Daily Archives: August 31, 2011

福島の汚染された新学期 – Rentrée contaminée à Fukushima

フランスの無料紙にメトロ(metro)ってのがあって、紙とネット両方のメディアで、例えば地下鉄の出入り口なんかで配られていたりする。

薄い新聞で、内容も突っ込んだものは少なくて、割とザッと短い距離の移動の地下鉄内で読むのに、確かに調度良いような感じ。

そのメトロ紙に、福島県の話題が合ったので、ここに置いておこうっと☆

記事2011年8月31日付、「福島の汚染された新学期」。

数校では、放射線基準の70倍の場所があり、原発事故の収束は成ってない。

写真 グリーンピース、ハヤシ・ノリコさん撮影。グリーンピース・専門家が、福島南の児童公園で放射線線量を測定する様子。

日本の子供たちは学校に行くのを恐れなければならないのか?

グリーンピースの答えはYESだ、そして今日から夏休み明けで始まる学校の新学期をズラすように日本政府に求めている。

この団体は、放射線線量の測定を行い、注意を引く結果が出てきている : たとえば国際放射線基準の70倍以上の測定がされたところも有る。

学校の中庭などの土壌の表面20cmが削られたにもかかわらず出てきた結果でコレなのだ。

デッドゾーン

文部科学省によると、原発から3キロ圏の大熊町の放射線積算量は、この5ヶ月で278ミリシーベルト。先週、日本政府は原発周辺の幾つかの地域が、数十年単位で生活することが出来ない状況だと発表した。

汚染食品

グリーンピースのソフィア・マジュノニ(Sophia Majnoni)さんは、「これら測定されている被曝量は外部被曝のもので、食品から来る内部被曝のものは除外されている。」と話す。肉、緑野菜、魚、茶葉、米の販売停止がされている。 ←えええええええ?! 販売停止されてないんじゃね?だってさ、最近、肉牛の出荷停止も解除してるよね、大々的にさ!!

汚染水問題

原発内の収束はついていない。東京電力は、高濃度汚染水の処理に非常な困難を抱えており、すでに東電は冷却作業が、当初言われていた予定の1月までには終わらないと発表した。

5分の4の原発が停止

通常のメンテナンスのため、そしてより広範なストレステストを行うため、日本の原子力発電所の大半は停止状態にある。今度の日曜日からは、54機のうち11機だけの稼動に入る。企業にも、個人宅にも、省エネが呼びかけられている。

http://www.metrofrance.com/info/rentree-contaminee-a-fukushima/mkhE!vyzxo2zoka9iA/

—————————————–

metro (31/08/2011)

Rentrée contaminée à Fukushima

Les radiations sont 70 fois supérieures à la norme dans certaines écoles. La situation à la centrale n’est pas stabilisée

Un expert de Greenpeace mesure la radioactivité dans un jardin d’enfant de Minami Fukushima Photo : Noriko Hayashi / Greenpeace

Les petits Japonais doivent-ils craindre d’aller à l’école? Oui, répond Greenpeace, qui appelle le gouvernement à reporter la rentrée scolaire, prévue aujourd’hui dans le district de Fukushima. L’association a réalisé une série de mesures préoccupantes : dans des écoles à soixante kilomètres de la centrale, le niveau de radiations est jusqu’à 70 fois supérieur aux normes internationales. Les cours d’écoles avaient pourtant été nettoyées en grattant 20 centimètres de terre contaminée en surface.

Des zones mortes
Selon le ministère des Sciences japonais, la ville d’Okuma, à 3 kilomètre de la centrale, a reçu en cinq mois 278 millisieverts de radiations cumulées. La semaine dernière, les autorités avaient laissé entendre que certaines zones pourraient rester interdites pendant plusieurs dizaines d’années.

Des aliments contaminés
“Ces mesures ne calculent que l’exposition externe et pas l’ingestion d’aliments”, précise Sophia Majnoni, chargée de campagne de Greenpeace. De la viande, des légumes verts, du poisson, du thé et même du riz contaminés ont été retirés de la vente ces dernières semaines.

L’eau contaminée pose problème
A l’intérieur de la centrale, la situation n’est pas encore stabilisée. Tepco peine à décontaminer l’eau très fortement radioactive. L’opérateur a déjà prévenu que l’arrêt à froid ne serait pas obtenu en janvier comme prévu.

Quatre centrales sur cinq à l’arrêt
En raison de la maintenance normale et en attente de tests de résistance plus poussés, la grande majorité des centrales nucléaires du Japon sont arrêtées. Dimanche prochain, seuls 11 des 54 réacteurs fonctionneront. Entreprises et particuliers sont invités à économiser l’énergie.

http://www.metrofrance.com/info/rentree-contaminee-a-fukushima/mkhE!vyzxo2zoka9iA/


フランス : ヨウ素剤不足、しかも期限切れ!! – France : Comprimés d’iode périmés et en contités insuffisants!!

昨日読んだフランスの記事について、メモ(訳)ったこと置いておこうっと☆

記事は、Rue89というネット情報サイトの、2011年8月30日付けの、「もしフランスで原発事故が起きたら、ヨウ素剤は不足状態」というタイトルのもの。

そして記事のサブタイトル?には、「フランスで原発惨事が起こると、ヨウ素剤不足な上に、ヨウ素剤の使用期限が切れている」とある。

写真 レイモンドさん撮影のヨウ素剤の箱

写真 ロイター・Michaela Rehle氏撮影、2011年3月22日、日本向け発送のヨウ素剤、アレバ・エアランゲン工場(ドイツ)にて。

この記事の話題の元は、フランスのアキテーヌ地域圏ジロンド県のブライ(Blaye)という町(人口約4千人)に住むレイモンドさんの個人的な体験・調査が発端になっている。

レイモンドさんは、ブライ原発から20キロ圏に住む一市民であり、ブライの脱原発団体にも関わっているという人らしい。

福島第一原発事故後、レイモンドさんは自分自身が原発から、そう遠くない所に住んでいるという事もあり、では、自分の住んでいる町の役所は、原発事故に、どのように備えているんだ?チェルノブイリではヨウ素剤が配布されず、その後、多くの人々に甲状腺癌が発症したことが分かっている今日、その甲状腺癌を防ぐ為のヨウ素剤は、どうなってんだ?って事で、市役所を訪ねて、「リスクについての本」という本を観覧しに行った。

この辺りで、記事には少し気になることが書かれてあった。

日本では、原発事故後、住民にヨウ素剤が配布されたが、そのヨウ素剤が全ての住民に行き渡ったのかは確かではない。」 ← みんなは、どう思う?福島県民にヨウ素剤は、アノ時配布されていたって記憶はありますか?あたしは無いけどね。地域の名前は忘れたけど、どこかの町長が独自に判断をして配布したってのはネットニュースで見かけた記憶がある位でさ。福島第一原発事故後、さまざまな器具、またヨウ素剤を積んで飛立ったフランスなんだけど、そのヨウ素剤は、在日もしくは日本にいる観光客フランス人に配布したりして、後は日本用だったのだと理解したけど、それが本当に配られたのかは、あたし自身は知らない。フランスが日本向けに、ヨウ素剤は何個持って行ったか、どこかにメモったから探して、後でココに書くわ。3月15日に友人宛に送ったメールを引っ張り出してみたら、こんな事書いてたわ。『フランスからも援助・救助隊とともにヨウ素剤が日本に向けて飛んだはず、その数は・・・私の記憶が確かなら1万2千とかだったはず。どこかの記事で昨日の夜読んだんだけど』。再確認してみようっと☆ そういえば、共同通信のこんな記事が3月17日にあったね。→ 「フランス大使館、ヨウ素剤配布開始

で、記事に戻って・・・

フランスの場合、原発から10キロ圏の住民(約40万世帯)へ、ヨウ素剤が配布されており、残りは、配布が必要な事態が起きた時の為に政府が管理をしている。

役所を訪れたレイモンドさん(原発から20キロ圏在住)は、役所の責任者に、そのヨウ素剤が管理されている棚を見せてもらい、写真も撮った。

そして、レイモンドさんがソコで見たのは・・・自分の住む区域の住民が3000人なのに対し、ヨウ素剤は2000人分しかなかった、その上、ヨウ素剤の使用期間を見ると、日付は遠の昔に過ぎたもので、2007年というものだった。

レイモンドさんは、地域の薬局に自分の見た事態を知らせ、アキテーヌ地域圏の殆どのヨウ素剤の使用期限が切れているという事を知らせるべく、地域保健機関にメールを送った。

薬剤師のガエル・リポッシュ(Gaël Ripoche)さんに寄ると、「わたしが間違った情報を言ってしまったりすることを防ぐため、この件に関して確認をしました。政府当局は、私が薬剤師としての確かな仕事をさせてくれません。でも、このことは、あまり話せないんです、人々が不安になるでしょうからね。」

地域保健機関から返ってきた反応は、「現段階で、政府が管理をしている、使用期限の切れているヨウ素剤(130mg)を新しいものに交換するという予定はありません。」というものだった。

では、使用期限が切れたままのヨウ素剤が配布されるというのか?

フランス健康製品管理局の説明では、当局が2011年5月6日に決定した用件は、「ヨウ素剤の130mg錠の使用期限を5年から7年延期させるものとする。これは、軍事薬局のもと許可されたものであり、全ての薬の規定に基づいている。」

フランス政府は、改めてヨウ素剤の再貯蔵を指令した。

保健・健康庁によると、「2010年から、65mgのヨウ素剤の110,000,000錠が防災・健康緊急事態対応局によって発注されており、81,000,000錠が既に防災・健康緊急事態対応地域に配布済みで、2011年年末まで残り分の配布がなされる。」ということで、この予定だと、来年までには、必要な場所に必要な分量の要素剤が配布され、使用期限も切れていないものになるということだった。

あとは、必要な事態が起きた場合に、2時間以内にヨウ素剤の配布がなされるべきだというだけだ。(それ以上時間が過ぎては効果減少する。)

2011年7月以前は、ヨウ素剤は市役所によって管理されていたが、見直し後の7月以降は各県が管理することになった。

さて、健康管理局の見解は・・・

「もし事故が発生し、ヨウ素剤の配布が必要な事態が起きた場合は、県庁から指示が出され、その後、各街、各村と地域ごとに配布されることになる。」

現時点の段階で言えるのは、ヨウ素剤が管理されている場所が一括化された一箇所であり、広い範囲への配布が2時間以内という条件の下になされる必要があるという事。

幸いにも現時点では、「ヨウ素剤配布の必要は無い状況」であるという事だ。

————————

ね、これがフランス原発大国の実態なんだわ。

もし事故がおきたら?っと想像して、想定して、備えるために、もしもの為に、人々を守ろうとしている様に見える?

福島第一原発事故後、フランスもバタバタバタぁぁああああっと慌てて、もがいて基準やヨウ素剤の使用期限まで変更して、いろんな意味で「正常」にいる様に仕立て上げている様にしか見えないけどねぇぇええええええっ!!

安もんの演劇で、シナリオ書き直しての、嘘バレバレじゃねぇぇええええかよっ!!

でさ、良い仕事(!!)したレイモンドさんから連絡受けた薬剤師のガエル・リポッシュ(Gaël Ripoche)さぁぁあああああん、もっと突っ込んだ仕事してくれよ・・・政府に押し込められて人々に知らせずに、あんたも黙ってるわけぇぇええええ?

しっかし、この記事で、こうしてレイモンドさんのように、本気で眼を開けて、色々やってる人もフランスには居るというわけよね。

騙されねぇっつぅぅぅううううのっ!!!

でも、実際には、こういう人々の行動や、意見が、怪しい不気味な空気に押しつぶされて・・・っていうのが現状なんだよね。

で、そういう事柄を拾ってくれたりすることが割と多いのが、Rue89などの、ネットメディアであり、大手メディアでは決して無いという事ぉぉおおおおおっ!!

————————

En cas d’accident nucléaire, la France manque d’iode
Par Sophie Verney-Caillat | Rue89 | 30/08/2011 | 18H22

En France, les stocks d’iode, comprimés distribués lors de catastrophes nucléaires, sont insuffisants et périmés.

Photos : des tablettes d’iode dans un colis en partance pour le Japon, dans l’usine Areva d’Erlangen, en Allemagne, le 22 mars (Michaela Rehle/Reuters) ; boîte d’iodure de potassium (Raymond)

Dormez tranquilles, bonnes gens ! L’Etat veille sur vous. C’est le message que l’on veut nous faire passer sur la préparation à un éventuel accident nucléaire type Fukushima. Pourtant, quand un simple citoyen mène son enquête, il a le plus grand mal à avoir des infos rassurantes.

Raymond, militant antinucléaire dans l’association Tchernoblaye, habite à une trentaine de kilomètres de la centrale du Blayais, qu’il aimerait voir fermer. Un jour, il est allé voir le « Livre des risques » disponible en mairie, parce qu’il voulait vérifier que sa commune se préparait sérieusement face au risque nucléaire, notamment concernant le stock d’iode stable, qui empêche la fixation de l’iode radioactive dans la glande thyroïdienne (le cancer de la thyroïde est l’un des principaux dangers de la radioactivité et l’iode le seul moyen de le prévenir).

A Tchernobyl, faute d’iode, on a observé une progression importante des cancers de la thyroïde chez les enfants dans les années qui ont suivi l’accident de 1986. Au Japon, des comprimés ont été donnés à la population, mais il n’est pas sûr que ce soit en quantité suffisante.

Or, la France n’a équipé chaque foyer de comprimés d’iode que dans un rayon de 10 km autour des centrales nucléaires (installations disposant d’un « plan particulier d’intervention », qui concerne 400 000 foyers). Pour les autres, les stocks publics sont gardés par l’Etat, chargé de les distribuer au cas où.

Quand la directrice générale des services de sa commune lui a ouvert les portes du stock de comprimés d’iodure de potassium, il a pu prendre des photos. Il a remarqué que sa commune stockait 2 000 comprimés, au lieu des 3 000 nécessaires à sa population, et surtout, que la date de péremption notée sur les boîtes était dépassée depuis 2007.
« Une majorité de ces stocks sont à ce jour périmés »

Raymond a alors alerté le pharmacien de référence de sa zone. Celui-ci a écrit à l’Agence régionale de santé (ARS) d’Aquitaine, qui lui a envoyé un e-mail – que Rue89 a pu consulter –- lui répondant ceci :

« Pour la région Aquitaine, une majorité de ces stocks sont à ce jour périmés (d’un point de vue réglementaire, des analyses physico-chimiques pourraient démontrer la stabilité de l’iodure de potassium). »

Périmés… mais prolongés, comme le confirme Gaël Ripoche, le pharmacien de référence :

« Je me suis protégé en obtenant la confirmation des autorités que les comprimés n’étaient plus valables. L’Etat ne me donne pas les moyens de faire mon travail de pharmacien référent… Mais je n’en parle pas trop car je sais que ça peut angoisser des gens. »

Ne pas déstocker les stocks périmés

L’ARS précise aussi dans le même courrier :

« A ce jour, il n’est pas décidé de déstocker et de renouveler les anciens comprimés à 130 mg, qui doivent être conservés par l’Etat. »

« Les comprimés sont toujours efficaces et demeurent sans danger », nous rassure d’un ton très docte le Dr Flottes, généraliste interrogé sur le site d’info grand public Distribution-Iode.com.

S’il fallait donner des comprimés d’iode, l’Etat en donnerait donc des périmés ? Non. L’explication se trouve ici : l’Agence française de sécurité des produits de santé (Afssaps) nous explique avoir autorisé, le 6 mai 2011,« une prolongation de la durée de conservation des comprimés à 130 mg, de cinq à sept ans. Ces prolongations ont été accordées sur la base de données de stabilité en temps réel fournies par la pharmacie centrale des armées, selon les règles de détermination des durées de conservation appliquées à tous les médicaments. »

Une nouvelle commande est en train d’arriver

Les autorités ont lancé un grand plan de renouvellement des stocks. La direction générale de la Santé nous confirme :

« [que] la production par la pharmacie centrale des armées d’un stock de 110 millions de comprimés d’iode dosés à 65 mg a débuté en 2010, sur commande de l’Etablissement de préparation et de réponse aux urgences sanitaires (Eprus). 81 millions de comprimés ont déjà été livrés et positionnés sur les plateformes zonales de l’Eprus, les livraisons devant se poursuivre jusqu’à la fin de l’année 2011. »

Admettons que d’ici l’an prochain, nous disposions partout du bon nombre de comprimés – pas périmés. Reste à être sûr qu’ils puissent être distribués dans les deux heures à toute la population (au-delà, l’efficacité de l’iode est nettement réduite).

Avant, c’étaient les mairies qui stockaient les comprimés d’iode ; depuis juillet dernier, l’organisation a été revue et mise entre les mains des départements. Voici ce que nous dit la direction générale de la Santé :

« En cas de crise, les sites de distribution à la population infradépartementaux, identifiés par les préfets, seront activés et approvisionnés directement à partir de ces sites centralisés. »

Comprendre qu’actuellement, il n’y a qu’un lieu de stockage par département, et qu’en pleine crise, il faudra en deux heures les répartir partout où c’est nécessaire.

Heureusement que, comme le précise encore le site public, « le recours aux comprimés d’iode ne s’est jamais avéré nécessaire ».

http://www.rue89.com/planete89/2011/08/30/en-cas-daccident-nucleaire-la-france-a-la-ramasse-sur-liode-219737