Daily Archives: August 17, 2011

Propagande de la diplomatie japonaise

Libération – 17/08/2011

Une lettre de l’ambassade du Japon à Paris

A la suite de la diffusion par Liberation.fr d’une vidéo sur une réunion d’habitants de Fukushima, l’ambassade du Japon a souhaité apporter des précisions concernant l’action du gouvernement japonais sur place.

Monsieur le Rédacteur en chef

Après la lecture de l’article et le visionnage de la vidéo

(http://www.liberation.fr/terre/06013968-a-fukushima-les-habitants-veulent-des-reponses) que vous avez publiés sur votre site internet en date du 27 juillet 2011 sous le titre « A Fukushima, les habitants veulent des réponses », il m’a semblé que ces derniers pouvaient induire vos lecteurs en erreur sur les mesures prises par les autorités japonaises pour rétablir la situation. Permettez-moi donc d’apporter des précisions quant à la situation actuelle au Japon.

Il est évident que le public doit être informé de la situation dans les zones sinistrées par différentes sources. Mais il est tout aussi essentiel d’appréhender correctement les actions menées sur place afin d’éviter tout risque de malentendu. C’est pourquoi je souhaiterais que cette lettre puisse être publiée sur votre site internet.

Le gouvernement japonais consacre actuellement tous ses efforts pour venir en aide aux populations réfugiées du département de Fukushima, pour les prévenir des risques possibles d’irradiation et pour veiller à leur bonne santé. Nous sommes loin de la situation décrite dans la vidéo sous-titrée en anglais intitulée «Japanese government killing its own people in Fukushima» que vous présentez sur votre site.

En outre, cette même vidéo montre des habitants demandant aux autorités locales que les zones où ils résident soient comprises dans les zones d’évacuation. Concernant l’établissement des zones d’évacuation, la situation sur le site de la centrale nucléaire de Fukushima Dai-ichi n’étant pas complètement rétablie, les autorités japonaises continuent à l’heure où nous parlons de désigner des zones d’évacuation planifiée et préparée en adoptant les normes formulées par l’ICPR (CIPR) pour la protection des populations en cas de situations d’urgence nucléaire.

Le gouvernement appelle également les gens résidant hors des zones d’exclusion à évacuer volontairement leurs logements s’ils estiment ce choix préférable. Ces personnes bénéficient de toutes les aides fournies par l’État, comme l’attribution de logements temporaires (y compris des locations privées) tel que fixée par la Loi de Secours en cas de Catastrophes naturelles (« Disaster Relief Act »).

D’autre part, on peut également voir sur cette vidéo un représentant officiel refuser la demande de personnes présentes de tester des échantillons d’urine de leurs enfants. Permettez-moi tout d’abord de préciser que l’officiel présent était un responsable du bureau local de gestion des situations d’urgence nucléaire et que son refus était dicté par l’impossibilité physique d’effectuer directement sur place les tests demandés.

Je souhaiterais également insister sur le fait que les autorités du département de Fukushima ont mis en place une campagne de contrôle médical auprès de l’ensemble des  personnes résidant dans la préfecture de Fukushima depuis le 11 mars 2011, afin de dissiper leur crainte, garantir leur bonne santé et préserver leur confiance. En fonction des résultats obtenus lors de l’examen médical de base comprenant un questionnaire médical, des tests d’urine et des analyses plus poussées seront effectués sur les habitants en présentant la nécessité.

Enfin, concernant la vidéo

que vous présentez dans votre article comme étant disponible sur le site «Time Out Tokyo» et montrant une mère critiquant l’environnement à risques dans lequel évolue ses enfants, les mesures du niveau d’exposition aux radiations des enfants et des femmes enceintes feront partie intégrante des examens effectués durant les campagnes de contrôle citées précédemment. Des études préliminaires sont d’ailleurs d’ores et déjà menées dans certaines zones. En outre, les membres du gouvernement prennent des mesures destinées à réduire les taux de radiations dans les espaces de vie enfantine. Plus concrètement, le gouvernement apporte son soutien financier aux mesures anti-radiation prises par les responsables dans les cours des écoles affichant des taux de radiation ambiante supérieurs à 1 mSv/h, ainsi que par les collectivités locales dans les parcs et le long des chemins d’écoles.

Malgré tout, le gouvernement japonais fait aujourd’hui son possible pour aider les populations sinistrées, les prémunir des risques d’exposition aux radiations et veiller à leur bon état de santé. Nous espérons pouvoir compter sur votre collaboration pour en informer vos lecteurs.

Veuillez agréer, Monsieur le Rédacteur en chef, mes salutations distinguées.

Fumio SHIMIZU

Directeur du Service Culturel et d’Information de l’ambassade du Japon à Paris

http://www.liberation.fr/monde/01012354630-une-lettre-de-l-ambassade-du-japon-a-paris

———————————–

Quelle pauvre lettre et quelle propagande pour faire croire aux lecteurs français que le gouvernement s’occupe bien des sinistrés et des victimes des accidents nucléaires de Fukushima.

Nous pouvons également apprendre par cette lettre que cet ambassadeur Mr. Shimizu ne maîtrise pas les mesures radioactives.

Il écrit : “Plus concrètement, le gouvernement apporte son soutien financier aux mesures anti-radiation prises par les responsables dans les cours des écoles affichant des taux de radiation ambiante supérieurs à 1 mSv/ h, ainsi que par les collectivités locales dans les parcs et le long des chemins d’écoles.”

1 mSv ( = 1000 µSv) par heure? Vous vous rendez compte mesdames, messieurs?

Cela veut dire : 24 mSv par jour !!!

20 mSv / an = la limite de la dose radioactive pour les travailleurs des centrales nucléaires !!!

Et puis pourquoi il ne dit pas que le gouvernement japonais a augmente le seuil de la norme pour les écoles de 1 mSv par an (la loi japonaise) à 20 mSv par an et que le ministre de l’éducation même l’a validé. C’est ainsi que le ministre de l’éducation annonce qu’à son avis en dessous de 3,8 µSv par heure il est possible de pratiquer une activité en extérieur avec les enfants.

Pourquoi Mr. Shimizu ne parle-t-il pas de la norme de sécurité alimentaire que le gouvernement a changée après le 11 mars 2011.

Et c’était pourquoi déjà “Les résultats des tests de rayonnement des enfants ont été supprimés” ?

Cet ambassadeur finit sa lettre en disant “Nous espérons pouvoir compter sur votre collaboration pour en informer vos lecteurs.”, mais est-ce bien le rôle d’un journal comme libération de véhiculer la propagande mensongère du gouvernement japonais?


残念な在仏日本大使館・参事官の公開レター

今日、フランス新聞リベラシオンのHPサイトで見かけた記事。

記事は今日8月17日付けのもので、

『先日、福島県民と日本政府との会議の様子が撮影されたビデオをリベラシオンで紹介し掲載した件に対し、在仏日本大使館の大使は、詳細の付け加えと日本政府の政策の説明をしたいと申し出た。』

という解説文つきで始まり、在仏日本大使館・文化担当参事官・志水史雄(しみずふみお)氏による公開レター(フランス語)が全文掲載されている。

ここで書かれている、「福島県民と日本政府との会議の様子が撮影されたビデオ」とは、具体的には Japanese government killing its own people in Fukushima (日本政府は自国民・福島県民を見殺しにする)っという題名のついたビデオ(英語フランス語ドイツ語にも訳されている)のことで、この件について、あたしはココに書いたので、ここで見て。→ 

問題のビデオは、コレ。

このビデオが、リベラシオンのHPで記事にされ掲載され、さっき見に行ったら130件以上の反応が書き込まれているわけだけど、この件に関して、今回、在仏日本大使館・文化担当参事官・志水史雄(しみずふみお)氏が、「ちょっと待った!」「物申す!」って感じで手紙を書き、読者の「誤解」を解き放つ為に、「公開レター掲載」を願い出て、ソレが掲載されたというわけだ。

この在仏日本大使館・文化担当参事官・志水史雄(しみずふみお)氏は、こう書いてる。

『先日掲載された「福島、県民は解答を求める」という記事を読み、読者が日本政府当局の対策に対しての誤解を招くと見解致しました。そこで、詳細の付け加えと現在の日本政府の政策の説明をさせてください。』

続いて、手紙の重要だと思われる部分だけ、一部を訳してココに置いておこうっとぉ☆

● 現在日本政府は全力をかけて、福島県の被災者のために活動をしており、住民に放射線危機を知らせ、また健康管理に努めております。ですから、先日掲載されておられました、英語タイトル Japanese government killing its own people in Fukushima (日本政府は自国民・福島県民を見殺しにする) というのと、現実は非常にかけ離れております。

● 日本政府は、避難地域指定以外の住民でも、必要であれば自主避難をして良いと発表しているんです。そして、このように避難が必要である人々には、震災時に伴う災害救助法の適用の元、一時滞在住宅(私施設も含めて)を提供しています。

● 紹介されたビデオでは、福島県民が検査を要求する子どもの尿の受け取りを拒否する場面が見受けられます。しかし、ひとつ言わせて貰いたいのは、彼は、原子力の緊急事態管理の現地事務所の責任者であり、拒否の理由としては、県民から要求されたテストを実行するには、物理的に無理だった為だったのです。

● また私が強調して、お伝えしたいのは、3月11日以降、福島県行政が県民の健康診断を呼びかけており、心配事や相談を聞いて、住民の健康管理をし安心してもらうというキャンペーンを行っているのです。健康診断の結果や、健康質問調査などを見た結果、必要に応じて尿検査をし、もっと具体的な検査も行っているのです。

● もう一つ、掲載されておられた記事の中で«Time Out Tokyo» というサイトに紹介されていたビデオがありましたね。

このビデオでは、危険な環境で子育てをすることに不安で心配な母親の姿が見られますが、妊婦も含めて、そのような方々のために、先ほど申したように福島県は健康診断キャンペーンを行っているのです。

● 特に子どもが生活する環境の放射線線量を下げる為、日本政府は活動しています。具体的に言いますと、学校中庭、地域施設、公園や通学路などで毎時1ミリシーベルト以上の場合に取られる除染対策については、政府が助成金を出し支援しています。

● いかなる場合も、日本政府は、被災者を支援し、国民を放射線被ばくのリスクから保護し、住民の健康を確保することに努めております。どうぞ、読者の皆様にメッセージが伝わりますよう、ご協力をお願いいたします。

———————————

例の日本政府の非人道で、あまりにも酷すぎる映像が英語フランス語ドイツ語にも訳されて、世界で見られており、記事になり報道されていることを見て、さあ、慌てて書いた手紙なんでしょうね。

そうそう、このビデオに関して触れている、日本在住のフランス人女性の書いた、公開告発レター東京在住、私はこの無責任な日本政府を告発するが掲載されたこともあったよね。(掲載されたのは、フランスのネット新聞Rue89)

そして、こんな状況に「唖然」とするフランス人などを前に、なんとか日本政府への印象を変えようと必死な在仏日本大使館・文化担当参事官の姿が伺えるだけじゃないの?

「編集」してあるとはいえ、あの映像ビデオや、その他の映像を日本から随分と離れているフランスの人もネットを通してみているわけで、その印象を、文化担当参事官・志水さんは、必死に日本政府の肩を持って、一生懸命弁明されているようだけど、こんな事、すればするほど悪影響だと思うけどね。

しまいには、この文化担当参事官・志水さんは、放射線線量も分かってないってことが、ハッキリと判明した。

判明したのは、この部分。

● Plus concrètement, le gouvernement apporte son soutien financier aux mesures anti-radiation prises par les responsables dans les cours des écoles affichant des taux de radiation ambiante supérieurs à 1 mSv/h, ainsi que par les collectivités locales dans les parcs et le long des chemins d’écoles. ●

● 特に子どもが生活する環境の放射線線量を下げる為、日本政府は活動しています。具体的に言いますと、学校中庭、地域施設、公園や通学路などで毎時1ミリシーベルト以上の場合に取られる除染対策については、政府が助成金を出し支援しています。●

で、 1 mSv/h = 毎時1ミリシーベルト っと書いてる。

毎時 1 mSv (1ミリシーベルト) = 毎時 1000µSv (1000マイクロシーベルト)

つまり、この在仏日本大使館・文化担当参事官は、「学校中庭、地域施設、公園や通学路などで毎時1000マイクロシーベルト以上の場合に取られる除染対策については、政府が助成金を出し支援しています。」と言っていることになる。

この計算で行くと、1日は24時間で24倍の24ミリシーベルト(2万4000マイクロシーベルト)になるわけだ・・・うんわああああああ。(怖)

この在仏日本大使館・文化担当参事官は、ミリシーベルトとマイクロシーベルトの違いが分かってないのじゃないのか?そんな人が、公開レター書いてるの?

こんな基本的な部分で、どエラい間違いをしているわけだけど、これも偶然ではないのではないか?っとさえ、思えてくるんだけど・・・。

で、これで、フランス人、フランス語圏の読者の「誤解を解き放ち」、「信頼」や「正しい知識」を獲得できるのか?

それとも、1 mSv (1ミリシーベルト)・・・コレは事実で、間違いではないのか?

もし仮に、「年間1ミリシーベルト」もしくは「毎時1マイクロシーベルト」っと、この在仏日本大使館・文化担当参事官は書きたかったのだとする・・・だとしても、「学校中庭、地域施設、公園や通学路などで年間1ミリシーベルト以上(もしくは毎時1マイクロシーベルト以上)の場合に取られる除染対策については、政府が助成金を出し支援しています。」・・・そういう事が本当に行われているのか?

この在仏日本大使館・文化担当参事官は、福島県民が日々、除染対策に取り組み、一般市民自らリスクを覆って除染活動を強いられていることを、まさか知らないのか?

そして、「毎時1ミリシーベルト以上の場合に取られる除染対策については、政府が助成金を出し支援しています。」と言ってるけど、本当に市民団体や個人で除染活動している人たちは、「支援金」「国が出す助金」を受け取っているのか?あたしには、そうは見えてないけどね。

そして、「想定内」通り?この公開レターを書いた在仏日本大使館・文化担当参事官は、3月11日以降に、日本政府が勝手に引き上げ、それも文部科学省で最終決断がなされた、子どもに「年間20ミリシーベルト」や、これまた日本政府が勝手に引き上げた食品のヨウ素・セシウム暫定基準値の指標のことには、一切触れていない。

そもそも、このような公開レターをリベラシオン紙に掲載願いをする前に、例のビデオで見られた会議に出席していた福島県民や「福島の子供たちを放射能から守る会」の人々に連絡を取ったのだろうか?確認したのか?

ここでも、弱いものの立場に立ち考え、意見表明し、行動するという姿ではなく、「日本国」という「国」や「政府」を優先し、いろんな意味で人々を踏みにじるかのように、「国」の肩を持つ「官僚」の姿が浮かび上がってくるだけではないだろうか?

そして、フランス人読者に対して、「ほら、日本政府はシッカリ国民の健康を守り、国民のために動いているんだから、あんなもん(ビデオ)信じるな、心配するな、つべこべ言うな。」っとでも言いたいのか?

いろんな意味で「誤解を解き放ちたかった」みたいだから、ついでに、原子力安全委員会が、すべて削除していたという「子どもの被ばく検査結果 削除」の件についても、言い訳しておけば良かったんじゃないの?

「文化担当参事官」っということは、アノ高木文部科学省大臣(国会で「屋内退避の放射線量の基準を尋ねられて答えなかった=答えられなかった大臣」)の同僚という事になる分けだから・・・放射線線量数値もマトモに書けないのは「想定内」という事になるのか?

ついでに、フランスの文化相・フレデリック・ミッテラン氏の福島県訪問の際の「食品安全キャンペーン」も、信じがたいほど酷いものだったけどね・・・。

以下は、2011年4月27日、参議院文化委員会での、在仏日本大使館・文化担当参事官・志水史雄(しみずふみお)氏の上司?高木義明文部科学省大臣の答弁で、「屋内退避の放射線基準はいくらだったでしょうか?」っとの、河井克行議員の質問に、高木大臣は全く持って答えられていない、答えることの出来ていない姿がしっかり記録されている。(20分30秒過ぎから)