「プルトニウム元年」 1993年1月5日 

1993年1月5日、「あかつき」という船に乗せられた1.5トンのプルトニウムがフランスから日本にやってきたっと始まるドキュメンタリー、「プルトニウム元年、第3作、隠された被ばく・ヒロシマは・・・」。(1993年8月放送)

そして、このプルトニウムは福島県の高速増殖炉「もんじゅ」で使用され始めた。

先日、福島第一原発から45キロほど離れた飯舘村でプルトニウムの検出があったとの発表が日本政府側よりなされた、アレから、かれこれ7ヶ月が過ぎようとしている今になって。

「プルトニウム検出」に関しては、いくつも記事が出ているんだけど、これまた具体的な数値などを書いてない記事が多いこと、多いこと・・・嗚呼、つっかれるぅぅコノ手の記事。

「はい、プルトニウムが検出されました。おわり。」・・・っという、コノ手の記事ってなんなんだろうね?

色々詳しく書いても、「読者はそんなもん理解できないだろ?」っと本気で思って書いてないのか、書く気が最初からないのか、調べようともしないのか、めんどくせぇなっつって書いてないのか?

とりあえず、あたしはAFP通信社の記事にて詳細を知った。

AFP BBNews   2011年10月1日

飯舘村などでプルトニウム検出、福島第1原発の敷地外で初 文科省

文部科学省は30日、東京電力(TEPCO)福島第1原子力発電所の敷地外の土壌から、微量のプルトニウムが検出されたと発表した。

6~7月に福島第1原発から80キロ圏内の100か所の土壌を調べたところ、6か所でプルトニウムが検出された。プルトニウムは福島第1原発の敷地内ではすでに見つかっていたが、敷地外で見つかったのは今回が始めて。

検出されたプルトニウム238の最大濃度は、原発から約30キロ離れた福島県浪江町で1平方メートルあたり4.0ベクレルだった。福島第1原発から約45キロ離れた福島県飯舘村でも同0.82ベクレルのプルトニウム238が検出された。

文部科学省によると、日本では大気圏内核実験によるプルトニウムは以前から検出されていた。1999~2008年に日本の土壌サンプルで検出されたプルトニウム238の平均濃度は0.498ベクレルで、福島原発事故前の最高値は8.0ベクレルだった。今回の測定値は過去の測定値の範囲内であることから、文部科学省はプルトニウムによる被ばく量は非常に小さいとしている。

プルトニウムはウランから原子炉内で生成される。専門家によると、人体に入ると長期間体内にとどまって臓器や組織が放射線を受けるため、がんなどを発症するリスクが高まる。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2831828/7855848

そして、「プルトニウム検出」の件に関して、プルトニウムの他の超猛毒放射性物質ストロンチウムについて触れているのは、zakzakの記事だった=今のところ見かけたのは・・・の話で、で、こう書かれてあるわけ。

● プルトニウムのほか、ストロンチウムも広域に拡散しており、日本原子力研究開発機構・原子力基礎工学研究部門の茅野政道氏は「事故発生直後の3月の爆発に 伴って、大量拡散したとは限らない」と指摘。原子炉の温度などに応じて異なる種類の放射性物質が放出されることもあるとし、「原子炉の状態も、併せて解析 する必要がある」と話した。

プルトニウムは半減期が極めて長く、呼吸などで体内に入ると強い発がん性を帯びる。文科省は「検出されたのはごく微量で、核実験で残存するプルトニウムと同程度。人体に影響を及ぼすような数値ではない」とはいうが、政府を信頼していいのか?● (zakzak : 「猛毒プルトニウム」拡散していた!忍び寄る発がんの恐怖)

ちなみに、内閣府の発表によると、2010年末までに日本が国内外で管理しているプルトニウムは、ざっと30トンだとか。

で、ソノ内訳は、国内に約6.7トン、国外イギリスとフランスの工場に、約23.3トンだって話。

ところでさ、プトニウムが飛ぶ、飛ばないの話、福島第一原発事故以後にフランスの雑誌でも色んな所が特集記事をやってたわけだけど、あたしも科学系雑誌買ってみたんだったわ。

で、そん中にさ、こういうのが掲載されてたわ。

でさ、これによるとさ、ヨウ素やセシウムは遠くまで飛ぶけど、ストロンチウムやウランは原発付近に落ちますよっていう図になってるわけだ。

で、半減期の部分には

プルトニウム239 = 24年から110年

ウラン238 = 45億年

ストロンチウム = 28年

っと記されてある。

そうそう、上のAFP通信社の記事に出てくるのは、プルトニウム238であって、239ではないんよな。

で、238と239の違いはなに?

『原子炉の中では、ウラン238の中性子の吸収から始まって、いろいろなプルトニウムの同位体がつくられる。ウラン238が中性子を吸収すると、ウラン239に変わる。これが23.5分の半減期でベータ線を出してネプツニウム239になり、さらに2.33日の半減期でベータ線を出して生まれるのが、核分裂を起こすプルトニウム239である。
さらにウラン238が中性子を吸収すると、2個の中性子を出してウラン237になることがある。このウラン237は、半減期6.75日でベータ線を出し、ネプツニウム 237に変わる。このネプツニウム237が中性子を吸収してネプツニウム238になり、半減期 2.1日でベータ線を出してプルトニウム238が生まれる。プルトニウム238は核分裂しない。』 (参照=原子炉で生まれるプルトニウムには5種類の同位体がある)

プルトニウムって色んな種類があるんやな。

3月27日の東電会見、プルトニウムの件

ちょっと暴れてくるわ、じゃぁぁああああねっ☆

朝日新聞 2011年9月

日本のプルトニウム、国内外に30トン 内閣府が報告

内閣府は20日、日本が国内外で管理しているプルトニウム(核分裂性)の量が、2010年末時点で約30トンにのぼると原子力委員会に報告した。この内容は国際原子力機関(IAEA)にも伝えられる。

原発でウラン燃料を燃やすうちにプルトニウムができるため、海外の再処理工場などで取り出されてきた。国内での管理分は、青森県六ケ所村にある日本原燃の再処理工場(建設中)などに約6.7トンある。海外には英仏の工場で約23.3トン保管されている。

今回は、ウランとプルトニウムとの混合酸化物(MOX)燃料を使うプルサーマル発電のために、原発に運び込まれて保管、燃やされたプルトニウム量(昨年分)も初めて報告された。

http://www.asahi.com/national/update/0920/TKY201109200392.html

zakzak  2011年10月1日

「猛毒プルトニウム」拡散していた!忍び寄る発がんの恐怖「猛毒プルトニウム」拡散していた!忍び寄る発がんの恐怖

福島第1原発事故で放出されたとみられる猛毒の放射性物質プルトニウムが、原発から約45キロ離れた福島県飯舘村など6地点の土壌から検出された。プルトニウムが原発敷地外で検出されたのは初めて。国や東京電力はこれまで、重い元素で飛散しづらいとし、広域汚染に否定的だった。

文部科学省の放射線量などの分布マップ作成で、主査を務める中村尚司東北大名誉教授(放射線防護学)は9月30日の記者会見で、「プルトニウムがちりなどに付着し、風に乗って遠方まで飛んだ可能性がある」と述べた。

下道国・藤田保健衛生大客員教授(環境放射線学)は「放射性セシウムが数百キロにわたって拡散していることを考えれば、(重さの比較から)数十キロの地点でプルトニウムが検出されても不思議ではない」と指摘した。

プルトニウムのほか、ストロンチウムも広域に拡散しており、日本原子力研究開発機構・原子力基礎工学研究部門の茅野政道氏は「事故発生直後の3月の爆発に伴って、大量拡散したとは限らない」と指摘。原子炉の温度などに応じて異なる種類の放射性物質が放出されることもあるとし、「原子炉の状態も、併せて解析する必要がある」と話した。

プルトニウムは半減期が極めて長く、呼吸などで体内に入ると強い発がん性を帯びる。文科省は「検出されたのはごく微量で、核実験で残存するプルトニウムと同程度。人体に影響を及ぼすような数値ではない」とはいうが、政府を信頼していいのか?

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20111001/dms1110011511003-n1.htm

毎日新聞 2011年10月1日

福島第1原発:プルトニウム 濃度は原発敷地の1~3割

東京電力福島第1原発から約45キロ離れた福島県飯舘村などの土壌でプルトニウムが検出された問題について、東電は1日、濃度の最高値は原発敷地内の1~3割に相当すると発表した。

文部科学省によると、同位体の一つのプルトニウム238(半減期約88年)の最高値は浪江町での1平方メートル当たり4ベクレル。これを東電が用いている土壌1キログラム当たりに換算すると、0.062ベクレルになり、原発敷地内の最高値の同0.54ベクレルの11%に相当した。

プルトニウム239(同2万4000年)と、プルトニウム240(同6540年)を合わせた濃度の最高値は南相馬市で1平方メートル当たり15ベクレルだった。これは1キログラム当たりでは0.23ベクレルで、原発敷地内の最高値の同0.75ベクレルの31%となる。【中西拓司】

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111002k0000m040049000c.html

AFP 30/09/2011

Du plutonium détecté en dehors de l’enceinte de la centrale de Fukushima

TOKYO — Une petite quantité de plutonium a été détectée en plusieurs lieux du nord-est du Japon, largement en dehors de l’enceinte de la centrale accidentée de Fukushima, a annoncé vendredi le gouvernement nippon, précisant que les teneurs relevées n’avaient rien d’alarmant.

C’est la première fois que du plutonium vraisemblablement issu des réacteurs de Fukushima est décelé par les autorités gouvernementales à l’extérieur du complexe atomique qui a subi le pire accident depuis celui de Tchernobyl (Ukraine) en 1986.

Du plutonium a été repéré dans le sol à six endroits où des prélèvements ont été effectués en juin, dans une zone de 80 kilomètres autour du site Fukushima Daiichi, a précisé le ministère de la Science.

Trois des six réacteurs nucléaires de cette centrale située au bord de l’océan Pacifique ont été fortement endommagés. Leur combustible a fondu et est tombé au fond de la cuve, après la perte de leur système de refroidissement dont l’alimentation électrique a été noyée par le tsunami qui a ravagé la région le 11 mars dernier.

Du plutonium avait toutefois déjà été décelé sur le site même de la centrale et des traces avaient été également trouvées ailleurs au Japon dans le passé, à la suite d’essais nucléaires atmosphériques à l’étranger, a précisé le ministère.

Dans le cas présent, la plus forte densité de plutonium-239 et 240 (4,0 becquerels par mètre carré) a été enregistrée dans une ville située à quelque 30 kilomètres de la centrale, a précisé le ministère.

Dans un autre village, à 45 kilomètres, la teneur était de 0,82 becquerel par mètre carré.

“La teneur en plutonium détectée cette fois est considérée comme très faible”, a souligné le ministère.

Copyright © 2011 AFP.

http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5jVSHct0aiTuDsaUNM9KFCEpEIrrg?docId=CNG.06192bd49c20d2d1b3a5879271f9f22f.e1

「プルトニウム元年、第3作、隠された被ばく・ヒロシマは・・・」。(1993年8月放送)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: