Thank You for Smoking – Les tabacs japonais ne sont pas radioactifs

葉タバコの放射性物質を検査=製品出荷までに4回-JT

時事通信 2011年9月6日

日本たばこ産業(JT)は6日、2011年産葉タバコに対する放射性物質の検査を始めたと発表した。茨城など6県で、葉タバコ農家から買い入れる前の段階で行った検査では、いずれも独自に設定した基準を上回る放射性物質は検出されなかった。JTは、葉タバコの買い入れ前から製品出荷前まで、計4回にわたって検査する。
同社は従来、葉タバコに含まれる放射性物質の検査を行っていなかった。しかし、東京電力福島第1原発の事故を受け、安全性確保に万全を期すことにした。
農産物から放射性物質が検出され、出荷停止や自粛に踏み切った茨城、栃木、千葉、静岡の4県に加え、近隣の新潟、愛知両県でも検査を行った。福島県の農家は、原発事故の影響で葉タバコ栽培を休止しているため、対象外とした。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011090600601

 

映画 「サンキュー・スモーキング」 (2006年) ジェイソン・ライトマン

あらすじ : タバコの研究所の広報を務めるニックは、喫煙者たちの権利を守るため、またタバコに健康悪化との因果関係がないことを世間に信じさせるために日々奮闘していた。世間からは厳しい目を向けられるが、ニックは巧みな話術で人々を丸め込み、「情報操作の王」とさえ呼ばれていた。私生活では離婚し、一人息子のジョーイだけはニックを尊敬している。ある日、嫌煙派のフィニスター上院議員が、タバコのパッケージにドクロマークを付けるように働きかけていることを知り、息子ジョーイを伴いハリウッドに飛び、ハリウッド映画に喫煙シーンを盛り込むようプロデューサーに働きかける。(ウィキペディア)

Film : “Thank You for Smoking” (2006) de Jason Reitman

Synopsis : Nick Naylor est un surdoué de la communication qui travaille pour le lobby du tabac, Big Tobacco. Le film montre les péripéties de sa croisade pour ses patrons : redorer le blason de la cigarette, tout en désarmant ses adversaires les plus tenaces, par exemple le sénateur Ortolan K. Finistirre… (Wikipédia)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: