デタラメ春樹さ~ん、ベルギーRTLが早速伝えてたよ~!

その時すでに日本は2012年に突入してたけど、あたしは未だ、フランス時間2011年12月31日に居た時に、このニュース見かけた。(ちなみに日本、フランス間の時差8時間)

朝日新聞 2012年1月1日

原子力業界が安全委24人に寄付 計8500万円

東京電力福島第一原子力発電所の事故時、中立的な立場で国や電力事業者を指導する権限を持つ内閣府原子力安全委員会の安全委員と非常勤の審査委員だった89人のうち、班目(まだらめ)春樹委員長を含む3割近くの24人が2010年度までの5年間に、原子力関連の企業・業界団体から計約8500万円の寄付を受けていた。朝日新聞の調べで分かった。

うち11人は原発メーカーや、審査対象となる電力会社・核燃料製造会社からも受け取っていた。

原子力業界では企業と研究者の間で共同・受託研究も多く、資金面で様々なつながりがあるとされる。中でも寄付は使途の報告義務がなく、研究者が扱いやすい金銭支援だ。安全委の委員へのその詳細が明らかになるのは初めて。委員らは影響を否定している。

http://www.asahi.com/national/update/1231/OSK201112310119.html

で、この記事は『続きは朝日新聞デジタルでご覧いただけます』って事なんで、あたしは残念ながら最後まで読めなかった。

「24人が2010年度までの5年間に、原子力関連の企業・業界団体から計約8500万円の寄付を受けていた。」ね・・・。

電卓が手元にあったから、計算してみた。

この24名に、約8500万が平等に渡ったとして計算すると・・・1人に付き、約354万円か。

この記事の続きが読みたいなぁって思ってたら、なんと、ベルギーのRTL(RTL info.be )に掲載されていた記事にて、追加情報を知ることが出来た。

RTL info.beの記事を読むと、ちゃんと朝日新聞の記事の情報が元になっていることが分かった。

で、上の、最後まで読めていない朝日新聞では知りえなかった情報で、このRTL info.beの記事から知った追加情報は・・・

● 班目(まだらめ)春樹委員長が東京大学教授*だった時代の、2006年~2009年にかけて、三菱重工から受け取った金額 = 400万円

* 2005年より東京大学大学院の工学系研究科の教授に就任、2010年退職

あは、あの映像思い出したわ、2005年頃のデタラメ教授の自爆発言のやつ。

もしかしたら、この映像を見た三菱重工がさ、「あ、このデタラメ先生にお金ブチ込んでおけば、結構使えるかも?」っとか思って、翌年の2006年から早速「投資オファー」したって感じ?で、デタラメ先生も、ほいほいと受け取ったぁ☆みたいな~??

東京大学大学院、工学系研究科、原子力専攻、班目春樹教授

Interview de Haruki Madarame en 2005

Please click on “cc” button to show English subtitles. Haruki Madarame, currently the head of Nuclear Safety Commission of Japan, is famously mocked as “Haruki DETARAME (Haruki the FALSEHOOD) because of his many questionable remarks in the past, including the ones in this video. This video shows an interview with him back in 2005 when he was still a professor in nuclear engineering at the University of Tokyo and a member of the Commission.
Translation by EX-SKF blog (http://ex-skf.blogspot.com/) and captioning by tokyobrowntabby.

以下、ベルギーのラジオ局HP(RTL info.be )の記事まんま置いておくぅ。

RTL info.be

Japon: le nucléaire a fait des dons aux membres de la commission de sécurité

Près d’un tiers des membres de la commission de sécurité nucléaire du Japon ont reçu des dons de l’industrie nucléaire, a indiqué dimanche le grand journal Asahi Shimbun, estimant que ces cadeaux permettaient de douter de la neutralité de cette agence.
Deux des cinq membres permanents de la commission et 22 de ses 84 examinateurs extérieurs ont reçu des donations provenant de groupes ou d’organisations industrielles liés au secteur nucléaire, sur les cinq années avant le 11 mars 2011, date de l’accident de Fukushima, indique l’influent quotidien. Les donations reçues totalisent 85 millions de yens (851.000 euros), selon le Asahi Shimbun. Onze d’entre eux ont reçu des dons de fabricants de réacteurs nucléaires et/ou de compagnies d’électricité et de centrales nucléaires qui sont examinées par la commission, a ajouté le journal. La commission, censée avoir une position neutre, est chargée de guider les centrales en matière de sécurité. Haruki Madarame, le président des membres de la commission, a reçu 4 millions de yens de Mitsubishi Heavy Industries entre 2006 et 2009, lorsqu”il était professeur à l’université de Tokyo, avant de prendre le poste de président de l’organisation en avril, selon le quotidien. Madarame dément favoriser ce groupe au cours de son mandat. (GFR)

http://www.rtl.be/info/monde/international/847329/japon-le-nucleaire-a-fait-des-dons-aux-membres-de-la-commission-de-securite

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: