福島 : 海へのセシウム137放出量、最高値記録 = 2.71京ベクレル – Fukushima : rejets de césium137 en mer = 27 millions de milliards de becquerels

今日読んだ、2011年10月27日付のル・モンド紙からメモったことぉ。

記事タイトルは、「福島 : 海への放射性物質各種放出量、最高値記録」だよ。

● 10月27日(木)、フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)の発表によると、福島第一原発事故により、海水に放出されたセシウム137 = 約27000000000000000ベクレル ← (超注意) この数値の件について、下に追記を書いたので、ソコも必ず読んでください☆ ← 数値の件、解決しました、約「2.71京ベクレル(京は兆の1万倍)」だそうです。(情報元 AFP通信社記事2011年10月28日付より。記事は下の方にあります。) ちなみに、「1京」は万数式だと、1016 と記すのだそうです。

● フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)の見解 「この検出結果は、放射線防護原子力安全研究所(IRSN)が7月に予測したものの約2倍で、東京電力が7月に予測し発表したものの20倍に当る。」

● セシウム137の放出量 = 約2.71京ベクレル、この検出結果は、3月21日から7月中旬までに放出されたとするもので、その内の82パーセントは4月8日以前に放出されたと思われる。

● 強力な海水の流れのおかげで、放出された放射性物質各種は、福島海岸沖から離れた場所に早めに分散された。

● 1リットルの海水につきセシウムは0.004ベクレル = 1960年代の核実験の後の検出に比べて約2倍。

● フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は、「公海上、沿岸に放射線の影響は見られないレベル」としながらも、「原発付近の沿岸沿いの汚染状況は時間をかけて持続する」っと発表。

● セシウム137の半減期は30年で、セシウム137の影響を受けやすい魚介類の食物連鎖反応や、海底生物などの継続的調査の必要がある。

っという事だったよ。

あわわわ・・・海水に放出されたセシウム137 = 約27000000000000000ベクレルって、0が15個・・・もう分け分からんっ!!!

でさ、これが、3月21日から7月中旬までのものだから、実際には、これ以上の放出があったと予測される分けで、しかも、放出されたのは、セシウム137だけではないんだと、もう、どうなんのよ、これ・・・。

あとさ、福島県水産課は「釣りは自己責任で」って言ってるらしいんだけど・・・大丈夫か?

ちょっと、暴れてくるぅぅううううううっっっ!!!!!

追記

その後、フランス防護原子力安全研究所(IRSN)のサイトを見に行ったら、例の発表があって、27.1015 Bqって書いてあったから、これは、27万1015ベクレル・・・だよね?え?それだと少ないんでしょ?悲しいかな・・・コレを「少ないんでしょ?」って、言わなきゃいけない状況って一体っ!! ←やっぱ違うわ、だって、27.1015 Bqの点=「.」の位置が明らかに普通じゃないもんね・・・。

フランス語では(ル・モンド紙には)、27 millions de milliards ベクレルって書いてあるんだよね。

もう、数値が数値なだけに、ココをハッキリさせたいんやけど・・・なんだ、これ?? ← 日本で言う、2.71京ベクレル(京は兆の1万倍)なんですって!! (参照 ココ)

ところで、ル・モンド紙には書かれてなかったけど、フランス防護原子力安全研究所(IRSN)のサイトにあった発表には、ストロンチウム90やプルトニウムの検出は、検出結果としてハッキリ出なかったんだってさ・・・。

これ、見た?

NHKニュースウォッチ9 2011年10月26日

「確率的殺人に加担したくない」福島の漁師・新妻竹彦さんの苦渋の選択

AFP通信社 2011年10月28日 発信地:パリ/フランス

福島原発から海に流出したセシウム、2.71京ベクレル 仏調査

【10月28日 AFP】フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は27日、福島第1原子力発電所の事故で3月21日から7月半ばまでに海に流出した放射性セシウム137の総量が2.71京ベクレル(京は兆の1万倍)だったとする報告書を発表した。1回の事故による海の核汚染としては過去最悪だという。

セシウム総量の82%は、原子炉を冷却するための放水により、4月8日よりも前に流れ出した分。放射性ヨウ素131も大量に流出した。

ヨウ素は半減期が8日と短いため、汚染は短期間で解消された。一方、半減期が30年と長いセシウムも、海流により大幅に希釈された。太平洋全体で見ても、セシウムは強力な海流によって希釈され、1リットル当たり0.004ベクレルの濃度で落ち着くとみられるという。

■福島近海でのモニタリングは今後も必要

報告書は「この濃度であれば、放射線安全管理の観点からの脅威は何もない」と述べる一方で、福島第1原発に近い沿岸部では、汚染された雨水の流出が続いていることもあり、深刻な汚染が持続する恐れがあると指摘。「福島の近海で海洋生物のモニタリングを継続して行う必要がある」と述べている。

また、セシウム汚染の影響を最も受けやすい海洋生物として、深海魚や軟体動物、海の食物連鎖の最上位にいる魚などを挙げている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2837858/8001194?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

Le Monde (AFP) – 27/10/2011

Fukushima : rejets record d’éléments radioactifs en mer

Une très forte contamination radioactive du milieu marin s’est produite après l’accident dans la centrale japonaise de Fukushima, avec des rejets de césium 137 estimés à 27 millions de milliards de becquerels, a indiqué jeudi 27 octobre l’Institut de radioprotection et de sûreté nucléaire (IRSN).

“Ce rejet radioactif en mer représente le plus important apport ponctuel de radionucléides artificiels pour le milieu marin jamais observé”, relève l’IRSN. “Ce résultat est environ deux fois plus élevé que celui estimé par l’IRSN en juillet et vingt fois plus important que l’estimation faite par l’opérateur japonais Tepco, publiée en juin”, précise l’institut français dans une note d’information.

Il estime que sur la quantité totale de césium 137 rejeté directement en mer du 21 mars jusqu’à mi-juillet, de 27 millions de milliards de becquerels, l’essentiel (82 %) a été rejeté avant le 8 avril.

EAUX CONTAMINÉES ÉLOIGNÉES VERS LE LARGE

Grâce à un des courants marins les plus forts du globe, les eaux contaminées ont toutefois été rapidement éloignées vers le large. “La localisation de Fukushima a permis une dispersion des radionucléides exceptionnelle”, souligne l’IRSN.

Diluée dans l’ensemble du Pacifique, l’importante quantité de césium 137 déversée ne devrait au final conduire qu’à des concentrations de 0,004 becquerel par litre, deux fois plus que les retombées des essais nucléaires atmosphériques des années 1960.

SURVEILLANCE DES ESPÈCES MARINES PÊCHÉES

D’après les mesures dans les sédiments côtiers et l’eau de mer, “les concentrations ne devraient pas avoir d’impact en termes de radioprotection”, sur les poissons vivant en haute mer. Cependant, ajoute l’IRSN, une “pollution significative de l’eau de mer sur le littoral proche de la centrale accidentée pourrait persister dans le temps”, à cause notamment du ruissellement des eaux de surface sur les sols contaminés.

“Les organismes benthiques [vivant près des fonds marins] ainsi que les poissons au sommet de la chaîne alimentaire”, sont, dans la durée, les plus sensibles à la pollution au césium, relève l’IRSN, invitant à poursuivre une surveillance des espèces marines pêchées dans les eaux côtières. La radioactivité du césium 137 diminue de moitié tous les trente ans.

http://www.lemonde.fr/planete/article/2011/10/27/fukushima-rejets-records-d-elements-radioactifs-en-mer_1595116_3244.html

漁港 「鮪 マグロ節」 (2004年)

Gyokô “Maguro (Thon)” (2004)

映画 「あの夏、いちばん静かな海。」 (1991年) 監督 北野武

Film : “A Scene at the Sea” (1991) de Takeshi Kitano

追記

東京新聞 2011年11月23日

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: