仏・フィヨン首相と野田総理大臣 「原子力安全強化宣言」 – Fillon et Noda : “l’importance de l’indépendance des autorités de sûreté”

今週の土曜日、日曜日と来日してたフランス首相フランソワ・フィヨン氏、今日予定通り、シナリオ通り、野田首相と会って、一緒に「原子力安全強化宣言」をしてたね。

フィヨン氏は、宮城県石巻市を訪れて、「復興」のために援助することを力強く宣言し誓ってきたわけだけど・・・福島県には一歩も寄らずに、東京で会談したんか?

10月20日発表の日本政府外務省の報道・広報プレスリリースによると、フィヨン氏は福島県には足を踏み入れてないっと分かった。

以下、外務省から引用しておくけど、発表は10月20日付けなんだけど、URLアドレスからは、この情報が10月23日にアップされているものだと理解していいと思う。

えっと、フィヨン氏の来日は22、23日だったんだけど、こういう情報も、後出しで広報してるとしたら・・・これ、「広報」って呼べるものか??

フランソワ・フィヨン・フランス共和国首相の来日 平成23年10月20日

10月22日(土曜日)から23日(日曜日)まで,フランソワ・フィヨン・フランス共和国首相(H.E. Mr. Franois Fillon, Prime Minister of the French Republic)が,随員と共に実務訪問賓客として来日します。

フィヨン首相は,本邦滞在中,野田佳彦内閣総理大臣と会談し,日仏二国間関係やG20をはじめとする国際的課題等につき意見交換を行う予定です。また,フィヨン首相は,宮城県石巻市において,東日本大震災の被災地を訪問し,フランスによる連帯の意思を表明する予定です。

(参考)
フィヨン首相の我が国訪問は5回目(首相としては3回目)。前回訪問は,平成22年7月。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/23/10/1020_02.html

で、NHKも伝えていた通り、「来月初めにフランスで開かれるG20に向けて、両国が協力していくことで一致しました。」ってことで・・・結局は、フランスを代表して訪問したフィヨン氏が「釘」を事前に指しに来たわけだわな。

いわゆる、「はい、今後も原発続けましょうね、今後もフランス原発産業界の大事なお客様で居てくださいね、ま、分かっとるとは思うが、原発止めるとか、何があっても言うなよ、気合入れて原発の安全強化に取り組むぞ、その為には、全力で協力するぞ、じゃぁ~な。」って事だと、あたしは理解する。

で、この「原子力安全強化」は、今に始まったことではなく、それなりに準備がなされて既に確定されて、シナリオあっての「原子力安全強化宣言」だったという事ね。

津波の被害が非常に大きかった宮城県石巻市を訪ねて、「復興援助します。」っと大宣言しているフィヨン氏だけど、コレってさ、ある意味「取引」っぽくね?って思うんだけど・・・G20直前に訪日して来てさ・・・。

つまり、「復興の援助をするよ、一生懸命するよ、だから原発続けようね☆ 原子力安全強化に全力上げて行くぞぉ~気合入れて推進するぞ~!! 原発廃止とか有り得んぞ~!! 分かったかぁ~?!! じゃ、今度のG20で再会しような、台本シッカリ練習してさぁ~☆」っていう、「条件付」の「被災地援助」なんではないか?っと思えてくるわいっ!!

NHKニュース 2011年10月23日

原子力安全強化へ 日仏共同宣言


野田総理大臣は、23日、総理大臣官邸でフランスのフィヨン首相と会談し、両首脳は、原子力事故が発生した際に、当事国の取り組みを支援する国際緊急対応チームの創設を検討することなどを盛り込んだ、原子力の安全強化に向けた共同宣言を発表しました。

会談で、野田総理大臣とフィヨン首相は、東京電力福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、「原子力発電の安全性を世界最高水準に高めることが重要だ」として、除染の分野などで協力を進めることを確認しました。

そして原子力事故が発生した際に、現場に速やかに派遣して当事国の取り組みを支援する国際緊急対応チームの創設を検討することや、原子力エネルギーに関する両国の協力を強化するための委員会を設立することなどを盛り込んだ共同宣言をまとめ、記者会見で発表しました。

また会談で、ギリシャの財政問題に端を発したヨーロッパの信用不安への対応について、野田総理大臣が、「欧州の債務問題は喫緊の課題であり、協力していきたい」と述べたのに対し、フィヨン首相は、「ギリシャ支援のための決定的な措置を準備している」と述べ、来月初めにフランスで開かれるG20に向けて、両国が協力していくことで一致しました。

さらに両首脳は、日本とEU=ヨーロッパ連合のEPA=経済連携協定の締結に向けて協力することや、両国の政府間で交換する外交や安全保障分野などの機密情報を適切に保護するための包括的な協定を締結することも確認しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111023/t10013448521000.html

AFP – 23/10/2011

Fukushima: Tokyo et Paris vont accroître leur collaboration pour décontaminer la zone

Le Premier ministre François Fillon (G) et son homologue japonais Yoshihiko Noda, le 23 octobre 2011 à Tokyo (AFP, Yoshikazu Tsuno)

TOKYO — Les Premiers ministres japonais et français, Yoshihiko Noda et François Fillon, ont décidé dimanche à Tokyo de “collaborer davantage” pour décontaminer les zones touchées par la catastrophe nucléaire de Fukushima.

Les deux chefs de gouvernement se sont entretenus notamment du sommet du G20 début novembre en France, jugé vital pour l’économie mondiale, et de la collaboration entre la France et le Japon après la catastrophe nucléaire de Fukushima en mars dernier.

Dans une déclaration commune, les deux hommes ont affirmé la volonté des deux pays de “collaborer davantage dans les domaines tels que la décontamination des zones affectées par l’accident” nucléaire et affiché la nécessité d’une “transparence totale sur ce sujet”.

MM. Noda et Fillon ont en particulier “souligné l’importance vitale de la mise en oeuvre des plus hauts niveaux de sûreté dans le domaine nucléaire”. Ils ont à cet égard pointé “l’importance de l’indépendance des autorités de sûreté” nucléaire et d’une “revue périodique et systématique par des pairs de la sûreté des installations nucléaires”.

Les deux chefs de gouvernement veulent en outre “promouvoir les plus hauts niveaux de sûreté partout dans le monde en renforçant la coopération internationale en termes de normes, de pratiques de sûreté, de gestion des crises, de formation et de transparence”.

Le Japon, frappé par une des pires catastrophes nucléaires de l’histoire, pourrait en outre s’inspirer des évaluations de sûreté (“stress tests”) mises au point par la France.

Les deux hommes ont également évoqué le prochain sommet du G20 début novembre à Cannes (France) au cours duquel les 20 pays les plus industrialisés veulent améliorer la coordination des politiques monétaires et lutter contre la volatilité des prix des matières premières.

Mais le succès de ce futur sommet dépend d’un éventuel accord au sein de l’Union européenne, dimanche et mercredi, a rappelé M. Fillon.

Le Premier ministre français a d’ailleurs “remercié le Japon pour sa participation à hauteur de 20% du FESF”, le Fonds européen de stabilité financière au centre des discussions entre pays européens.

Il a également souligné l’accord entre Paris et Tokyo pour lutter contre les “tentations protectionnistes et de nationalisme” qui traversent certains pays frappés par la crise.

Copyright © 2011 AFP.

http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5gCAhxhN4Mrpy0QP1WVgpb3haFuaA?docId=CNG.223a31eac8f71f30aaa6b0b6f4b18d8d.251

日仏合作映画 「ユキとニナ」 (2009年) 監督 イポリット・ジラルド、諏訪敦彦

Film franço-japonais : “Yuki et Nina” (2009) de Hippolyte Girardot et Nobuhiro Suwa

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: