそろえられたはずだ」と批判した。

フランス原子力安全局長のアンドレ・ラコスト氏は、1999年の茨城県東海村での臨界事故や、2004年に関西電力美浜原発で起きた配管破裂事故を例に挙げ「日本では5年に一度、事故が起きていた。大事故があるなら日本だと思っていた」と、教訓を十分に生かしてこなかったことが大事故につながったとの認識を示した。

韓国原子力協会長・張舜興(チャンスンフン)氏は、政府の「冷温停止状態」宣言に疑問を呈し「原子炉内の状態を特定せずに、どうして安全と言えるのか」と、拙速さを批判した。

事故調も、安全意識の甘さがなぜまかり通ってきたのか、今夏の最終報告で解き明かす考え。委員長の畑村洋太郎・東大名誉教授は「安全文化という考え方に真正面から向き合わなければならないと感じた」と述べた。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012022690021454.html

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: