拳銃 と 放射能

先日、アホみたいに、ひたすら歩いてたら、数人の子供たちが拳銃やら銃やら持ってケラケラ笑って追いかけあったりとかして遊んでて、あたしも笑って横通り過ぎそうになって、「あああああ、誰かキタ~行け行け、バンバンッ☆ バンバンッ☆」みたいな感じで、あたしは目出度く?襲われて(笑)で、うぎゃあああ助けて~みたいな安い芝居したんだわ、めっちゃウケてたけど相手は。

で、その芝居劇も一段落してさ、またアホみたいに歩き出して、で、歩きながら思ったこと。

あの拳銃は、うん、確かに見るからに安物のプラスチック製だと分かり、ああして安い芝居とかして笑ってられた分けだけど、アレが本物の拳銃だったら・・・恐ろしい光景だよね。← しかも、あたし何発も撃たれとったよね?(笑)

たださ、拳銃が本物でも、玉が入ってないんだったらいいけど、玉が入ってるんだぜ、引いたらマジでバンって行くんだぜ?

オイイイイイイイイイイイッ!! 「直ちに」止めろッ!!ってなるよね?普通の「人間の心」を持ってる人だとさ。

あなただったら、どうする?

はい拳銃、はい本物、はい玉入ってます、何発分も・・・コレをさ、知ってて、目の前で子供が無邪気に遊んでたらさ、放っておく?どうする?

子供も大人も関係ないけど、拳銃突きつけられたら怖いよね、震え上がるよね・・・だけどさ、放射能は、目に見えなくて、匂いもなく、感触もないって・・・透明で、感触のない、玉の入った拳銃が、体の外からも、中からも突きつけられてるって思わない?

でさ、揺らぎなく、誰も今まで否定してないのは、「幼ければ幼いほど、放射能に敏感」でしょ?つまり「子供」は大人の何倍も敏感なんだよね?そこは、誰も否定しないよね?してないよね?

ほら、写真家ウィリアム・クラインの写真をかりて来たわけだけど、見てよ、ほいで想像してよ、この子達が持ってる拳銃が、本物で、玉が入ってるんだってさ、本気でさ。

想像してよ。

今さ、そういう状況になってんじゃねえの?

で、もしかしたら拳銃は本物だとしても、玉が入ってるか、入ってないか、分かんねぇんだったらさ、調べるだろ?「直ちに」さ!!

「ねぇ、そこのボク、君の拳銃には玉は・・・入ってるんだっけ?ま、とりあえず撃ってみてよ。ま、撃ってみて、誰かが血を流したりしたら、調べるとするか・・・。忙しいんだけどね、こっちはさ。」

「えっと、そこの君、君の持ってる拳銃は本物で、玉が入ってるかもしれないから・・・誰かに相談・・・家に帰った時で良いから、お父さんとかお母さんに言って見てもらいなさいよ。おじさんは、仕事時間も終わったから今から帰宅だしさ、じゃああねっ気をつけて帰るんだよ~。ケガするなよ~。」

って、こうさ、暢気に言ってるのが、今の日本政府だと、あたしには思えるんだけどね、違いますか?

じゃぁぁああああああねっ☆

東京新聞 2011年11月28日

東京新聞 2011年11月29日

記事を送ってくださった方に感謝申し上げます☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: