「偶然」と「暗示」の狭間

こんな包みのチョコレート2個貰って食べた。

むにゃむにゃ食べてポイっと、パーティーしてます系包み紙を捨てようとしたら、あ、中に薄い紙が入ってて何かメッセージが書いてある。

ちょいとワクワク、なんか、こういうのんて、色んな意味で「偶然」と「暗示」の狭間みたいで好きやわ。

はい、まず、1個目のメッセージ。

経験とは、単に私たちが自分の過ちにつける名前である = オスカー・ワイルド

あは・・・「福島第一原発事故」・・・これも1つの「経験」で語られたらたまらんわなっ!!!

はい、2個目パクリイイイイイイイッと行った後に、はいコレ出ました。

例え過ちを犯しても、努力の価値が取り消されることはない = アフリカの諺

おいおい、なんだ、この見た目=ハッピーチョコレートで、中=「過ち特集」だったの?って思うんだけど・・・。

世の中さ、原発爆発してドえらい事になってんのを、詳しい事情、情報を知ってて、持ってて、「あえて」出さなかった=なかったことにした=隠蔽したりとかいう事が、人々がいるわけだ・・・で、もし、ソレを「過ちを犯した」という事だとするよね、で、でも、こういう人々の「努力」??

はあああああ?そんなもん何処にあるんだか・・・何処の何の「努力」だ?必死になって「隠す」・・・そういう「努力」のことな分け?

なんだかねぇ・・・。

NHKニュース 2012年1月24日

議事録 ほかの重要会議も検証

公文書管理を担当する岡田副総理兼社会保障と税の一体改革担当大臣は、記者会見で、政府の「原子力災害対策本部」の議事録が作成されていなかったことを「誠に遺憾だ」と述べたうえで、東日本大震災に関連する、ほかの重要会議の対応も検証する考えを示しました。

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、政府は、事故当日に「原子力災害対策本部」を設け、避難区域などを決定してきましたが、対策本部の議事録は作成されていませんでした。これについて、公文書管理を担当する岡田副総理は、「原子力災害のような極めて重要な事案では、説明責任がより強く求められるにもかかわらず、本部の意思決定の過程が把握できる文書が作成されていないのは、担当大臣として誠に遺憾だ」と述べました。そのうえで、岡田副総理は、「震災直後の政府の『緊急災害対策本部』でも、議事録が作成されていない疑いが濃厚で、震災関連のほかの会議でも、同様のことがないか検証しなければならない。作られていなければ、議事録というわけにはいかないが、速やかに内容が分かる文書を作成するよう指示を出さなければならない」と述べ、東日本大震災に関連するほかの重要会議の対応も検証する考えを示しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120124/t10015503502000.html

で、政府の「原子力災害対策本部」の議事録が作成されていなかったことを「誠に遺憾だ」と言う岡田克也氏の原発感は、どうなのか?っというと・・・コレだから。

じゃぁああああああああねっ☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: