仏大統領選挙候補者、放射線線量測定結果 – Nucléaire : la radioactivité des candidats?

今朝、こんな記事を読んだ。

フランス大統領選挙候補者たちの原発感・度を「放射線線量計」にかけて、誰が一番、原発に依存、もしくは推進してるのか?っというのを10段階で示したというもの。

ちなみに、10が一番原発依存、もしくは推進度が高い。

以下、その記事を訳してみる。

で、記事には掲載されていない、各候補者の顔写真を付けておこうっと。

ル・ヌーヴェル・オブサーヴァトゥー誌 2012年2月9日

原発 : 候補者たちの放射線線量

記事 = ポール・ロバシェー

候補者たちの中で、誰が一番、反核なのか?誰が一番、原発推進派なのか?

ゴルフェッシュ原発 (アジョン付近) ガローヌ川辺 写真 = ソーラ・パスカル/SIPA

現フランス大統領・ニコラ・サルコジ氏は先日、フェッセンナイム原発の存続、運営継続を宣言したばかりだ。ル・ヌーヴェル・オブサーヴァトゥー誌は、大統領選挙に出馬している候補者の原発感を調査した。

0~10、各候補者は、我々の原発・放射線測定器にかけられた、0は放射線濃度が一番低く、10が一番高い。

エヴァ・ジョリー 放射線線量0

氏は原発と決別したい。ヨーロッパ・エコロジー・緑の党から出馬している氏は、2020年までに、フランスの原発電力生産度を40%にするという。そして、2031年には・・・0%に。エヴァ・ジョリー氏による脱原発への決断理由として、チェルノブイリ原発事故、福島原発事故、放射性・核廃棄物問題、核兵器の拡散問題を指摘する。

フランソワ・オーロンド 放射線線量5

社会党とヨーロッパ・エコロジー・緑の党間に合意された公約によると、フランソワ・オーロンド氏は、フランスにおける大半の原発電力依存度を、2025年までに、75%から50%にすると宣言した。しかし、氏は、フェッセンナイム原発に関しては厳しい見方をしている。氏が、当選し大統領の間、フェッセンナイム原発を閉鎖するという。また、モンシュ県のフラモンヴィル原発の件に関して、社会党とヨーロッパ・エコロジー・緑の党の間で意見が割れているフラモンヴィル原発の件について、オーロンド氏は、閉鎖ではなく建設を完了させるという見解を示している。

フランソワ・バイユー 放射線線量7

氏が重視しているモデムは、蜂の生き残り作戦です。2012年1月に開催された、環境保護団体たちを前に氏は、「蜂は、生き物全ての記憶を宿らせている生物です。」と発言していた。原発に関しては、「移行エネルギー」であると言うだけで、それ以上の発言は伺えない。

マリーヌ・ル・ペン 放射線線量7

極右・国民戦線党から出馬する氏によると、直ちに「脱原発」するのは異常、狂っているという。マリーヌ・ル・ペン氏は、「危険なエネルギー」と指摘し、客観的に「離脱」するべきだという。しかし、具体的な提案はいっさい提示していない。

ジョン=リュック・メロンション 放射線線量7

左翼党から出馬する氏は、原発問題に関して、民主的に決断をするべきだという。昨年10月26日、同じく大統領選に出馬する左派の候補者に、脱原発問題についての国民投票を行おうと呼びかけた。しかし、氏の意見は冷たい視線を浴び、「国民投票は大統領選挙で行われるものだ。」っと、ヨーロッパ・エコロジー・緑の党の公証人、ドゥニ・ボーパン氏は指摘した。

ニコラ・サルコジ 放射線線量10

先日2月9日木曜日、サルコジ氏は、フランス原発村で一番古いオットゥ・ラン県のフェッセンナイム原発を訪問した。国のトップである氏は、予定通り、政府として、このフェッセンナイム原発の存続・稼動を宣言した。また訪問の際、フェッセンナイム原発閉鎖派や、脱原発者たちに対して、「政治的戦略でしかない。」っと批判表明した。

さぁ、あなたは各候補者に、どんな評価をなさいますか?

———————————————

以下、ル・ヌーヴェル・オブサーヴァトゥー誌の記事まんま。

Le nouvel Observateur – 09/02/2012

Nucléaire : la radioactivité des candidats

Par Paul Laubacher

Qui sont les candidats les plus anti-atome ? Les plus pro-nucléaire ?

Centrale Nuclaire de Golfech (PRES D’AGEN) sur les bord de la Garonne SAURA PASCAL/SIPA

Nicolas Sarkozy vient de confirmer la poursuite de l’exploitation de la centrale de Fessenheim. “Le Nouvel Observateur” fait le tour des propositions des candidats en la matière.

De 0 à 10, les candidats à l’élection présidentielle ont passé notre test de radioactivité – 0 étant la note du candidat le moins radioactif, 10 celle du candidat le plus radioactif.

Eva Joly : radioactivité 0

Elle veut en finir avec le nucléaire. La candidate d’Europe-Ecologie-Les Verts propose de passer à 40% en 2020 la part du nucléaire dans la production énergétique française. En 2031, l’objectif est d’arriver à… 0%. Pour justifier sa volonté de sortir du nucléaire, Eva Joly évoque : Tchernobyl, Fukushima, les déchets radioactifs, la prolifération d’armes nucléaire.

François Hollande : radioactivité 5

A la suite de l’accord électoral passé entre le Parti socialiste et Europe Ecologie-Les Verts (EELV), le candidat socialiste François Hollande s’est engagé à réduire de 75% à 50% d’ici 2025 la part de l’énergie nucléaire dans la production d’électricité française. Sur le sort de la centrale de Fessenheim, François Hollande est ferme. Elle sera fermée pendant son mandat. Sujet de frictions entre le PS et EELV, le candidat socialiste a décidé d’achever la construction du premier réacteur EPR à Flamanville (Manche) s’il est élu.

François Bayrou – radioactivité 7

Ce qui importe pour le candidat du Modem, c’est la survie des abeilles. “Les abeilles sont des témoins et des veilleurs au nom de toutes les espèces vivantes”, avait-il déclaré devant les associations de défense de l’environnement en janvier 2012. Sur le nucléaire, François Bayrou estime que c’est une “énergie de transition”. Sans plus de précision.

Marine Le Pen – radioactivité 7

La candidate du Front national estime que “sortir du nucléaire” tout de suite “serait une folie”. Marine Le Pen convient que c’est “une énergie dangereuse” et qu’il faut avoir pour objectif de s’en “séparer”. Elle ne propose aucun chiffrage.

Jean-Luc Mélenchon – radioactivité 7

Le candidat du Front de gauche veut que la décision soit démocratique. Le 26 octobre, il avait proposé aux autres candidats de gauche de soutenir l’organisation d’un référendum sur la sortie du nucléaire. Sa proposition avait été froidement reçue par un “le référendum, c’est l’élection présidentielle” d’un des négociateurs d’EELV, Denis Baupin.

Nicolas Sarkozy – radioactivité 10

Nicolas Sarkozy était jeudi 9 février à la centrale de Fessenheim (Haut-Rhin), une des plus vieilles du parc français. Le chef de l’Etat a confirmé, sans surprise, la décision du gouvernement de poursuivre l’exploitation de la centrale nucléaire alsacienne. Lors de son déplacement, il a dénoncé la “petite combine politicienne” de ceux qui veulent fermer Fessenheim et sortir du nucléaire.

Et vous, quelle note attribueriez-vous aux candidats ?

http://tempsreel.nouvelobs.com/election-presidentielle-2012/20120209.OBS1004/nucleaire-la-radioactivite-des-candidats.html

———————————————

東京新聞 2012年2月8日

記事を送ってくださった方に感謝申し上げます☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: