ノルウェー産の養殖サーモンが人気

今日、こんな記事を読んだよ。

最近、ノルウェー産の養殖サーモンが人気で、その人気の理由が、「鮮度や味の良さに加え、円高メリットによるお手頃価格」ってことで、福島第一原発から海に放出された放射性物質の件には、まぁぁああああったく一っ切触れられていない、うんわぁッ!!!

あとさ、これ、見てみる? → 在ノルウェー日本大使館発表の、ノルウェーのエネルギー事情」 2011年2月 (PDF)

時事通信 2011年10月1日

サーモンのすしに脚光=高品質のノルウェー産が人気

ノルウェー産の養殖サーモンを使ったこだわりのすしを、秋のお薦めメニューとして売り込む店が増えている。鮮度や味の良さに加え、円高メリットによるお手頃価格もあって人気を集めている。

回転ずしチェーンの銚子丸は10月中旬まで、同国から空輸した生サーモンを使った特売イベントを開催。にぎりずし2個を通常より3割安い180円で提供しているほか、同国の人気シェフと開発した色鮮やかなサーモンの巻きずしなどを限定で販売している。

宅配すし大手の銀のさらも、「ハラス」と呼ばれる脂の乗った貴重な部位を使った「トロサーモン握り」を主役にしたセットを12月中旬まで設定。「上質なノルウェー産はうまみが強く、口に入れるととろけるような食感」(運営会社のレストランエクスプレス)とアピールしている。

各地のすし店が加盟する全国すし商生活衛生同業組合連合会でも「生産管理が徹底しているノルウェー産は、日本の伝統的なすし文化を伝えるには最適な素材」(同連合会)として同国産のサーモンに着目。加盟店でも積極的に扱う方針という。

ノルウェー産がもてはやされる理由は「水質が良く養殖魚特有の臭いが少ない」(輸入業者)ことや、最短だと水揚げ後1日半で店まで届く「抜群の鮮度」(銚子丸)などにあるという。円高の恩恵で「卸値は昨年より1割近く安い」(東京の卸会社)こともあって、今後も集客の目玉として出番が増えそうだ。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc

寿司の正しい食べ方

映画 「ノルウェイの森」 (2011年)  監督 トラン・アン・ユン

film “Norwegian Wood” (2011) d’Anh Hung Tran

Advertisements

2 responses to “ノルウェー産の養殖サーモンが人気

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: