簡単に入れたらしいよ・・・原発に。

フランス、ノージェン・シュー・セーヌ(Nogent-sur-Seine)原発

(LP/Matthieu de Martignac)

超腰抜けするぐらいに?簡単に原発に入れたらしいよ・・・。

で、どうよコレ?ってんで、現在フランス時間=2011年12月5日昼過ぎ、フランスの政治家たち、原発業界人、電力会社EDF関係者などなど、あたふたあたふた、口から泡でも吹いてそうな状況で、電話電話電話、緊急会議緊急、超緊急ッ! 「直ちに」全部の原発を調査せよおおおおおおおッ!ってんで、ドえらい事になって暴れてるみたいよ。

ネットでもラジオでも、あっちゃこっちゃで報道されてる。

はい、コレが早速ネットに投稿された、「侵入成功」の様子みたいよ・・・。

時事通信 12月5日(月)16時15分配信

グリーンピース、仏原発への侵入に成功=政府、国内全施設を調査へ

【パリ時事】国際環境保護団体グリーンピースは5日の声明で、同団体メンバーらがフランス・パリ南東約95キロのノージャンシュルセーヌにある原発施設への侵入に成功したと発表した。同団体は「安全な原子力発電などは存在しないというメッセージを伝えるため、メンバーが侵入してみせた」としている。

AFP通信によると、グリーンピースはこれ以外にも複数の原発施設に侵入したと主張。原発を運営するフランス電力公社(EDF)は、中部と南西部でも原発施設内で横断幕などが見つかったとしている。事態を重視した仏内務省は5日、国内全ての原発施設を調査する方針を表明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111205-00000060-jij-int

グリーンピース・フランスのHPに設けられたページで、今回の件についての最新情報が見れるよ。

情報やビデオが、原発に侵入している人から送られたりしてるのを見ることが出来る。

↓   ↓   ↓

フランスの緑豆へ飛ぶうううううううっ。

20minutes紙では、特別ページを設けて、刻々と入ってくる最新情報を報じてるね。

↓   ↓   ↓

20minutes – 05/12/2011

*** LIVE : En direct *** Greenpeace s’introduit dans une centrale: «Il n’y a eu aucun dysfonctionnement» à Nogent, selon le directeur du site

BFMTVで、フランス・グリーンピースのソフィア・マジュノニ(Sophia Majnoni)さんが電話インタビュー受けてて、「侵入に必要だった時間は、約15分程度」だったって言ってる。

実際に侵入したのは、彼女ではないけど、実際に侵入した人からの証言を代表して言ってるわけよね。

↓   ↓   ↓

BFMTV – 05/12/2011

同じく今日のBFMTVお昼のニュースで、時事通信社の記事にも出てくる、ノージャンシュルセーヌ(Nogent-sur-Seine)原発の近くから取材報告してる映像。(時事通信社の、この発音の書き方は、ちょっと・・・と思う。あたしは、「ノージェン・シュー・セーヌ」っと書くけどね。フランス語の発音を、日本語の「カタカナ」で書き表すのって時に鬼だわな。)

この特派員の話によると、朝方に侵入したグリーンピースのメンバーは、9人で、全員問題なく外に出されたらしい。で、他にも隠れている人が居ないかと、調査が続けられているってよ。←グリーンピース・フランスのHPの情報によると、この9人の「取り押さえ」がされたのは、11時半ごろ。

↓   ↓   ↓

BFMTV – 05/12/2011

フランス時間=12月5日午後2時付で、どこの原発からとは公表されていないものの、原発に「侵入中」という、グリーンピース・フランスのメンバーの1人の男性のビデオが、グリーンピース・フランスHPの特設ページに投稿されている。

男性からのメッセージ訳

「わたしは、ジュリアン・オンドレ(Julien André)と申します。南フランス在住でコンピューター関係の仕事をしています。フランス国内には58基の原子炉があり、もはや、『原発のリスクとは関係ない安全な所にいる』なんて、誰も言えない状況です。政府は安全だと言っている、リスクは無いんだと・・・ですから、自身で、その政府の言う『安全性』を確認しようと思ったのです。そして、今、こうして某原発の内部に居るんです。(入れたのです。)」

さて、このような状況に対しての、フランス大統領・ニコラ・サルコジの見解は?

“C’est assez irresponsable de prendre des risques avec sa vie et la vie des autres” = 「自身の命をリスクにし、他人の命もリスクに掛けるという無責任な行為だ。」っという事だよ。(ラジオEurope1)

今晩の8時のテレビニュース(France2 – フランス2局)でも取り上げられていたよ。

ノージェン・シュー・セーヌ(Nogent-sur-Seine)原発の所長

↓   ↓   ↓

今日、フランス・グリーンピースが「アクション」を起こした原発の位置。

↓   ↓   ↓

空中を飛ぶ監視カメラ?が、こうして常に監視してるんだって・・・。

↓   ↓   ↓

24時間体制で、こうしてCRS(=フランス共和国保安機動隊)が警備をしているんだって。

↓   ↓   ↓

今回のグリーンピースの活動の件についての報道は、例のジュリアン・オンドレ(Julien André)さんの事で〆られた。まだ、某原発に居るらしいという話だってんで・・・。何処に居るんだろうね?実はコレ、どこかの原発にいますよって言う「演技」かな?って思ったり。コレが、例え「演技」だとしても、多くの人が、「原発に、こんなに簡単に入れるんだったら・・・安全問題とか、管理問題、それからテロ対策・問題などなど、どうなるんだオイイイイイッ!!」っつって、疑問視せざるを得ないからね。ちなみに、ジュリアン・オンドレ(Julien André)さんは1人ではない様子で、「侵入」をしたのは今朝の6時からだそうだよ。

↓   ↓   ↓

続報

夜8時50分にグリーンピースに入ってきた情報で、9時10分発表によると・・・ジュリアン・オンドレ(Julien André)さんを含め2人が「取り押さえ」られたってよ。この2人は、「演技」でも何でもなく、本当に原発に入っていたってよ。

入っていた原発は、クリュアス(Cruas)原発

そういえば、以前、ここの原発のことについて書いたことあったわ。→ この原発の建築デザインが、おどろしい件。

で、先に「取り押さえ」られた9人は釈放されて、最後に見つけられたジュリアン・オンドレ(Julien André)さんと、もう1人の人が「取調べ」を受ける為に警察に引き渡されたらしいよ。

BFMTV – 05/12/2011

追記 2011年12月6日

一晩開けて・・・今日も昼のラジオで、昨日の「グリンピース原発侵入」の件で、報じられてて、こうして、無料で街中とかで手に入る新聞にも記事になってる。

メトロ紙 (http://www.metrofrance.com/)

20minutes紙 (http://www.20minutes.fr/) には、表紙の一面に大きく!!

東京新聞 2011年12月6日

AFP – 05/12/2011

Coup d’éclat de Greenpeace, qui s’est introduit dans des centrales nucléaires

Les gendarmes bloquent l’accès à la centrale nucléaire de Nogent-sur-Seine, le 5 décembre 2011 (AFP, Francois Nascimbeni)

NOGENT-SUR-SEINE — Des militants de Greenpeace ont réussi un coup d’éclat lundi matin en s’introduisant dans plusieurs centrales nucléaires, dont celle de Nogent-sur-Seine (Aube), au sud-est de Paris, posant la question de la sécurité des installations.

Greenpeace a précisé s’être introduit au petit matin dans ces centrales “pour faire passer le message que le nucléaire sûr n’existe pas”.

Vers 11H00, l’organisation indiquait dans un communiqué que les militants étaient cachés dans plusieurs centrales non nommées et qu’ils parvenaient “à se déplacer sur ces sites sans être repérés par les forces de sécurité et les systèmes de surveillance”.

“A ce jeu du chat et de la souris entre autorité qui dispose de moyens colossaux et des citoyens non-violents utilisant des méthodes très simples, il n’y a qu’un seul vrai perdant: le citoyen, qui se pensait à l’abri avec les centrales nucléaires présentées comme les plus sûres du monde”, a souligné Sophia Majnoni, chargée de la campagne nucléaire chez Greenpeace.

Interrogé sur France Info, le ministre de l’Industrie, Eric Besson, a évoqué de possibles “dysfonctionnements” et a avoué sa surprise. Le ministère de l’Intérieur a, lui, ordonné lundi matin une fouille “approfondie” de toutes les centrales et installations nucléaires du pays.

EDF, de son côté, a indiqué que l’équipe de Greenpeace avait été “immédiatement détectée” à Nogent-sur-Seine et que l’intrusion n’avait eu aucune conséquence sur la sécurité des installations. Ces personnes “ont été immédiatement détectées par le dispositif de sécurité et leur cheminement a été suivi en permanence sur le site, sans qu?il soit décidé de faire usage de la force”, selon EDF. En fin de matinée, tous les militants ayant pénétré sur le site de Nogent avaient été interpellés, selon le ministère de l’Intérieur.

Lundi matin, la gendarmerie a signalé des tentatives d’intrusion dans les sites nucléaires du Blayais (Gironde), Chinon (Indre-et-Loire) et Cadarache (Bouches-du-Rhône).

A Chinon et au Blayais, EDF a annoncé que des banderoles avaient été déployées et “immédiatement retirées”, sans préciser si c’était à l’intérieur ou à l’extérieur.

A Nogent-sur-Seine, “une partie des militants a réussi à grimper sur le dôme de l’un des réacteurs, où ils ont déployé une banderole: +le nucléaire sûr n’existe pas+”, a assuré Axel Renaudin, chargé de communication de Greenpeace.

Interrogé par BFMTV-RMC, Henri Guaino, conseiller spécial de Nicolas Sarkozy, a jugé “irresponsable” l’opération de Greenpeace.

“Il va falloir en tirer des conséquences. (…) On ne peut pas permettre que n’importe qui puisse entrer aussi facilement que ça dans une centrale nucléaire. On peut imaginer ce que certains pourraient en faire”, a poursuivi M. Guaino.

L’intrusion de militants de Greenpeace sur des sites nucléaires leur donne “raison” en apportant la preuve qu’il n’y a pas de sécurité totale dans les centrales”, a estimé de son côté le député-maire Europe Ecologie-Les Verts (EELV) de Bègles (Gironde), Noël Mamère.

“Les fameux stress-tests effectués sur les centrales ne sont que des écrans de fumée puisqu’ils ont exclu tout ce qui relève des intrusions extérieures, du terrorisme et du crash d’un avion”, a-t-il indiqué, contacté par l’AFP.

Championne du monde de l’atome, la France tire 75% de son électricité de son parc de 58 réacteurs.

Copyright © 2011 AFP

http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5gS7J8z-0IhLfbdipzBMl7gsu3KWA?docId=CNG.041334299a8e0befb2fed7debf603650.321

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: