県民・国民を侮辱する宮城県知事 – Gouverneur de Miyagi prend des citoyens pour des idiots

Sur le site de la préfecture de Miyagi, nous pouvons lire la totalité de la conférence des presse donnée le 22 août.

Q) Lors du test effectué sur la sécurité d’alimentaire, est-ce que vous allez afficher sur les produits le taux de la radioactivité détectée? Comment ça se passe?

A) Le gouverneur de Miyagi, Mr.Yoshihiro Murai

Je pense qu’il suffirait d’indiquer que ce sont des produits sûrs. Si le taux est inférieur à 500bq/kg, cela ne pose aucun problème sur la santé alors ce n’est pas la peine d’indiquer le taux détecté lors du test et puis de toutes manières les consommateurs ne savent pas comprendre ces chiffres alors il suffit d’indiquer si ce sont des produits sécurisés ou non. Plus précieusement, nous allons fournir le certificat d’avis du test de la radioactivité du bœuf etc. Ce document assure que le produit est en dessous de 500bq/kg et que cela vous assure que vous pouvez manger de cet aliment autant que vous le souhaitez, sans aucun danger.

http://www.pref.miyagi.jp/kohou/kaiken/h23/k230822.htm

「安全性確認できた」宮城産牛肉競り再開 (2011年8月26日)

Marché des bœufs à Miyagi (26/08/2011)

農林水産省が海外向けに、こんな映像を製作してたって知ってた?

Delicious Nippon #7 (Wagyu Japanese Beef) par le Ministère de l’Agriculture, des Forêts et des Pêches au Japon

村井嘉浩(むらい・よしひろ)宮城県知事、臨時記者会見(2011年8月22日)の発言。

以下、宮城県HPより引用。

Q) 会見質問

検査証明書の表記には検出値も表記するのか、あるいは食品衛生法の基準を下回っていると、安全であるというざっくりとした表記になるのか。どのようになるのか。

A) 村井知事

安全であるということだけでよろしいかと思っております。健康上全く問題のない数値であるわけですので、詳細な数値を出したところで消費者の皆さんは理解ができないわけでありますから、安全か安全でないかということだけはっきりと証明すれば十分だというふうに思っております。正式には、牛肉の放射性物質検査結果通知書といったような形で添付をしたいと考えております。(1キログラムあたり)500ベクレル以下であるということであります。その証明書がついていれば(1キログラムあたり)500ベクレル以下で、どれだけ食べても全く問題がないということであります。

http://www.pref.miyagi.jp/kohou/kaiken/h23/k230822.htm

———————————————-

「●●以下」と「●●未満」の違いは・・・なんだっけ?

これってさ、確か小学生の時に習ったよね、で、頭にブチ込んだよな!!

500以下 = 500を含む = 0から500

500未満 = 500は含まれない = 0から499

と、いうことは、宮城県知事は、1キログラム当たり500ベクレル以下、つまり500ベクレルも含む食品(今回の場合は「牛肉」)は、「安全」で、「どれだけ食べても全く問題がない」と言っているわけだ。

で、その数値もバカな消費者は分からないだろうから、表示しなくて良いと・・・そゆことね。

ですから、極端な話、検査をして、結果500ベクレルであったとしても、「以下」に入るので、たとえ表示されず、「安全な牛肉」として市場に出されるということが、基本的に「可能」「基準」に成るわけだ。

この村井・宮城県知事式のルールだと、500ベクレル非表示は「反則」ではないっという事だ、で、安全安全安全なので、どんどん食べても問題ないと、そゆこと。

そんな村井・宮城県知事は、今日8月29日、韓国を訪れて宮城県の「安全PR」をしていたらしいけど、「観光客なんて何も分かんないんだから、とにかく、ま、安全なんで観光に来てくださいよ。」ってな感じで行ってきたのか?

でさ、宮城県知事は「5月に大統領が見舞いに来てくれて本当にありがとうございます。大変な被害でしたが、復旧はスムーズに進んでいます」って言ったらしいんだけどさ、そうかぁあ?えええええええ??

宮城県民の皆さま、本当に復旧はスムーズに進んでますかぁぁああああ?

宮城県の安全性をPR=韓国の渡航自粛解除要請―村井知事

2011年8月29日 [時事通信社]

【ソウル時事】宮城県の村井嘉浩知事は29日、韓国を訪れ、外交通商省の朴錫煥第1次官と会談した。東日本大震災後、韓国からの観光客が激減していることから、村井知事は観光地としての県の安全性を訴えた。

また、韓国政府が仙台市を含む県沿岸部に指定している「渡航自粛」を解除するよう要請した。知事によると、朴次官は「一生懸命に検討していきたい」としながらも「国民が地震や放射能に神経質になっており、国民の理解を得られなければかえって混乱する」と述べ、慎重な姿勢を示したという。

会談の冒頭、知事は「5月に大統領が見舞いに来てくれて本当にありがとうございます。大変な被害でしたが、復旧はスムーズに進んでいます」とあいさつ。朴次官は「宮城県は強い意志で(復旧を)進めていると聞いており敬意を表する」と語った。

http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201108290112.html

世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル

えっと、アノ、稲恭宏(いな・やすひろ)博士は何って言ってたんだっけ?

あれれ・・・放射線を受けた「牛、鳥、豚はどんどん元気になっていく、ソレを食べる人間はもっと元気になる」っと言っていたよね。

ここで確認してみてぇぇえええええ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: