平和のための原子力賞 – Prix “Atoms for Peace”

「平和のための原子力」を掲げたアメリカ合衆国の郵便切手(1955年発行)。

以前、クロード・アレーグル氏 「科学者も技術者も原発業界において世界のトップレベル」というのを書いたけど、アノ、クロード・アレーグルが受賞したというらしいね・・・AFP記事で今日知ったよ。

以下、あたしが読んだAFP記事を参考にメモったわ。

え?なんの賞だって?そ・れ・は・・・

“Atoms for Peace”賞、受賞者

クロード・アレーグル氏

クロード・アレーグル氏って誰?

フランスの地球化学者で、政治家、1997年から2000年まで、リヨネル・ジョスパン首相の下で教育大臣(日本で言う文部大臣)をやってた人。

“Atoms for Peace”賞、受賞理由

フランスの原発維持、また原発業界の発展に貢献した。

貢献の内訳 = 出版物、講演会など。

“Atoms for Peace”賞は誰が与えているの?

2007年から以下、2機関の主催の元、開催されている。

① 日本の特定非営利活動法人持続的平和研究所(International Institute for Sustainable Peace:IISP)

② フランスの世界原子力従事者評議会(World Council of Nuclear Workers)

特定非営利活動法人持続的平和研究所(International Institute for Sustainable Peace:IISP)って何なの?

って思ってググったら、なんのこっちゃない、これって、内閣府、つまり日本政府なんだよね。

「持続的平和研究所」の目的とは?

『この法人は、遠き将来にわたって私たちと私たちの未来世代をささえ、地球環境と親和性があり、人類が直面する貧困や紛争を解消するためのエネルギー源としての原子力の価値を模索し高め、その価値観を広く共有することを目指し、顕彰行為や途上国への教育支援などに関する事業を行い、原子力エネルギーと放射線の利用の新しい地平を開くことに寄与することを目的とする。』 (参照=ココ)

“Atoms for Peace”賞、授与にあたっての企画者=上記の2機関のコメント

「クロード・アレーグル氏の貢献・活動を、世界中でモデルとして頂きたい。」

クロード・アレーグル氏の受賞コメント

「わたしは完全原発派ではありません、多様エネルギー派です、しかし、原発廃止派ではありません。わたしは、原発ロビーグループの人間ではないですが、フランスが原発を廃止してしまうというのは自殺的行為です。」

「福島原発事故以降のプロパガンダに衝撃を受けています。2万5000人の方が亡くなりましたが、原発事故が原因ではないのです、津波です、何でもかんでも話を一緒にしてしまうのは良くありません。」

その他の賞

フランスの世界原子力従事者評議会(World Council of Nuclear Workers)のHPを見に行ってみたら、「マリ・キュリー賞2011」ってのもあって、受賞者は、カナダ・ハミルトン市のマックマスター大学Carmel MOTHERSILL氏(アイルランド人)だってよ。

クロード・アレーグル氏は、自分で書いたものではない本にもサインするの?え?内容も把握しないで?

アレーグル氏は2010年初期に、こんな本を出版してる。

氏の名前がデカデカと書かれてあるけど、その下に小さく書かれてあるのを見ると、ドミニック・ド=モンヴァロン氏との共同著だという本。

本タイトル = 「偽気候、もしくは嘘エコロジー」 (プロン出版・2010年2月)

この本の中に、ウォール・ストリート・ジャーナル(1月27日掲載)のトリビューンが再掲載されていて、その記事タイトル = 「温暖化において、パニックになる必要はない」 (16人の科学者の共同著) = 本記事 “No Need to Panic About Global Warming”

この記事内容には・・・「グローバル経済を立ち上がらせるための抜本的な対策になるような、説得力ある科学的議論は無い」っとある。

そこでAFP通信は、この件に関してアレーグル氏に取材・コメントを求めたが、数ヶ月待ってやっと得たコメントは以下。

アレーグル氏の見解

● 「私は(あの16人の科学者の共同著)アレには書いていないんです、アメリカの同僚の為にサインをしただけ。」

● 「普段だったら、あのようなトリビューンの団体文書にはサインはしないんですが、今回は特別に、私が尊敬しているRichard Lindzen氏(MIT大学教授で共同著16人の1人)がいたんでね。ああ、それから、その文書の内容についての具体的な質問などしないで下さいね、私は分かってないんで・・・でも、まぁ、大まかに賛成しているということでサインしたんで・・・。」

● 「あのトリビューンの目的は、この世界を動かしていくのに、様々な課題の中で、気候問題が課題のナンバー1ではないということを示すものだったのです。」

その後、ウォール・ストリート・ジャーナルでは・・・

2月1日に、このトリビューンを検証した約40人の専門家が公開レターを発表した。= 「トリビューン共同著の16人の科学者たちは、気候科学に関しての専門知識を一切持っていない。」

その16人って誰だ?

Claude Allegre, former director of the Institute for the Study of the Earth, University of Paris

J. Scott Armstrong, cofounder of the Journal of Forecasting and the International Journal of Forecasting

Jan Breslow, head of the Laboratory of Biochemical Genetics and Metabolism, Rockefeller University

Roger Cohen, fellow, American Physical Society

Edward David, member, National Academy of Engineering and National Academy of Sciences

William Happer, professor of physics, Princeton

Michael Kelly, professor of technology, University of Cambridge, U.K.

William Kininmonth, former head of climate research at the Australian Bureau of Meteorology

Richard Lindzen, professor of atmospheric sciences, MIT

James McGrath, professor of chemistry, Virginia Technical University

Rodney Nichols, former president and CEO of the New York Academy of Sciences

Burt Rutan, aerospace engineer, designer of Voyager and SpaceShipOne

Harrison H. Schmitt, Apollo 17 astronaut and former U.S. senator

Nir Shaviv, professor of astrophysics, Hebrew University, Jerusalem

Henk Tennekes, former director, Royal Dutch Meteorological Service

Antonio Zichichi, president of the World Federation of Scientists, Geneva.

—————————————-

以下、AFP記事まんま。

AFP – 06/02/2012

Nucléaire: Claude Allègre reçoit le prix “Atoms for Peace”

Claude Allègre le 5 avril 2008 à Paris (AFP/Archives, Francois Guillot)

PARIS — L’ancien ministre de la Recherche Claude Allègre a reçu lundi à Paris le prix 2011 “Atoms for Peace” décerné par deux organisations internationales pro-nucléaires pour son rôle dans “la préservation et le développement de la filière nucléaire française”.

Le prix “Atoms for Peace” est remis depuis 2007 par l’Institut international pour une paix durable (IISP) basé au Japon et le Conseil mondial des travailleurs du nucléaire (Wonuc) basé en France.

Le géophysicien est distingué “pour le rôle important qu’il a joué et continue de jouer grâce à ses publications, interventions, conférences pour la préservation et le développement de la filière nucléaire française, que le monde entier prend pour modèle”, selon les deux organisations.

“Je ne suis pas pour le +tout nucléaire+, je suis pour le multi-sources, mais pas pour abandonner le nucléaire”, a expliqué l’ancien ministre à l’AFP en marge de cette cérémonie.

“Je ne fais pas partie du lobby nucléaire, mais aujourd’hui arrêter le nucléaire, pour la France, ce serait suicidaire”, a-t-il ajouté.

Dans son discours, M. Allègre s’est déclaré “scandalisé par la propagande faite à partir de Fukushima” (centrale nucléaire japonaise endommagée par un séisme et un tsunami en mars 2011). “Les 25.000 morts, ce n’est pas la centrale nucléaire, c’est le tsunami, il ne faut pas tout mélanger”, a-t-il souligné auprès de l’AFP.

M. Allègre, qui a publié début 2010 un livre intitulé “L’imposture climatique”, figurait parmi les seize scientifiques signataires d’une tribune parue le 27 janvier dans le Wall Street Journal intitulée “Pas besoin de paniquer au sujet du réchauffement climatique”.

“Il n’y a pas d’argument scientifique convaincant en faveur de mesures drastiques pour décarboner l’économie mondiale”, affirmait en particulier ce texte, en contradiction frontale avec les conclusions du Groupe d’experts intergouvernemental sur l’évolution du climat (Giec).

Interrogé par l’AFP sur les raisons de la publication de cette tribune après plusieurs mois de silence sur le sujet, M. Allègre a affirmé qu’il n’était “pas un rédacteur” du texte mais qu’il l’avait signé pour “faire plaisir à un collègue américain”.

“Je ne signe jamais de tribunes à plusieurs. Là, je l’ai signée parce que j’ai beaucoup d’estime pour Richard Lindzen (professeur au MIT, l’un des signataires). Ne me demandez pas ce qu’il y a dans le détail, je ne sais pas, (…) mais je suis d’accord sur le fond”.

“Le but de cet article était de dire que le réchauffement climatique ce n’est pas la priorité numéro un dont doit s’occuper le monde”, a-t-il ajouté.

Le Wall Street Journal a publié le 1er février un courrier d’une quarantaine de spécialistes du climat qui ont contesté cette tribune, relevant en particulier que la plupart de ses signataires n’avaient “aucune expertise en science du climat”.

Copyright © 2012 AFP.

http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5gcIER8RzMvEXSAsIOpvX_tnjkLIg?docId=CNG.bd1e7bbdfa0f003d54e9fd066e04b9f3.8c1

——————————————

Thom Yorke “Atoms for Peace” (2006)

トム・ヨーク 「アトム・フォー・ピース」(平和のための原子) (2006年)

——————————————

東京新聞 2012年2月1日

記事を送ってくださった方に感謝申し上げます☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: