服従せよ – OBEY

 

(スコット・ベドベリー著・講談社出版・2002年)

「なぜみんなスターバックスに行きたがるのか?」

著者は米ナイキの広告担当部長として「ジャスト・ドゥー・イット」キャンペーンを手がけた後、米スターバックスコーヒーのマーケティング担当副社長として世界展開を成功させた。本書は、手痛い失敗なども経験しながら、スニーカーとコーヒーという実用品をブランドに仕立てた著者の経験から説く実践的ブランド論である。

著者は強いブランドを育てる条件として、「ブランドのDNAを定義し保護する」「顧客との間に商品やサービスを超越した情緒的きずなを築く」「ブランドを汚染から守る」など、8つのポイントを挙げる。

どんなブランドも、核心部分に「ブランドのDNA」と呼ぶべき力の源となる本質がある。中核顧客や将来の顧客、従業員などにとって、自社はどんな存在であるべきかを定義し、ブランドDNAを理解したうえで、そのDNAを守るようなマーケティング戦略を構築することが必要だと指摘する。

ブランドに命を吹き込むのも、混迷に追いやるのも人間であるという点で、ブランド構築は子育てと同じである。「親」が多すぎたり、短期間でくるくると変われば、「子供」であるブランドにも悪影響が出る。ブランド構築に奇策はなく、誠実かつ賢明に努力を重ねることが重要だと説いている。

(日経ビジネス2002/11/18Copyright©2001日経BP企画..Allrightsreserved.)

スコット・ベドベリー(Scott Bedbury) : 「ナイキは、人々がスポーツとフィットネスに対して持つ、深い感情的なつながりに影響を及ぼします。スターバックスの場合には、カフェがこっそり人々の生活の中に滑り込み、感情的な影響を与えるという事は、我々にとって大きなチャンスなのです。偉大なブランドは、こうして境目というものを無くし、例えばスポーツとフィットネスで、自分のベストを与えることに挑戦するとか、あなたが使うコーヒーカップが非常に大事であると宣言することで、経験との関連性を繋ぐのです。」 (1997年)

スコット・ベドベリー氏 = スターバックスでマーケティング担当をする前はナイキでマーケティング担当をしていて、ナイキ広告キャッチコピー「Just Do It!」を打ち出した。

Scott Bedbury : “Nike, par exemple, exerce une influence sur le lien émotionnel profond que les gens entretiennent avec le sport et la forme physique. Avec Starbucks, le café s’est faufilé dans le tissu de la vie des gens, et c’est notre chance d’avoir une influence émotionnelle…La grande marque élève la barre – elle ajoute de la pertinence à l’expérience, que ce soit en vous mettant au défi de donner le meilleur de vous-même au sport et à la forme physique, ou en vous déclarant que la tasse de café que vous buvez compte vraiment.” (1997)

Scott Bedbury = Il était chef du marketing chez Nike, où il a crée le slogan “Just Do It!” avant de devenir le vice-président marketing de Starbucks.

株式会社電通の戦略十訓

1970年代に電通PRが以下の戦略十訓を提唱していた。この十訓は現在では使われなくなっている。 元のアイデアはヴァンス・パッカード著『浪費をつくり出す人々』(1960年)といわれる。(ウィキペディア)

① もっと使わせろ

② 捨てさせろ

③ 無駄使いさせろ

④ 季節を忘れさせろ

⑤ 贈り物をさせろ

⑥ 組み合わせで買わせろ

⑦ きっかけを投じろ

⑧ 流行遅れにさせろ

⑨ 気安く買わせろ

⑩ 混乱をつくり出せ

Dentsu (電通, Dentsū) est une agence de publicité japonaise, leader sur son marché : son plus proche compétiteur atteint la moité de son chiffre d’affaires. Elle atteint le cinquième rang au niveau mondial. (Wikipédiat)

La règle stratégique de l’entreprise Dentsu dans les années 1970 au Japon :

1) Faire utiliser plus [les produits]

2) Faire jeter

3) Faire dépenser inutilement [de l’argent]

4) Faire oublier les saisons

5) Donner envie de faire des cadeaux

6) Faire acheter des choses ensemble

7) Donner des occasions

8) Faire démoder [les produits]

9) Faire acheter des choses sans réfléchir

10) Créer la confusion

映画 「ゼイ・リブ」 (They Live)(1988年) 監督 ジョン・カーペンター

Film : “Invasion Los Angeles” (“They Live”) (1988) de John Carpenter

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: