澤昭裕氏 「日本は原子力技術の維持・改善をするべきだ」 – Mr. Akihiro Sawa “Le Japon doit maintenir et améliorer ses technologies dans le domaine de l’énergie nucléaire”

今日、21世紀政策研究所(東京都千代田区)の澤昭裕研究主幹という人の話題を、日本語とフランス語で読んだ。

澤昭裕氏 – Mr.Hiroaki Sawa

記事になったのは、この澤昭裕氏が書いた3ページの資料?が元で、タイトルは Japan should maintain its nuclear power technologies ・「日本のエネルギー政策における「原子力技術の維持・改善」の重要性」っという事らしいよ。

で、この澤昭裕という人は、国際環境経済研究所所長・副理事長でもあるらしく、国際環境経済研究所HPには、「特集 徹底討論~震災後のエネルギー環境政策を問う」というのがあって、そこには、澤さん著の「主旨」があった。

で、そこから一部抜粋すると、こんな事が書かれてある。

「目の前にある深刻な問題、たとえば福島原発の事故処理、計画停電などのさなかに、中長期的な論点を議論することは憚られるという世の中の雰囲気は十分認識しています。しかしながら、今だからこそ、平素よりこうした政策や技術をそれぞれ立場から企画・実施・研究されてきておられる方々の英知と見識を世に発信していくべきではないかと思い至りました。」

この澤昭裕氏の「日本は原子力技術の維持・改善をするべきだ」っとの言及を寄り、明確にするのは、「今だからこそ、平素よりこうした政策や技術をそれぞれ立場から企画・実施・研究されてきておられる方々の英知と見識を世に発信していくべき」だな。

この人は、原発事故を、「政策や技術」の立場・面から見ているんだと、良く分かった。

そして、コンナ今だからこそ、「原子力を維持し、改善し、世界に原子力の技術を伝えて行く必要がある」んだとさ。

同じく国際環境経済研究所HPで、「原子力利用について」書いてらっしゃる(2011年5月24日付) 、山口光恒(東京大学先端科学技術研究センター特任教授)さんなんだけど

山口さんは、原発事故後の枝野幸男官房長官を批判しながらも、最終的には、原発事故と自動車や飛行機の事故と比較して、「原子力に限らず、従来の日本のリスク管理は安全か安全でないか、つまりONかOFFの2者択一という考え方が強い。しかし考えるまでもなく、絶対安全、すなわちリスクゼロはあり得ない。」と述べた後、「こうした乗り物に乗るのは「安全」ではないのである。しかし、人々はこれらを利用している。それはリスクを認識しつつも、それを利用する便益が上回ると考えるからである。」っとの結論に至っている。

「リスクを認識しつつも、それを利用する便益が上回ると考える」・・・そう考えてるのは、こういう人々なんだと、良く分かった。

そして、「ONかOFFの2者択一という考え方」を批判してらっしゃるようだけど・・・今、原発や原子力にOFFしないと、いつOFFするんですかぁああああ?

それから、「また、たとえ自治体として受け入れに賛同しても、住民の中には反対の人がいることも事実である。さらに原子力の場合には、深刻な事故の発生確率は極めて小さいが、一方で、万一発生した際の損害が甚大で広範囲にわたるという特殊な面がある。とはいえ、これにより原子力発電を直ちにやめるというのは、あまりにも情緒的対応である。」って言ってるけど、コレじゃぁ、「自治体=常に原発に賛成」みたいに聞こえるけどね、どうなんだ?自治体にも「原発に断固反対」の人間は居るがなぁっ!!!!!!

で、この期に及んでも原発を推進し、「原子力発電を直ちにやめるというのは、あまりにも情緒的」だとよ・・・わらかすなっ!!! 寝ぼけた事言ってんじゃねぇよっ!!!

あとさ、日本語の記事で読んだのは、時事通信社の記事だから時事通信社にツッコミ入れるけどさ、なんなの、この記事っていうか、この情報の出し惜しみ加減・・・腹たって泣きたくなるわいっ!!

「澤昭裕研究主幹が、今後の日本のエネルギー政策における「原子力技術の維持・改善」の重要性についての提言書を発表した。」んでしょ?

で、記事の最後に強調して、【注】まで付けて、「この記事はビジネスワイヤ提供。原文はwww.businesswire.comへ。」って書いてるけど、その問題の、澤昭裕氏の提言書がwww.businesswire.com内に掲載されてて、リンクも貼れるんだから、なぜ、その直接のリンク先を明記しないで、本家のHPアドレスのwww.businesswire.comってだけを書くんだ?

ここに、問題の書類があるんやから、何故にこのリンクを貼らないんだ?

          ↓      ↓      ↓

http://www.businesswire.com/portal/site/home/permalink/?ndmViewId=multimedia_detail&eid=50030809&newsLang=fr

読者が、直ぐに問題の、澤昭裕氏の『今後の日本のエネルギー政策における「原子力技術の維持・改善」の重要性についての提言書』っつぅのを、実物を読みたいという人間も居るだろ?そういう読者の心情を、コレでもかと踏みにじってる記事だとしか、あたしには見えない。

で、こうして直リンクを貼らない行為こそが、情報を共有しようとか、情報を伝えたいという気が全く感じられないどころか、そんな気持ちなんて、意欲なんて全く持って持ってないんだと思えてくるよ。

で、単純に言うと、直リンクを貼らないのは、意識的に貼ってないという「悪質な行為」でさえあると、あたしは思うよ。

そこまで「情報」を「独占」、「出し惜しみ」してどうすんの?どうしたい分け?

直リンクを貼っても、読者は、そんなもん読みに行かねえだろって思ってるわけ?←だったら、ふざけんなっつぅのぉぉぉおおおおっ!!!! あんた達みたいな「記者」がいるから、日本の情報が思うようにつかめなくて、ショボイ記事ばっか出されて、そんなもん訳しても「まともな記事」にもならなく、海外の記者が泣いてるんだっつぅのっ!!!!!!

海外の新聞、例えばフランスにも、ネット新聞にも色々情報はあって、リンクなども貼られてるけど、こんな酷いヤリ方は稀だし、あったとしても、ソレマデの記事だし、そこで読者はソノ記事の主=記者を評価するし、ソレマデの記者、新聞社なんだと評価するよ。

もっと、情報を共有する、分かち合う気持ちの温度、上げてもらえませんかね?

じゃぁあああああねっ☆

時事通信社 2011年10月18日

日本のエネルギー政策に関する提言発表=21世紀政策研究所〔BW〕

【ビジネスワイヤ】公共政策のシンクタンク、21世紀政策研究所(東京都千代田区)の澤昭裕研究主幹が、今後の日本のエネルギー政策における「原子力技術の維持・改善」の重要性についての提言書を発表した。これは、福島第一原子力発電所の事故を受けた脱原発論の高まりを受けたもの。澤氏は、将来的に原発をゼロにする政策がとられたとしても、原子力技術の維持・改善は必要不可欠であると指摘。その上で、

(1)今回の事故でリスクの存在が明確になったため、これまでおろそかにされてきたリスク対策技術への研究・開発に注力する環境が整った

(2)今後、脱原発依存政策が正式に進められるとしても、当面は相当数の原発を稼働し続ける必要があり、安全性の確保が引き続き重要である

(3)新興国を中心に原発の世界的拡大が確実な状況下では、安全な原子力利用の実現に向け、福島第一原発の教訓を踏まえた原子力技術を世界に伝えていく必要がある

の3点を挙げ、原子力技術の維持・改善の重要性を訴えた。

【注】この記事はビジネスワイヤ提供。原文はwww.businesswire.comへ。

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011101800207

Business Wire, Le lundi 17 octobre 2011

TOKYO

21st Century Public Policy Institute / International Environment and Economy Institute (NPO):

M. Akihiro Sawa, membre principal exécutif du 21st Century Public Policy Institute et directeur de l’International Environment and Economy Institute (NPO) a fait cette proposition : le Japon devrait maintenir ses technologies dans le domaine de l’énergie nucléaire

M. Akihiro Sawa, le plus éminent analyste du Japon en matière de politiques a fait une proposition. Cette dernière met l’accent sur la nécessité de maintenir et d’améliorer les technologies liées à l’énergie nucléaire du Japon dans le cadre de ses futures politiques dans le domaine de l’énergie alors que tout un vent de polémiques entoure l’interruption de la production d’énergie nucléaire après l’accident nucléaire de Fukushima Daiichi.

Désormais, il y a beaucoup à débattre au Japon eu égard à l’interruption de la production d’énergie nucléaire. À la suite de l’accident nucléaire de Fukushima Daiichi, beaucoup de personnes, allant du Premier (BSE: PREMIER.BO – actualité) ministre aux simples citoyens, ont eu tendance à vouloir préconiser, sous couvert de l’émotion, de mettre un terme à l’énergie nucléaire. Les futures discussions sur l’examen par le Japon des politiques nationales en matière d’énergie seront sans aucun doute influencées par des appels publiques partiaux à l’arrêt de l’énergie nucléaire, mais à un moment critique comme celui-ci, des options politiques réalistes doivent être avancées pour des discussions rationnelles et posées.

Je pense que le Japon doit « maintenir et améliorer ses technologies dans le domaine de l’énergie nucléaire », et proposer des moyens pour que le pays puisse réaliser cet objectif. Bien qu’aujourd’hui des discussions semblent ignorer ce sujet, « maintenir et améliorer les technologies en matière d’énergie nucléaire » est indispensable, même si le gouvernement venait à décider par la suite d’interrompre totalement toute production d’énergie nucléaire. Il n’est sans aucun doute pas exagéré de dire que telles technologies sont essentielles pour poursuivre une telle politique.

Les raisons pour lesquelles je pense désormais qu’il est important pour le Japon de maintenir et d’améliorer les technologies dans le domaine de l’énergie nucléaire sont les suivantes :

Tout d’abord, si certaines technologies n’ont pas bénéficié comme il se doit de R&D en raison des difficultés à reconnaître ouvertement la présence de risques possibles, l’accident nucléaire de Fukushima Daiichi a brisé ce tabou.

De plus, le Japon a besoin de garantir le fonctionnement sûr des usines nucléaires existantes, puisque nombre d’entre elles resteront actives pour l’heure, et ce même si le gouvernement décide officiellement de réduire la dépendance du Japon face à l’énergie nucléaire.

Enfin, la production d’énergie nucléaire se répandra certainement à travers le monde, tandis que fleurissent et s’accélèrent aujourd’hui dans les pays émergents des projets liés à l’énergie nucléaire. Le Japon devrait contribuer à la sécurité nucléaire en transférant au reste du monde ses technologies en matière d’énergie nucléaire après avoir tiré les conclusions technologiques / opérationnelles de l’accident de Fukushima Daiichi Il y aura des appels continus à l’expiation de l’accident nucléaire et à la condamnation des technologies liées à l’énergie nucléaire comme inacceptables.

Néanmoins, les usines nucléaires existent bel et bien et le combustible utilisé est déjà en cours de retraitement. C’est pourquoi nous devons clairement comprendre que condamner ou étouffer les technologies associées à l’énergie nucléaire pourrait, en réalité, menacer la sécurité.

Pour de plus amples renseignements concernant le 21st Century Public Policy Institute et l’International Environment and Economy Institute (NPO), veuillez consulter les sites Internet officiels suivants :

21st Century Public Policy Institute : http://www.21ppi.org/english/index.html
International Environment and Economy Institute (NPO) : http://ieei.or.jp/

(Source)
Mensuel Shincho 45, numéro du mois d’octobre (première publication)
*La version originale complète de l’article sera disponible dans le Mensuel Shincho 45, numéro du mois d’octobre

Photos/Galerie multimédia disponibles: http://www.businesswire.com/cgi-bin/mmg.cgi?eid=50030809&lang=fr

Le texte du communiqué issu d’une traduction ne doit d’aucune manière être considéré comme officiel. La seule version du communiqué qui fasse foi est celle du communiqué dans sa langue d’origine. La traduction devra toujours être confrontée au texte source, qui fera jurisprudence.

Akihiro Sawa
membre principal exécutif, Le 21st Century Public Policy Institute
Directeur de l’International Environment and Economy Institute (NPO)
sawa.akihiro@gmail.com

http://fr.finance.yahoo.com/actualites/M-Akihiro-Sawa-membre-bizwire-3431435444.html?x=0

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: