フランス=原発付近在住の子供と白血病発病の関係性

昨日1月12日、東京在住の方が、「フランスでは(このニュース)流れてるのかな?」っと以下の記事「原発付近に住む子ども、白血病の発病率が2倍=仏調査」のリンクを送ってくれて読んだよ。

原発付近に住む子ども、白血病の発病率が2倍=仏調査

ロイター 1月12日(木)11時47分配信

[パリ 11日 ロイター] 原子力発電所の近くに住むフランスの子どもたちは、白血病の発病率が通常の2倍であることが、同国の専門家の調査結果で明らかとなった。近くがん専門誌「International Journal of Cancer」に掲載される。

フランスの国立保健医学研究所(INSERM)が、2002―07年に国内の原発19カ所の5キロ圏内に住む15歳未満の子どもを調査したところ、14人が白血病と診断された。これは他の地域と比べて2倍の発病率だった。

共同で調査を行ったフランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)のドミニク・ローリエ氏は、この結果を統計的に重要だとした上で、さらに慎重な分析が必要だと指摘。また同氏は、多国間で大規模な共同調査を行えば、より確かな結果が得られるだろうと述べた。

フランスはエネルギーの原発依存度が最も高く、58基の原子力発電所を有しており、電力の75%を原発でまかなっている。

一方、昨年発表された英国の35年に及ぶ調査では、原発の近くに住む子どもにおける白血病の発病率は高いとの証拠は得られていない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120112-00000053-reut-int

—————————–

以下、EX-SKFさんの記事を引用させて頂きます。

Friday, January 13, 2012
ロイター(英語)記事全訳: 「フランスの原発付近で子どもの白血病発病率が2倍、調査で判明」

最初に英語のロイター記事を読み、その後で出たロイター日本の翻訳記事を読んで、あれ、何かごそっと抜けている、と思ったらツイッターの読者の方々からも同じ指摘。そこで、元の英語記事を訳してみました。

ロイターの日本語の記事からあからさまに抜けているのは、原発の立地、出力による白血病の発症の変化は無かった、ということと、ドイツで2007年に発表された同様の調査の結果ですが、そのほかにも細部がぼろぼろ落ちています。しかもロイターの訳者が統計用語を知らなかったことによると思われる誤訳つき。英語の記事を要約しただけ、と言うことなのでしょうが、ちょっと残念。

ウオールストリートジャーナルがヨウ素剤配布の記事でやったような、故意とも思える日本語記事からの情報欠落よりは若干ましでしょうか。

英語版ロイター通信2012年1月11日付け記事:

 記事:ミュリエル・ボセリ

1月11日パリ発(ロイター)-フランスの原発付近に住む子どもの白血病発病率はフランス国内のほかの地域の2倍であることが、健康と原子力安全に関するフランスの専門家による調査で明らかになった。

この調査結果は近々『国際がん雑誌(International Journal of Cancer)』に発表される予定だが、白血病(血液がんの一種)の高い発病率と原発近くに住むこととの間に因果関係を立証するまでには至っていない。

フランスは30年前から原子力発電を利用しており、電力の75パーセントを58基の原子炉でまかなうという、原子力への依存度が世界で最も高い国である。

フランスの保健研究機関、フランス国立衛生医学研究所(INSERM)が実施したこの調査によれば、フランス国内の19箇所の原発で、半径5km圏内に住む15歳未満の子ども14人が2002年から2007年までの間に白血病の診断を受けている。

国内の他地域で同時期に白血病と診断されたのは合計2,753件であり、それと比べると原発付近の発病率は2倍に達する。

「この結果は徹底的に検証されていますし、統計的にも有意です」と、原子力安全に関するフランスの研究機関、フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)で疫学研究所長を務めるドミニク・ローリエは言う。

INSERMはIRSNと共同で1990年から類似の調査を行なってきたが、原発付近の子どもの白血病発病率が高い事実を確認したことはこれまで一度もない。

「とはいえ、私たちが扱っているのは非常に小さい数字なので、結果は細心の注意を払って分析する必要があります」と、今回の調査の共同研究者の一人でもあるローリエは指摘する。

ローリエによれば、原発の立地が海のそばでも川のそばでも、また原発の出力がどれくらいであっても、発病のリスクに違いがないことを今回の調査結果は示している。

IRSNは、原発付近で確認された白血病の原因をもっと詳しく調べるべきだと提言するとともに、国際的な研究協力を開始したいとの意向を明らかにした。

「白血病は珍しい病気なので、もっと大規模な調査をすればより安定した結果が得られると思います」とローリエは語る。

昨年発表されたイギリスの35年に及ぶ調査では、原発付近の子どもの白血病発病リスクが高いとの証拠は得られなかった。

環境放射線の医学的側面に関する委員会(COMARE)の研究者チームが実施したこの調査からは、1696年から2004年までの間に原発から半径5km(3.1マイル)圏内の子どもが白血病を発症した例は20件しか確認されていない。

この発病率は、原発のない地域とほぼ同じであると研究者たちは述べている。

子どもが血液がんを発病するリスクと、原発付近に住むこととの間に、何らかの関連がないかどうかを調べる研究は世界中で行われてきた。

2007年に発表されたドイツの研究は、原発付近でリスクが大幅に高まることを示していた。しかしこの調査結果は、1990年から2005年までドイツ北部のクリュンメル原発付近で白血病が多発した原因不明の事例の影響を受けているのではないか、と英COMAREの研究チームは指摘する。

クリュンメル原発を除けば、ドイツの原発付近で子どもの白血病リスクが高いことを示す証拠は「きわめて薄弱だ」と同チームは語る。

(記事:ミュリエル・ボセル、編集:アレクサンドリア・セージおよびトム・ピアース)

(H/T東京茶とら猫

http://ex-skf-jp.blogspot.com/2012/01/2.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

—————————–

同話題について、京都大学原子炉実験所助教、小出裕章氏の見解あり。(たね蒔きジャーナル・2012年1月12日・6分15秒から)

—————————–

で、以下、2012年1月12日、フランステレビ局・フランス2 (France2)の20時のニュースで報道されてたのを見かけたよ。

France2 JT20h – 12/01/2012

アナウンサー 「はい、続いては、原発付近にお住まいの方々全てに関係の出てくる話題です。他の地に比べると、原発付近に住んでいる子供たちの白血病増加という結果が、専門家たちによる調査から発表されました。ジョン=ダニエル・フレサキー氏にお話を伺う前に、フロランス・ブキーによる、調査結果報告を見てみましょう。」

Nucléaire = 原子力、原発

Plus de leucémies près des centrales = 原発付近で白血病の増加

↓     ↓     ↓

フロランス・ブキー 「この話題(原発と白血病の関係性)は、科学者の間では、かれこれ20年も意見が活発的に出されているものです。」

『原発から5キロ圏内』

↓     ↓     ↓

『15歳以下の白血病の発病率が2倍に』

↓     ↓     ↓

フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)のドミニク・ローリエ氏

↓     ↓     ↓

フランス国立保健医学研究所(INSERM)のジャックリーヌ・クラヴェル氏

↓     ↓     ↓

原発付近で生活する人、学校へ通う子供たち。

↓     ↓     ↓

心配で不安を隠せない母親たち。

↓     ↓     ↓

原発付近でジョギングをする人たち。

↓     ↓     ↓

ジョン=ダニエル・フレサキー氏は医師で、テレビ局・フランス2の専属解説員として時々出てくる人、医療関係、健康問題がニュースで取り上げられると、こうしてゲストで呼ばれるんだよね。← あたしは、この人のこと胡散臭い匂いがしてたまんねぇんだわ、ちなみに、胡散臭い匂いの原因は「蝶ネクタイ」じゃないんだよね・・・やっぱりさ、テレビ局・フランス2に飼われてる医師っていうかさ・・・なんとも表現しがたい胡散臭さなんだよね。

結局、この医師は何を言ったか?どんな見解を示したか?

ジョン=ダニエル・フレサキー氏 「白血病、原発付近の子供たちに発病率の上昇が見られるといっても、ソレはビビたる、ほんの少しの差でしかないので、過剰に反応するのは良くない。」

—————————–

以下は同話題についてのAFP記事。

AFP – 12/01/2012

Nucléaire: excès de cas de leucémie sans lien évident avec les radiations

De Brigitte CASTELNAU (AFP)

PARIS — Une étude française a montré un excès de cas de leucémie de l’enfant près de 19 sites nucléaires mais sans attribuer cette incidence aux radiations ou à d’autres facteurs précis, ses auteurs appelant à des travaux plus étendus à l’international.

Les résultats de l’étude, dirigée par le Dr Jacqueline Clavel, responsable d’épidémiologie environnementale des cancers à l’Inserm, “suggèrent un possible excès de risque” de ces cancers du sang à proximité des centrales.

Elle relève 14 cas de leucémie d’enfants de moins de quinze ans dans un rayon de moins de cinq kilomètres autour de 19 sites nucléaires sur la période de 2002-2007 alors que les taux d’incidence nationaux prédisaient la survenue de 7,4 cas en moyenne.

Mais cet excès de cas sur 6 ans n’a pas été “retrouvé” sur une période plus longue de 18 ans (1990-2007), correspondant à l’ensemble des périodes étudiées.

Interrogé par l’AFP, Mme Clavel a estimé qu’un “lien avec les très faibles radiations ionisantes émises par les centrales en fonctionnement normal ne peut pas être établi”.

“Le fait qu’il n’y ait pas une diminution du risque au fur et à mesure que l’on s’éloigne de la centrale n’est pas en faveur d’un facteur causal, c’est à dire qui permette d’attribuer l’excès de cas aux radiations”, relève-t-elle.

En outre, l’augmentation d’incidence “concerne toutes les tranches d’âges étudiées, et pas seulement les plus jeunes”, souligne la chercheuse.

Une étude allemande avait montré un doublement des cas de leucémie spécifiquement chez les enfants de moins cinq ans résidant à proximité immédiate des centrales sur une longue période (1980-2003).

En France, l’augmentation relevée n’est “pas spécifique d’une centrale particulière ou d’un type particulier de centrale” et “aucun excès de risque de leucémie dans les zones les plus exposées aux rejets gazeux des centrales n’a été observé”, note Mme Clavel.

“mélanges de population”

Ces résultats ne permettent “pas de mettre en cause un facteur spécifique”. Les chercheurs recommandent donc la poursuite des travaux sur les facteurs en jeu et pour améliorer “l’estimation des expositions” aux radiations. Il faudrait notamment travailler à l’échelle internationale “pour avoir un plus grand nombre de cas”, souligne Mme Clavel. Les chercheurs soulèvent des hypothèses qui pourraient expliquer le doublement de l’incidence des cas de leucémies aigües lymphoblastiques relevé.

Parmi les facteurs potentiels en cause, les mélanges de population et l’exposition à des agents physiques naturels ou d’origine industrielle.

La piste du mélange de populations est débattue : “les afflux de populations peuvent modifier l’équilibre immunitaire d’une population, vis-à-vis d’un agent infectieux comme des virus”, indique Mme Clavel.

“De fait, quand on étudie le risque en fonction de mouvements de populations importants qui favorisent l’émergence d’épidémies, on observe des augmentations de risque”, dit-elle. “Plusieurs études solides soutiennent cette hypothèse”, ajoute la chercheuse.

Mais certains experts estiment que cette théorie du mélange des populations ne cadre pas très bien avec l’étude allemande.

Le réseau “Sortir du nucléaire” a salué sa publication jugeant qu’elle établissait “une corrélation très claire” entre la fréquence des leucémies infantiles aigües et la proximité des centrales nucléaires.

L’étude de l’Inserm a été publiée dans la revue spécialisée International Journal of Cancer.

Copyright © 2012 AFP.

http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5hWIf1O7ss9QSqBwD0YMmEfKuYFQA?docId=CNG.725fa250c06f889c00407243c6c3e756.551

追記 2012年2月18日

原発と子どもの白血病の関連性についての話題が、改めてル・モンド紙に記事になってた。

以下、上の記事と同じく、フランス国立保健医学研究所(INSERM)のジャックリーヌ・クラヴェル氏の発言が伺える。

記事の最後のクラヴェル氏の見解を訳すと・・・

「確かに、何かしら我々は検証を行ったわけですが、結果的に私たちがタダ1件の仮説を除外したのです。つまり、私たちの検証において、原発煙を介して放たれる放射能と健康問題が関与していると見なす事を却下したわけです。我々は今後、更に他の仮説を検証するため、検証レベルを国内レベルからヨーロッパレベルに広げる必要性があります。」

Le Monde – 18/02/2012

Leucémies et centrales nucléaires, un lien dangereux ?

Au départ, le projet Geocap de l’équipe Inserm U1018-Eq. 6 (Villejuif), dirigée par Jacqueline Clavel, visait à étudier le rôle de différents facteurs (lignes à haute tension, trafic routier, stations-service et benzène, sites nucléaires) dans la survenue des cancers de l’enfant de moins de 15 ans.

Lorsqu’en 2007, une étude allemande a montré une association significative entre la distance séparant la résidence de la centrale nucléaire de Kummel et le risque de leucémie chez l’enfant, l’Institut de veille sanitaire lui a demandé de se pencher en priorité sur ce sujet.

“Notre étude sur la période 1990-2001 n’avait montré aucun excès de risque en fonction de la proximité de la résidence. Nous avons été plutôt surpris de retrouver, lors de l’étude des données sur la période 2002-2007, un excès significatif d’incidence des leucémies aiguës chez les enfants demeurant à moins de 5 km d’une centrale nucléaire”, remarque l’épidémiologiste. Le nombre de cas attendus sur cette période de six ans serait de 7,4, mais les chercheurs en ont dénombré 14, soit un quasi-doublement.

Ces résultats, comparables à ceux de l’étude allemande, constituent un signal d’autant plus sérieux que l’étude de l’équipe de Jacqueline Clavel a été réalisée avec une extrême rigueur. En tentant de comprendre le mécanisme à l’origine de cet excès de risque significatif, les épidémiologistes ont constaté la discordance entre les résultats obtenus avec le facteur distance de résidence et ceux tenant compte de l’estimation de la dose reçue dans la moelle osseuse par les enfants à partir des rejets gazeux de radioéléments de la centrale.

“Il y a bien quelque chose que nous avons observé, mais nous avons écarté la seule hypothèse que nous étions capables de tester dans cette étude, c’est-à-dire un mécanisme impliquant les radiations transmises par le panache de fumée des centrales. Nous devrons passer à l’échelle européenne pour tester d’autres hypothèses”, explique Jacqueline Clavel.

Sandrine Cabut et Paul Benkimoun

http://www.lemonde.fr/planete/article/2012/02/18/leucemies-et-centrales-nucleaires-un-lien-dangereux_1645381_3244.html

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: