福島県産の肉は「脂が乗っておいしい」んだってよ!

福島県産牛の焼き肉を受け取る買い物客ら=8月28日午前、富山市

日本政府は、やっぱり日本国内全員を洩れなく被曝させたいらしい、福島第一原発から300から350キロ離れた場所も、洩れなく。

食べて応援しよう!」っと言って、今までは売っていた福島産のものを、今回は無料で「振る舞い」、「検査した」と言っているが、その検査結果は具体的に表示されていたのか?

「富山県の業者らがつくる食肉団体」は、金でも貰ってこんな事ヤってんの?

せっかく富山県まで避難してきた福島県民が、「招待」されて、はいはい!っつって食べるわけ?

「招待した」と言ってるけど、実際には、そこに何人の福島県民が来ていたんだ?

ソレも、ちゃんと調査して記事に書けばいいのに、やっぱりソコまでは書いていない、「想定内」(!!)のクソ記事。

「福島県産牛のサーロインなどで、富山県産と合わせ、約3千人分が提供された。」って記事には書いてあるけど、富山県の肉と福島県の肉が並んでいて、誰が「選んで」福島県産の肉を食べるのか?そもそも、「選ぶ」ことは出来たのか?

「安全PR」には、まずは福島県民が、し・か・も、避難してきた福島県民自らが食べることで、「安全PR」が「最強の安全PR」になると、そういう分けか?

そして、県外から訪れた人が孫に食べさせているという始末に終えない事態になっている。

色んな事情があって、子どもと一緒に過ごせず、自分の親、もしくは義理の親に子どもを預けたりしている間に、子どもが内部被曝の危機に晒されているという状況を、親は知っているのか?了解してるのか?

チェルノブイリから何千キロも離れた人々が、現在も、今日の今日、2011年にも、キノコを食べなかったり、どこどこの牛乳は飲まなかったり(そもそも流通させてなかったり)しているというのに・・・。

富山県庁HPには、こんな風に記されてある。

県民の健康を守ることが目的ではなく、富山県では、「県内産牛肉は安全・安心である」ことを積極的にアピールしていくことが重要である・・・なんだってさ。

そして、71ベクレル/kgの放射性セシウムが検出されても、「安全・安心」なんだってよ。

ちなみに、ベラルーシの子どもの食べ物基準値は、37ベクレル/kgですがね。

参照 = 「世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル

更には、食品からの「内部被曝」と「胸のX線集団検診」を全く持って一緒にしている事が良く分かる、「想定内」(!)だけど、恐ろしいっっっつぅぅううううのっ!!!

————–

(1) 富山食肉総合センターに搬入された牛の検査結果

富山県では、「県内産牛肉は安全・安心である」ことを積極的にアピールしていくことが重要であることから、8月1日から、富山食肉総合センターに搬入された牛について、放射性セシウムの検査を行っています。

8月23日の検査において、1つの検体から71ベクレル/kgの放射性セシウムが検出されましたが、食品衛生法の暫定規制値を下回っており、食用とすることに問題はありません。 富山県産の牛肉を安心してお買い求め下さい。

県内産牛の検査結果(8月23日検査分)(PDF 41KB)
県外産牛の検査結果(8月18日検査分)(PDF 37KB)

(2)放射性セシウムに汚染されたおそれのある牛の肉の県内の流通状況

放射性セシウムに汚染された稲わらを給与された可能性のある牛の肉の県内の流通状況は次のとおりです。

県内の流通状況(8月10日)(PDF 171KB)

※国の定める暫定規制値(放射性セシウム500Bq/kg)が含まれる牛肉を1kg 食べた場合に体が受ける影響は0.0065mSV となり、胸のX線集団検診を1回受けた場合(0.05mSV)の1/8 の影響度です。従って、この牛肉を数回食べたとしても健康に影響があるとは考えられず、過度に心配する必要はありません。
※ご家庭において、該当する個体識別番号の牛肉を保管されている場合は、速やかに県に連絡してください。

http://www.pref.toyama.jp/sections/1001/201103eq/housyanou-agri.html

————–

産経ニュース 2011年8月28日
福島県産焼き肉に列 「脂が乗っておいしい」富山で安心PR

放射性セシウムの汚染問題で牛肉に不安が高まっていることを受け、富山県の業者らがつくる食肉団体は28日、富山市総曲輪の繁華街で福島県産牛の焼き肉を買い物客らに無料で振る舞い、安全性をPRした。

日本穀物検定協会(東京)が検査し安全と認められた福島県産牛のサーロインなどで、富山県産と合わせ、約3千人分が提供された。東日本大震災で富山県に避難している住民も招待された。

鉄板に並んだ肉から香ばしいにおいが漂うと、子供連れの買い物客らが列をつくった。孫と訪れた岐阜県高山市の女性(53)は「しっかり検査された肉なら抵抗なく食べられる。脂が乗っておいしい」と話し、熱々の肉を頬張っていた。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/110828/fks11082816210003-n1.htm

————–

おまけ

————–

ところで、同じく東北の宮城県の牛肉は、どうなってんの?

答えを見に行く → 宮城県知事の見解

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: