世界甲状腺癌学会議 – World Congress on Thyroid Cancer

って、見て想像つくように、小説の一部分だからねっ!!

小説 = 村上春樹 「神の子どもたちはみな踊る」 (2000年・新潮社出版)

「世界甲状腺会議」ね・・・っと思ってググってみたら、「世界甲状腺会議」ではないけど、「世界甲状腺癌学会議」ってのが出てきたよ。

あ、現実でも小説の予定に限りなく近い、5日に渡って行われるってよ。

英語では、World Congress on Thyroid Cancerで、来年、2013年に第2回世界甲状腺癌学会議が、カナダのトロント市で、7月10日~14日の予定で行われることが既に決まっているってよ。

↓     ↓     ↓

http://thyroidworldcongress.com/

—————————————-

東京新聞 2012年2月3日

朝日新聞 2012年2月21日

甲状腺被曝、最高35ミリシーベルト いわきの子ども

東京電力福島第一原発事故の影響による子どもの甲状腺の被曝(ひばく)問題について、内閣府の原子力安全委員会は21日、昨年3月下旬に福島県いわき市で実施した検査で、甲状腺の局所の被曝線量が最高で35ミリシーベルトだったという評価値を公表した。

現地対策本部は昨年3月下旬、安全委の助言に従って、福島県内で子ども1080人に対する甲状腺検査を実施した。安全委の公表資料では、いわき市の137人(0~14歳)のうち、11人の線量は5~35ミリシーベルトと高かった。2番目は25ミリ、次が21ミリシーベルトだった。政府は当時の検査は精度が低いとし公表していなかった。

ただし、国際原子力機関(IAEA)の甲状腺被曝を防ぐために安定ヨウ素剤を飲む基準は1歳児で50ミリシーベルトで、これを上回る結果はなかった。

20日に公表された福島県民健康管理調査では、全身に体の外から浴びた被曝線量の評価値は、一般県民の最高で23ミリシーベルトだった。今回は甲状腺の局所的な被曝線量を評価したもので、国際放射線防護委員会(ICRP)の計算式では全身の外部被曝線量に換算するときには、25分の1になる。

http://www.asahi.com/national/update/0221/TKY201202210684.html

東京新聞 2012年2月22日

東京新聞 2012年2月28日

記事を送ってくださった方に感謝申し上げます☆

—————————————-

ザ・ビーチ・ボーイズ 「サーファーガール」 (1963年)

The Beach Boys “Surfer Girl” (1963)

映画 「神の子どもたちはみな踊る」 (2008年) 

監督 ロバート・ログヴァル

film “All God’s Children Can Dance” (2008) de Robert Logevall

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: