前原誠司氏 「不満が残る人に配慮して物事を決めないのであれば政策は前に進まない。」

前原誠司氏 :  「不満が残る人に配慮して物事を決めないのであれば政策は前に進まない。」

3月11日以降、「原子力」、「原発」、「電力」・・・その他もろもろ利権でギラギラしておる社会の、あんな所や、こんな所、で、あっちゃもこっちゃも・・・色々と今まで見えてこなかった部分が凄い勢いで見えてきて、見えてこないのは放射能だけ?って思える程なんだけど・・・。

前原誠司氏の言葉は、とりあえず「原発」とは関係ない?TPP=環太平洋パートナーシップ協定に関しての発言なんだけど、「不満が残る人」って言うけどさ、今さ、原発、原発事故、事故後の政府の対処っていうか態度等に対して、「不満」が爆発している人々が沢山居るよね。

原発問題でも、「不満が残る人に配慮して物事を決めないのであれば政策は前に進まない。」っつってさ、国民の声を少しでも聞いてよ・・・って、先ずは真剣に被災者の声を聞いて、政治家としてではなく、1人の同じ人間として聞いてよね。

国民投票しようよっ! 1人1票! —–>>>  みんなで決めよう「原発」国民投票

では、この前原誠司氏の「原発感」はどうなんだ?「国民投票」については何を思う人なんだ?

あは・・・そうなんだ・・・ほらね、見てよ、下に載せた朝日新聞の記事。

どうやら、「原発問題」になると、不満が残る人に配慮して物事を決めるつもりは、さらさら無く、「国民投票」は「こわい」もので、その「こわい」理由というのは、「前提も注釈もなしに、国民の意思をイエスかノーかに単純化してしまう」からだと言い、結局は国民の声など聞く気など全くない人ではないのだと良く分かるのではないだろうか?

原発事故が実際に起きて、収束も付かず、避難したくても出来ていない人が居て、避難したけど補償が全く受けれず酷い生活を押し付けられている人々、家族・家・仕事・資金・生まれ育った地・近所付き合い・畑・農地・家畜・自分の部屋・写真アルバム・好きだった洋服や靴・初めて貰って大事にしてたラブレター・通ってた学校・教室・ロッカーに秘密に隠してたもの・育ててた植物・飼ってた動物・成人式の思い出が詰まった着物、実は3月11日夕方に告白するはずだったタイミング、本棚の後ろに隠してたヘソクリ・・・などなど、あたし達の想像も付かない場所で、想像も付かない人々が、想像も付かないほどの何かを一気に奪われ、失くして、戻りたいけど戻れないっていう状況になっている中、原発問題に「イエスかノーかの二元論で決められるでしょうか。」っと、寝ぼけたことを言ってらっしゃる!!!

こんな人の、  「不満が残る人に配慮して物事を決めないのであれば政策は前に進まない。」っという言う言葉を、あなたは、どう受け止める?

国民って言うか、人間1人1人が意見を言う権利はあるよ、意見表明する=投票するっていうのは、これは「権利」だよっ大事な「権利」だよっ!!!!

朝日新聞 2011年7月6日 「争論 原発を国民投票で問う」

NHKニュース 2011年10月29日

前原氏 TPP意見集約に決意示す

民主党の前原政策調査会長は、長野県・軽井沢町で開いたみずからの議員グループの研修会であいさつし、TPP=環太平洋パートナーシップ協定への対応を念頭に、「物事を決めないのであれば、与党としての責任を果たせない」と述べ、党内の意見集約に向けた決意を示しました。

前原政策調査会長の議員グループの研修会は、28日から2日間の日程で開かれ、仙谷政策調査会長代行や福山前官房副長官らおよそ30人の国会議員が出席しました。この中で前原氏は、TPP交渉への参加の是非を巡る党内の意見対立が激しくなっていることを念頭に、「不満が残る人に配慮して物事を決めないのであれば政策は前に進まない。それでは責任政党といえず、与党としての責任も果たせない」と述べ、党内の意見集約に向けた決意を示しました。前原氏のグループの研修会は、若手議員の要望を受けて3年ぶりに開かれました。その背景には、世論調査で高い支持を得ながらも、先の代表選挙では支持が広がらなかったことに対する危機感もあるものとみられ、前原氏は「国の将来に責任を持つという思いを共有し、共に活動していきたい」と結束を呼びかけました。ただ、党内では、前原氏の「TPPの交渉に参加しても撤退できる」といった発言などを例に挙げて、「根回しもなく突出した言動が目立つ」といった批判も出ています。前原氏としては、党の政策責任者として政策を着実に推進していくことで存在感を示したい考えで、まずは、TPPを巡る意見集約に向けてその手腕が問われることになります。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111029/t10013598921000.html

BS11 “報道原人” 2011年10月1日

日本で「国民投票」はできるのか? 原発国民投票 

政治が迷走する中、政治家に代わって国の大きな問題を国民が直接選択する方法として国民投票が注目される。イタリアで原発再開の是非を問う国民投票が実施されたのは記憶に新しいが、果たして日本で国民投票は可能なのか? 欧州の国民投票や日本の住民投票などを取材してきたジャーナリストの今井一氏に、国民投票とは何かを聞く。

Advertisements

2 responses to “前原誠司氏 「不満が残る人に配慮して物事を決めないのであれば政策は前に進まない。」

  • 村野瀬玲奈

    TPPには慎重であるべきだと考えます。イエスかノーか、白か黒かという二元論には、危うさがあるからです。TPPは、情報も試算もなしに、国民の意思をイエスかノーかに単純化してしまうからです。 >マエハラシ

    マエハラシはすごいジコチュー政治家だと、彼の原発政策に対する態度とTPPに対する態度を見て思いました。

  • onaironaironair

    こらぁあああああっっっマエハラシ——–ッ!!! 

    「危うさがあるから」ってさ、そう言ってる、ア・ナ・タが「危うさ」満載だよぉぉおおおっ!!!

    あ、村野瀬さんでした?え?あれ?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: