放射性廃棄物どうする? – Qu’est-ce qu’on fait de ces déchets nucléaire?

山積みになった使用済みの防護服=東京電力提供

Photo de TEPCO prise le 11 octobre à J-Village.

Vêtements de protection jetés : environ 4000m3, soit environ 480,000 combinaisons à usage unique utilisées par les travailleurs de la centrale nucléaire de Fukushima-Daiichi depuis l’accident.

読売新聞 2011年10月16日

廃棄防護服山積み、4千立方m…Jヴィレッジ

東京電力は15日、福島第一原子力発電所事故の対応拠点となっている「Jヴィレッジ」(福島県楢葉、広野町)内にある使用済み防護服の集積所の写真を公開した。

防護服は「タイベック」と呼ばれる全身つなぎ服で、修復作業にあたる作業員が着用している。東電によると、事故後、同原発では延べ約48万人が作業に従事。1人が1日1着を使用しており、これまでの集積量は約4000立方メートル。

放射性物質が付着した防護服は放射性廃棄物にあたるが、処分方法は決まっておらず、今後もビニール袋に入れて同じ場所に積み上げていくという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111016-OYT1T00177.htm?from=navlp

—————————————–

アルマン 「ティムールの記憶」 (1961年)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: