祝=カナダで原発計画が中止に。- Bruce Power abandonne son projet de centrale nucléaire

今日、「ブルース・パワーがアルバータ州の原発建設計画を諦めた」っというタイトルの素敵な記事を見かけた。

記事元は、昨日12月13日付のラジオ・カナダの記事。

この記事によると・・・

① ブルー・パワー (Bruce Power)は、環境的にも相応しいと結論を出していた、アルバータ州の北西のピース・リバー付近に建設予定だった原発建設の企画を諦めた。

② ブルー・パワーは2007年にエネルギー・アルバータ (Energy Alberta)を買い取り、産業成長の活発なアルバータ州への原発建設の可能性を検討・調査していたが、その結果、建設計画を諦めることに決定した。

③ ブルース・パワーの社長・ダンカン・ホーソン(Duncan Hawthorne)氏は、幾つかの商業企画を検討したが、企業にとって良好なものではないと判断した。しかし、原発産業が、もっと確かな進展をした場合には、地方の方への原発建設の可能性もあると見解を示した。

④ ブルー・パワーが、2007年にエネルギー・アルバータを買い取った当時、アルバータ州は、原発建設への合意するに当っての、いくつかの条件を提示していた。

⑤ ブルース・パワーは、一民間企業として「ブルース原子力発電所」(オンタリオ州)を運営しているカナダ国内で唯一の企業。

以下、ラジオ・カナダの記事まんま。

Radio-Canada – 13/12/2011

Bruce Power abandonne son projet de centrale nucléaire en Alberta

Centrale nucléaire de Bruce Power, en Ontario   © PC/J.P. Moczulski

La compagnie ontarienne Bruce Power a annoncé lundi soir sa décision de ne pas aller de l’avant avec son projet de centrale nucléaire près de Peace River, dans le nord-ouest de l’Alberta.

Depuis que Bruce Power a acheté Energy Alberta en 2007, la compagnie évaluait la possibilité de construire une nouvelle centrale nucléaire pour aider l’industrie énergétique albertaine en pleine croissance.

Cependant, le président et directeur général de l’entreprise, Duncan Hawthorne, a déclaré qu’après l’étude de plusieurs possibilités de développement commercial, la construction d’une centrale nucléaire en Alberta n’est pas dans l’intérêt de Bruce Power.

Il a ajouté que la possibilité de construire une centrale nucléaire dans la province pourrait être évaluée ultérieurement si l’industrie nucléaire y est mieux développée un jour.

Lors de l’achat d’Energy Alberta par Bruce Power en 2007, le gouvernement albertain a ouvert la porte à la possibilité de développer, sous certaines conditions, l’industrie nucléaire dans la province. Il avait procédé à des consultations publiques en 2009.

Après de nombreuses analyses et études environnementales, Bruce Power avait également identifié que Peace River était l’endroit idéal pour construire une centrale nucléaire.

Bruce Power exploite la seule centrale nucléaire privée au pays, soit celle de Kincardine en Ontario.

http://www.radio-canada.ca/regions/alberta/2011/12/13/002-bruce-power-abandon-projet-centrale-nucleaire-peace-river-alberta.shtml

——————————–

お隣さんに原発が!~住民の選択~ 製作 = リール・タイム・イメージ(2010年)

“My Nuclear Neighbour” Reel Time Images (2010)

BS世界のドキュメンタリー・シリーズ 原子力発電を問う

「お隣さんに原発が!~住民の選択~」より

カナダのアルバータ州ピースリバーで、原子力発電所を建設する計画が持ち上がった。静かで平和な町の安全が脅かされると反対する市民がいる一方で、町の経済の活性化を期待し、歓迎する人びともいた。
建設計画を進めるブルース・パワー社は住民の理解を得るための説明会を開催するが、原発の安全性や核廃棄物の処理について「説明が足りない」と感じた参加者も少なくなかった。建設候補地に隣接する土地で農業を営むロレインと友人のブレンダは納得のいく答えを求め、専門家や原発の町を訪ねる旅に出る。
電力の20%を原発に頼るオンタリオ州。原発の町・キンカーディンの住民のほとんどは原発を不安視しておらず、人口が増えて景気がいいと満足げ。さらにブルース・パワー社のCEO自身の案内で原発を見学することになった二人。そこでは、退役軍人を中心とした屈強な警備チームが原子炉だけでなく大量の使用済み燃料をテロ攻撃から守っていた。ロレインとブレンダは、キンカーディンの人びとの多くが原発にはよい面と悪い面があると語りながら、その悪い面について積極的には語らないことに気づく。
旅を終えても二人は確実な答えは得られなかったが、自らの意志で次世代のために判断し、それを貫くしかないと悟る。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: