「原子力の侍たち」 – “Les samouraïs de l’atome”

2011年11月20日 フランステレビ、TF1放送 「原子力の侍たち」

放送概要 = 日本で、彼らは「フクシマの侍」と呼ばれる。約2300人の定年退職者が狂った提案をした : 福島原発事故後、リクビダートルたちの代わりに現場へ行き、放射線汚染された瓦礫の撤去、収束作業に当ろうというのだ。何故なら、彼らは年を取っていて、十分に人生を楽しみ、そして政府への信用を失い、それで彼ら、おじいちゃん達が身代わりになって原発事故があったアノ現場の収束作業をしようというのだ。エロディ・パコーズとヴァンソン・レノーは、彼らに着いて進入禁止とされている地帯に入った。そこでは、測定器が、人体に影響を及ぼすといわれるような放射線が計測された。2人は、非常に厳守的で秘密に縛られている原発労働者たちに会い、結果的に彼らは、地獄的状況下にある原発での作業について話をしてくれた。

TF1 – 20/11/2011 “LES SAMOURAÏS DE L’ATOME”

Au Japon, on les a baptisés les Samouraïs de Fukushima. Près de 2 300 retraités ont fait une proposition folle : prendre la place des liquidateurs, chargés d’évacuer les déchets contaminés et de réparer les dégâts, après la catastrophe nucléaire de la centrale de Fukushima. Parce qu’ils sont âgés, que leur vie est derrière eux, parce qu’ils ne font plus confiance aux autorités, ces papys proposent de se sacrifier pour nettoyer le site accidenté. Elodie Pakosz et Vincent Reynaud les ont suivis dans la zone interdite, où les dosimètres s’affolent face à des taux de radioactivité records très dangereux pour l’organisme humain. Ils ont également rencontré des liquidateurs soumis à un secret très strict et qui acceptent malgré tout de raconter leur travail dans l’enfer de la centrale.

横浜市、ノブユキ・トクオさん(63歳)は、福島の原発事故以降、3日ほど眠れず、特に大きな宗教観も持っていなかったが、4日目にお祈りをして(仏教のお経を唱えて)少し落ち着くことが出来た。

それから毎朝お祈りをささげている。

ノブユキさんは、元東電社員で、これは、2003年当時の写真(ノブユキさんは真ん中)。

ノブユキさんは、某発電所の所長だった。

ノブユキさん 「定年退職を迎えた際は、満足感で一杯だったが、今日では、恥ずかしい気持ちで一杯。原子力安全は神話だった。私の様な技術者が、大変な『嘘』に関わってしまったことになる。とにかく収束をさせたい、自分がその為に役に立ちたいと思っているんです。私は、ボランティアで、あの原発の除染作業に関わりたいと思っています。」 ← フランス語から日本語訳。

ノブユキさん 「とにかく現場に行かないと・・・要は、頭の中で何考えてても、ダメっ。」 ← フランス語に吹き替えされなかった部分 = 日本語まんま聞こえた部分。

7月19日、福島県住民と日本政府との間に行われた交渉の模様。

↓    ↓     ↓

字幕 = 「あなた自身、自分で、健康が害されない安全な環境で暮らす権利というのが無いと、お思いですか?」

↑    ↑    ↑

この時の様子を撮影されたビデオは、ココで見れる。(フランス語字幕付)

ビデオタイトル = 日本政府は福島県民を見殺しにする

この辺りでの空間線量 = 毎時0.31マイクロシーベルト

↓   ↓   ↓

矢印→方面 = 「浪江」

J – ヴィレッジの様子、ここには3000人の原発作業員が滞在している。

↓   ↓   ↓

元写真家のミヤギさんが、小さな子ども(歩き出したばかりの赤ちゃん)を持つという原発作業員に、自分たちは「あなたの仕事を奪おうとしているのではなく」、代わりに(シニア原発作業員として)行く事が出来るから考えて下さい、と話している場面。

元科学教授だったヤステル・ヤマダさん(72歳)もボランティアで、シニア原発作業員として、福島第一原発収束作業に行きたいと希望している。

ヤマダさんの立ち上げた活動(シニア原発収束作業員)に2600人の人が集まってきている。

ヤマダさんは、毎週金曜日に「化学講座」を、シニア原発収束作業員希望者向けに開いている。

ヤマダさんは、東電に現原発作業員の給料の10分の1に当る、日給40ユーロでも良いので、作業員として行きたいと希望を申し入れた。

40ユーロ = 約4000円

その為には、健康に問題がないという事も必要な条件だった。

医者 「気持ちは分かり、尊重をするが、原発で作業するのはお勧めできない。」

元出版会社職員、シノブ・ナイトウさん(63歳)は25年もスポーツをしたことないが、原発収束作業員として役に立ち働きたいと思い、スポーツクラブに通い身体を鍛え、エレベーターではなく階段を使用するようになった。

毎日ネットで情報を見たり、ふくいちライブカメラで生の現状を追ったりしている。

30キロ圏内に入った所での空間線量、ミヤギさんが運転する車内で毎時2.33マイクロシーベルト。

約30キロ圏内、空間線量、毎時4.73マイクロシーベルト、この辺りで。

↓    ↓    ↓

レポーター 「チェルノブイリでは、毎時2マイクロシールトで住民は避難をした(させられた)が、驚くことにココで生活をしている人々に出会った。」

自宅に帰ってきて生活をしている人が3人(高齢者)いた。 ← 地名は具体的に言われなかったけど、映像の流れから言って、飯舘村だと思われる。← だとすると、原発から30キロ圏辺りと報道されているけど、45キロ圏だよね。

2人の写真家、カズマ・オバラさんと、ミヤギさん。

オバラさんは作業員として原発に入り、写真を撮って来たので、その写真をミヤギさんに見せている場面。

カズマ・オバラさん=小原一真さんは、ドイツZDFから取材されてた方ね。→ ドイツ国営放送ZDF報道

小原一真HP = http://kazumaobara.com/

村に戻って暮らしているという、お年寄りの女性の家の庭で線量を測ると・・・。

↓    ↓    ↓

ミヤギさんのガイガーカウンターは振り切れた。

オバラさんのガイガーカウンターでは?

↓     ↓     ↓

毎時16.76マイクロシーベルト、後に、毎時18.73マイクロシーベルト位まで上がった。

ミヤギさんが買った、福島産と記されていたキャベツの計測結果画面。

キャベツの計測結果は約40ベクレルだったと、ナレーション有。

お兄さん 「サンプルとして持ち込まれた土が、5万8000ベクレルというのもありました。野菜では、400~500ベクレルトいうのもあった場合はありましたね。」 ← 日本語で300って聞こえたんだけどな・・・フランス語吹き替えとズレがあるような・・・。

ミヤギさんが持ち込んだ、野菜3種類の放射性物質計測費用 = 89ユーロ = 約9000円

東京

さて、ミヤギさんが購入し放射性物質計測器にかけた結果、福島産っと記されてあったキャベツは、1キログラムあたり40ベクレルという結果が出たとナレーションされていたわけだけど、この1キログラムあたり40ベクレルという値に対して、言及している人がいるのを見かけた。

それは、医師で、長野県松本市の市長である、菅谷昭(すげのや・あきら)氏。

以下の記事、松本市市長の話だと、「原則として1キログラムあたり40ベクレルを超える食品は給食で使わないようにしています。」っと、独自の基準を設けているそうだよ。

東京新聞 2011年11月20日付

追記

朝日新聞 2011年12月1日

給食に放射能基準 1キロ40ベクレル 東日本17都県

文部科学省は30日、小中学校の給食に含まれる放射性物質を「1キログラムあたり40ベクレル以下」とする安全の目安を定め、東日本の17都県の教育委員会に通知した。給食について文科省が目安を示すのは初めて。国費の補助で測定機器を購入して検査結果を公表することを求めており、事実上の基準となる。

食品の放射性セシウムによる内部被曝(ひばく)の許容線量については、厚生労働省が現行の年間5ミリシーベルトから1ミリシーベルトへ5倍厳しくする方向で検討している。文科省が今回給食の目安を決めたのは、この基準見直しを見越した措置だ。

現行の暫定基準は、飲料水や牛乳・乳製品で1キロあたり200ベクレル、野菜や肉、魚、穀類は500ベクレルだが、文科省は「安全サイドに立ち、厳しい方(200ベクレル)の5分の1の数値を採用した」と説明している。調理前の食材を品目ごとに検査することを想定している。

http://www.asahi.com/national/update/1201/TKY201111300868.html


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: