園田康博氏によるパフォーマンス : 「真実一路」 – Performance de Mr. Yasuhiro Sonoda : “Chemin de la sincérité”

園田康博氏 「真実一路」

Mr. Yasuhiro Sonoda “Chemin de la sincérité”

いつ? = 2011年10月31日(月曜日)

QUAND? = lundi 31 octobre 2011

誰が? = 園田康博内閣府政務官

QUI? = Mr. Yasuhiro Sonoda, un membre du Parlement nippon en charge de la crise de Fukushima

何処で?= 日本政府と東電の統合対策室の定例記者会見、東京・内幸町の東電本店

OU? = Conférence de presse du gouvernement japonais et TEPCO au siège social de TEPCO à Tokyo

何を? = 現在敷地内に散布している、福島第一原発5、6号機の建屋地下水を浄化した水(2011年10月22日に処理水のタンクから採取された水)

QUOI? = L’eau traitée des réacteur n°5 et N°6 de la centrale nucléaire de Fukushima-Daiichi (cette eau a été recueillie le 22 octobre 2011)

どうした?= 飲んだ。

COMMENT? = Mr. Yasuhiro Sonoda a bu un verre de cette eau.

園田康博内閣府政務官のコメント = 「水を飲む行為で安全性が確認されるというよりは、飲む行為を見て安全と納得してもらえるならと思った。」 (時事通信社記事より引用)

Commentaire de Mr. Yasuhiro Sonoda : “Je pense plutôt que de confirmer la sécurité par un acte de boire cette eau, cela sera plus convaincant par le fait que les publics voient l’acte de boire” (Jiji Press)

園田康博内閣府政務官のコメント = 「私が(処理水を)飲むことによって安全性が確認されたとは思っていない。パフォーマンスといわれることは本意ではない」、「飲めるレベルの水であるということを言いたかった」 (産経ニュース記事引用)

Commentaire de Mr. Yasuhiro Sonoda : “Je ne pense pas que le fait que je boive cette eau confirmera de la sureté”, “Je voudrais affirmer que cette eau est potable” (The Sankei Shimbun)

東京電力の見解 = 「5、6号機建屋の地下水はほとんどが津波による海水。樹木の自然発火や粉じん飛散防止のため、放射性物質を取り除いて安全性を確認した上で10月7日から散水している。5、6号機は1~3号機と異なり、炉心溶融などは起きていない。」 (時事通信社記事より引用)

Commentaire de TEPCO : “La plupart des eaux accumulées dans des unités souterraines des réacteurs n°5 et n°6 provient du tsunami. Depuis le 7 octobre, nous utilisons cette eau après avoir confirmé la sureté de cette eau pour arroser afin d’éviter la combustion spontanée d’arbres et de la dispersion de la poussière des arbres autour des bâtiments” (Jiji Press)

ANN News – 31/10/2011

Le parlementaire et secrétaire au sein du gouvernement japonais Yasuhiro Sonoda a bu un verre d’eau provenant de l’intérieur de la centrale nucléaire de Fukushima. Son objectif était de faire constater l’efficacité du système de décontamination aux journalistes qui lui demandaient des preuves de la sûreté de la zone autour de Fukushima-Daiichi. Visiblement nerveux, l’homme politique s’est exécuté devant les caméras de télévision. “Le simple fait de boire [cette eau décontaminée] ne signifie pas que la sûreté est confirmée, j’en suis conscient, a-t-il nuancé. Le meilleur moyen est de fournir des données au public.” (Le Monde – 01/11/2011)

TBS News – 31/10/2011

↑    ↑    ↑

うんわああああああ、この映像、TBSは載せて直ぐ速攻消したけど、なんでえええ?ま、いいよ、下に記事(ニュースで読まれた記事=原稿)をまんま載せておくからぁ。それにしても、こんな風に報道しておいて直ぐに消すって怪しい匂いがプンプンするだけなんだけどぉっ!!

写真 : 産経ニュース読売新聞Photos :  The Sankei Shimbun, The Yomiuri Shimbun

TBS News 2011年10月31日

細野原発担当大臣を補佐する内閣府の園田康博政務官が飲んでいるのは福島第一原発5、6号機に溜まっていたとされる水です。

5、6号機は深刻な事故は免れたものの、津波で押し寄せた海水や事故後に亀裂から流入した地下水が建屋の中に溜まっていて、東京電力では、この水を処理した上で、10月から発電所の敷地内に散水しています。

東京電力は「放射性物質の濃度は検出できない低さだ」と説明してきましたが、政府と東京電力の統合会見では、この水の安全性について質問が相次ぎ、フリーの記者数名が繰り返し、この水を飲むことを迫っていました。

東京電力は31日、改めて水の分析結果を示しましたが、セシウム137が1リットルあたり1.4ベクレル以下であるなど、海水浴場の水質基準よりも低いということです。(31日21:38)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4865758.html

時事通信社 2011年10月31日

散布の浄化水飲む=園田政務官「安全納得を」

東京電力福島第1原発事故で、園田康博内閣府政務官は31日、政府と東電の統合対策室の定例記者会見で、現在敷地内に散布している5、6号機の建屋地下水を浄化した水を飲んだ。安全性を主張する政府・東電に対し、一部の報道陣から浄化水を飲むよう要望が出ていた。

東電によると5、6号機建屋の地下水はほとんどが津波による海水。樹木の自然発火や粉じん飛散防止のため、放射性物質を取り除いて安全性を確認した上で10月7日から散水している。5、6号機は1~3号機と異なり、炉心溶融などは起きていない。

園田政務官が飲んだ水は、放射性ヨウ素や同セシウムなどが検出限界値未満で、水質検査でも問題はなかったという。政務官は「水を飲む行為で安全性が確認されるというよりは、飲む行為を見て安全と納得してもらえるならと思った」と話した。(2011/10/31-18:20)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011103100777

産経ニュース 2011年10月31日

園田政務官、福島第1原発の処理水を飲み干す「パフォーマンスではない!」

内閣府の園田康博政務官は31日、政府・東京電力の統合対策室の合同会見で、福島第1原発5、6号機から出た低濃度汚染水を浄化した処理水について、「安全が確認されている」と述べ、報道陣の前で処理水をコップに入れて一気に飲み干した。

会見で政治家のパフォーマンスではないかと指摘された園田政務官は「私が(処理水を)飲むことによって安全性が確認されたとは思っていない。パフォーマンスといわれることは本意ではない」と釈明。「飲めるレベルの水であるということを言いたかった」と強調した。

東電によると、この水は5、6号機から出た低濃度汚染水を浄化処理したもので、原発事故の収束作業の際に伐採した樹木が腐り自然発火することを予防するため樹木に散布されている。園田政務官が飲んだ水は、今月22日に処理水のタンクから採取され、放射性物質のヨウ素131やセシウム134、137はいずれも検出限界未満(ND)だったことを確認しているという。

ただ、タンクに保管していたことから「一般の雑菌」(園田政務官)が混入しているとして、煮沸消毒したものを用意したとしている。

政治家が農産物の安全性を示すために報道陣の前で野菜や魚介類を食すパフォーマンスを演じたことは過去にもあるが、福島第1原発で処理された水を飲むという今回のパフォーマンスは波紋を広げそうだ。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111031/dst11103117570012-n1.htm

2011年10月13日の政府・東京電力合同記者会見 (低濃度汚染水、5・6号機の溜水について)

パフォーマンスとは?

(1)実行。遂行。←の文脈では、実行によるその成果、成績を指すこともある。

(2)演奏。演技。特に現代芸術で,肉体を用いた表現形態。

(3)街頭などで突発的に行う演劇表現。

(4)コンピューターで,処理を実行する能力。性能。

三省堂提供「デイリー 新語辞典」より

(参照 ココ)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: