原発業界の得意技 = NO DANGER!!

Potential leak shuts down San Onofre nuclear plant unit in San Diego, CA – Jan. 31, 2012

スポニチ (共同通信記事) 2012年2月4日

バランス崩し…作業員が原発内プールに転落

燃料交換のため停止している米カリフォルニア州南部のサンオノフレ原発2号機で、作業員が原子炉内を循環する冷却水が入ったプールに転落していたことが3日、分かった。AP通信が報じた。同原発では水漏れなどトラブルが続いている。

作業員は1月27日、作業中にバランスを崩してプールに落ちた。プールには放射性物質を含んだ冷却水が入っていた。ただ、既に燃料を取り除いており、冷却水には汚染されていない水を加えてあったことから、冷却水の放射線量は低く、1回の胸部エックス線検査よりもわずかに多い線量の被ばくで済んだという。

同原発では、1月31日に3号機の配管で水漏れが発生し、緊急停止した。その後も、2号機で多数の配管から「異常な」摩耗が見つかるなどトラブルが相次いでいる。(共同)

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/02/04/kiji/K20120204002569090.html

以下、同ニュースを伝えた仏テレビ局TF1記事(2012年2月1日付)より。

同話題と言っても、大きな違いとしては、1月27日に作業員が冷却プールに落ちた件にはついては、触れられていない!

あと、上の共同通信記事には書かれてないけど、TF1記事で知ることが出来たのは、広報担当のヴィクトー・デリック(Victor Dricks)氏によると、放射能漏れで、警報アラームが鳴ったけど、それは、微量な放射能漏れに反応して鳴ったので、はい、「NO DANGER」だってよ! つまり、「過剰に反応せんでくれ。」っと言いたいらしいよね、お得意技だしてきてさ、いつものようにさ。

一体さ、どんな状況になったらヤツラは「大変でっす、危険・DANGERでっす!!」って言うんだろおおおおおおおおおねっ??

TF1 News – 01/02/2012

Une centrale nucléaire fermée en Californie après une fuite

Un réacteur de la centrale nucléaire de San Onofre, dans le sud de la Californie, a été arrêté mardi après la détection d’une légère fuite dans le circuit de refroidissement à vapeur, a annoncé l’opérateur de la centrale. L’incident a été qualifié par un porte-parole la société South California Edison de “très mineur” et sans danger pour les habitants de la région comme pour les employés de la centrale. Aucune fuite radioactive à l’air libre n’a été constatée, l’eau contaminée étant retenue à l’intérieur de l’enceinte de confinement du réacteur, a-t-il dit. Le réacteur devrait rester éteint pendant deux jours à titre de précaution, le temps qu’il ait totalement refroidi pour effectuer les réparations.

http://lci.tf1.fr/filnews/science/une-centrale-nucleaire-fermee-en-californie-apres-une-fuite-6966835.html

TF1 News – 01/02/2012

Possible fuite radioactive sans danger aux Etats-Unis

Une légère fuite radioactive a pu se produire à la centrale nucléaire de San Onofre, en Californie, sans toutefois constituer un danger pour le public ou pour les employés du site, a déclaré l’Autorité américaine de sûreté nucléaire (NRC). “Nous ne savons pas de quel type de gaz radioactif il s’agissait”, a déclaré Victor Dricks, porte-parole de la NRC. Il a jugé que “la quantité était tellement faible” que cette fuite ne constituait pas un danger. Le gaz s’est échappé dans un bâtiment auxiliaire, où il a déclenché une alarme de radioactivité même si sa présence était “à peine mesurable en milieu naturel”.

http://lci.tf1.fr/filnews/monde/possible-fuite-radioactive-sans-danger-aux-etats-unis-6968982.html

———————————————————–

追記

東京新聞 2012年3月18日

米サンオノフレ 原発配管7カ所破損か

【ニューヨーク=長田弘己】米カリフォルニア州のサンオノフレ原発3号機で、蒸気発生器の配管に破損の恐れがある部分が計七カ所発見されていたことが、十六日までに分かった。

原発を運営するサザン・カリフォルニア・エジソン社(SCE)が発表した。3号機は今年一月下旬、配管から放射性物質を含んだ水が漏れた恐れがあり、緊急停止し点検を続けていた。

米メディアによると、3号機は加圧水型で、蒸気発生器は三菱重工業が製造し、二〇一〇年に納入した。

今回の不具合は、通常の三倍の圧力の水を流して、不具合を調べるテスト中に確認された。これまで3号機の配管約二万本のうち百二十九本が通常より摩耗していた。原子炉の運転などで配管内の圧力が高まれば破損する可能性もあるという。蒸気発生器は多数の細管で構成され、加圧水型の「アキレスけん」ともいわれている。

同原発では二月上旬、2号機でも三菱重工製の蒸気発生器の細管に、異常な摩耗が多数見つかっている。

細管については、米原子力規制委員会(NRC)が専門家を現地に派遣し、詳細な調査を開始することを明らかにしていた。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012031802000043.html

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: