Daily Archives: August 11, 2011

放射能を含む瓦礫が誤って出発・・・ – Des gravats radioactifs quittent par erreur…

昨日、リベラシオン紙のHPに掲載されていたAFP通信の記事を読んだ。

同記事がル・モンド紙のHPにも掲載されていた。

———————————————————-

放射能を含む瓦礫が誤ってブジェイ原子力発電所から去る (2011年8月10日)

ブジェイ原子力発電所(アイン県)から、放射性物質を含む瓦礫が原発サイトに分別される前に誤って送還され採石場に流し込まれたことが、8月10日フランス電力会社EDFによって発表され、プログレ紙(リヨンの地方紙)によって報じられた。

EDFの担当者はAFP通信に、「火曜日昼間に、1台のダンプカーが非放射能ゾーンで瓦礫を積み込み」原発出口の「自動制御装置」が「放射能感知」をしたにも関わらず、「誤って」そのダンプカーは現場から出発したとの事を説明した。

この担当者は付け加えて、水曜日の朝に分別される予定を待たずに「微量な人口放射性物質を含む瓦礫」は結局採石場に流し込まれた」と話した。

EDFによると、水曜日、この瓦礫が運び出されたペルージャ(アイン県)の採石場現場から、放射能検出されなかったという。

この件についてEDFは、INES(国際原子力事象評価尺度)のレベル0(レベル7中の0)に当たり、「健康にも環境にも何の影響もない」との発表をした。

———————————————————-

元記事 リベラシオン紙HPに掲載されてあったAFP通信の記事。

10/08/2011 à 21h22
Des gravats radioactifs quittent par erreur la centrale nucléaire du Bugey

Des gravats présentant des traces de radioactivité ont quitté par erreur le site de la centrale nucléaire du Bugey (Ain) et ont été déversés dans une carrière, avant d’être rapatriés à la centrale, a-t-on appris mercredi auprès d’EDF, confirmant une information du Progrès. (© AFP Jean-Philippe Ksiazek)

LYON (AFP) – Des gravats présentant des traces de radioactivité ont quitté par erreur le site de la centrale nucléaire du Bugey (Ain) et ont été déversés dans une carrière, avant d’être rapatriés à la centrale, a-t-on appris mercredi auprès d’EDF, confirmant une information du Progrès.

“Mardi en fin de matinée, un camion a chargé des gravats sur un chantier en zone non-nucléaire” et quitté le site “par erreur” bien que “le dispositif de contrôle automatique” à la sortie de la centrale ait “détecté des traces de radioactivité”, a expliqué à l’AFP une porte-parole d’EDF.

Le chargement, présentant “de très faibles traces de radioactivité artificielle”, a tout de même été déchargé dans une carrière, avant d’être rapatrié mercredi matin vers la centrale, a-t-on précisé.

“Aucune trace de radioactivité artificielle” n’a été relevée mercredi dans la carrière située à Pérouges (Ain) après enlèvement des gravats, selon EDF.

L’indicent a été classé au niveau 0 (sur 7) sur l’échelle Ines (Échelle internationale des événements nucléaires) et “n’a eu aucune conséquence sanitaire et environnementale”, a affirmé le groupe.

© 2011 AFP

———————————————————-

ブジェイ原子力発電所はウイキペデイアによると、1965年に建設が始まり1972年4月15日から稼動してんだってさ。

作業員は1200人って書いてある。

すごいな、こんな向日葵畑とブジェイ原発の様子。

で、夜はこんなか・・・、結構近くに普通の民家みたいなのが見えるけど・・・。

で、原発から35キロ程度ぐらいに、フランスでも大きな街に入るリヨンがあるんだよね。

あと、これはブジェイ原発の模型だってさ。

ついでに、これは、ブジェイ原発が、『4基の内の1基が停止し、配管などには亀裂が入り、放射性物質が放されているという事故』を「想定」しての訓練の模様。


東京在住のkiyoman5さんの報告 「ホールボディカウンターを受けてきました。」 – Le rapport de Mr. kiyoman5 de Tokyo “Je suis allé faire un test whole body counter”

都内の降下物(塵や雨)の放射能調査結果 (採取及び測定場所 : 東京都健康安全研究センター、東京都新宿区百人町)

Niveau de matière radioactive des retombées à Tokyo (Le lieu d’échantillonnage et de mesure : Tokyo Metropolitan Institute of Public Hearth à Hyakunin-cho, Shinjuku-ku, Tokyo)

————————————————-

東京在住の kiyoman5 さんの報告。

北海道がんセンターで、ホールボディカウンターを受けてきました。測定結果、内部被曝していました。 セシウム137が、868bq セシウム134が、6373bq ヨウ素は測定限界値(200bq)以下で、ND はい。セシ人でした…』 (以下の写真は8月8日に投稿されたもの。)

Le rapport de Mr. kiyoman5 de Tokyo :

“Je suis allé faire un test whole body counter au National Hospital Organization -Hokkaido Canser Center. Le résultat, j’ai appris que j’étais irradié de l’intérieur. Le césium 137 = 868bq, le césium 134 = 66373bq, l’iode était inférieur à 200bq. Oui je suis l’homme du césium… ” (Photo posté le 8 août 2011)

『これも北海道がんセンターでもらった測定結果なんですが、この図から分かることはなんでしょうか?(先生は説明してくれましたが、記憶から抜けています…)』 (以下の写真投稿は8月10日付)

“Ceci est un document qu’on m’a donné aussi au National Hospital Organization -Hokkaido Canser Center mais qu’est-ce qu’on peut y lire là déjà? (Le médecin m’a expliqué mais j’ai un trou dans ma mémoire…)” (Photo posté le 10 août 2011)

————————————————-

追記 – note

私は専門家でもないし、少しでも知識のある人に色々教えてもらって、さらに自分で調べて学ぶしかないと思ってる。

で、気になった上のkiyoman5さんが公開されていた検査結果を知識や経験のある、イヴ・ルノワーさん(「チェルノブイリ・ベラルーシの子供たち」という団体代表者)に見てもらって、見解を聞いてみることにしたよ。

以下は、ルノワー氏からの返答より引用の日本語訳・・・してみた。

『先ずセシウム137と134の検出結果は非現実的です。となると、この検査結果は使い物にはなりません。そして測定結果の間違いは、使用された機器の不適当さを証明しているといえます。このように使えない機器が使用されているということを見て、正直驚いています。たとえば、セシウム134の摂取量には 6 373 ± 33 747 っと記されていますが、コレの意味するのは、つまり摂取量結果が、マイナス27 374 から、プラス40 120っということですよ !!! これ自体、矛盾しています。こんな検査結果を良くもまぁ出したものだ、と思います、この技師は技術能力が無いのだと思われます。しかし、この状況で何があったのか推測をしてみることにしましょう。もしかしたら使用されている機器の測定値幅が多数あるものを使っているのかもしれないという事、そしてソノ機種は非常に大きな測定値を表示するものかもしれないという事。この結果を見た所、まず、この計測手順を疑問視し、適切な測定値を出すために考え、やり直すことが必要だという事です。最後に、この情報から、ある事が見えてきたのは、福島のこのような状況下に必要とされる人々が、いかに準備不足で、無能で、無経験であるかという事です。』 (2011年8月12日受信のメールより。)

J’ai demandé l’avis de Mr.Yves Lenoir (Président de l’association Enfants de Tchernobyl Belarus) à propos des résultats du test whole body counter de Mr. kiyoman5 :

“Le rapport Cs137 Cs134 du premier témoignage est irréaliste.  C’est donc un témoignage inexploitable. De toutes façons la barre d’erreur des mesures prouve que l’appareil est inadapté. C’est étonnant qu’un appareil aussi peu performant soit utilisé.

“En effet si vous écrivez valeur = 6 373 ± 33 747, cela signifie que vous avez une charge corporelle entre – 27 374 et + 40 120 !!! c’est proprement inconsistant.

“Je suis même stupéfait qu’un technicien ait osé valider un tel résultat. Il doit être totalement incompétent. Car j’ai une hypothèse : il est possible que l’appareil ait plusieurs calibres et que le gars ait utilisé un calibre fait pour mesurer les très fortes doses. La lecture du résultat aurait dû l’inciter à douter de la procédure suivie, à réfléchir et à refaire la mesure avec le bon calibre.

“Enfin, en soi, cette information jette une certaine lumière sur l’état d’impréparation, d’incompétence et d’inexpérience du personnel appelé à traiter la situation radiologique créée par Fukushima.” (mail reçu le 12 août 2011)

————————————————-

朝まで生テレビ (2011年5月28日)

関東地方の放射能汚染状況について。

————————————————-

NHKドキュメンタリー WAVE
“内部被ばく”に迫る ~チェルノブイリからの報告~
放送: 8月6日 (土)  0:00~ 0:49
再放送: 8月7日 (日) 17:00~17:49

福島原発以来、世界中で注目を集めている”内部被ばく”。健康への具体的な影響などわかっていないことが多いその実態の解明に、去年の夏から日本の研究チームが取り組んでいる。チェルノブイリのホットスポットと言われている村で健康調査を実施し、事故から20年以上たって住民の間で急増している原因不明の心疾患を検証、放射性物質「セシウム」が人体に影響を及ぼすメカニズムを探っている。謎につつまれてきた「長期的放射能被害」に対して、国内の英知を結集して立ち向かう最新報告。

————————————————-

千代田区2小学校の砂場で独自基準上回る

▼ 放射性物質半減期

ロジウム106 ( 29.8秒)
ヨウ素131 ( 8日)
コバルト60 ( 5 .3年)
ストロンチウム90 ( 28.8年)
セシウム137 ( 30.1年)
ラジウム226 (1,600年)

プルトニウム239 (24,000年)
ウラン234 (24万5千年)
ウラン235 (7億4百万年)
ウラン238 (44億7千万年)


子どもの被ばく検査結果 削除 – Les résultats des tests de rayonnement des enfants ont été supprimés

NHKニュース 2011年8月11日

子どもの被ばく検査結果 削除

東京電力・福島第一原子力発電所の事故で、インターネット上で公開されていた福島県の子どもの甲状腺検査の結果について、個人を特定できる可能性があるとして、国の原子力安全委員会が、すべて削除していたことが分かりました。専門家は、「正確な情報提供に逆行する」と指摘しています。

福島第一原発の事故で、国の対策本部は、3月に福島県いわき市などに住む15歳以下の千人余りを対象に、放射性物質が甲状腺に蓄積していないか検査を行い、原子力安全委員会がインターネット上で結果を公開してきました。

この中には、いわき市の4歳の子どもが健康への影響は無いとされる、甲状腺に受けた放射線量にして35ミリシーベルトの被ばくをした、とする記述もありました。

ところが、詳しい住所が含まれていたことから、原子力安全委員会は、「個人を特定できる可能性がある」として、今月初め、記述をすべて削除しました。

しかし、子どもの甲状腺の検査結果は、ほかには一切公表されていないうえ、個人の特定とは関係のない、被ばく線量などの情報まで削除されたことから批判の声があがっています。

災害時の情報伝達に詳しい東京女子大学の広瀬弘忠名誉教授は、「子どもの被ばくに過敏に反応されることを恐れて削除したと言われてもしかたがない。正確な情報提供で対応できるようにしてもらわなければならないのに、逆行するあり方だ」と指摘しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110811/k10014837761000.html

—————————

NHK News 11/08/2011

Les résultats des tests de rayonnement des enfants ont été supprimés

Après l’accident nucléaire de Fukushima Daiichi – TEPCO Power Station, les résultats de la préfecture de Fukushima à propos des tests de la thyroïde chez les enfants ont été publiés sur l’Internet, puis ont été tous supprimés, selon l’explication donnée par la Commission de sûreté nucléaire, afin de respecter l’anonymat des populations testées.

Les spécialistes remarquent que “Cet acte va à l’encontre de la transparence de l’information”.

Après l’accident nucléaire de Fukushima Daiichi, le gouvernement japonais a mené un test d’inspection pour savoir si les les matériaux radioactifs thyroïdiennes ne s’accumulaient pas chez les enfants, et ainsi plus d’un millier de moins de 15 ans vivant dans la ville d’Iwaki de la préfecture de Fukushima en mars 2011, ont été examinés.

La Commission de sûreté nucléaire a été chargée de la publication de ces résultats sur l’Internet.

Parmi les enfants qui ont passé le test pour la thyroïde, l”un d’eux de l’âge de 4 ans et habitant à Iwaki, avait reçu une exposition de 35 mSv. La mention portée sur le résultat était clair : “ne posera pas de problème de santé”.

Cependant, puisque les coordonnées ont été incluses, la Commission de sûreté nucléaire a décidé de supprimer cette information début août parce qu’elle a estimé que “cela suffisait pour identifier les personnes”.

La Commission de sûreté nucléaire a enlevé la totalité de l’information publiée auparavant.

Mais comme les résultats des tests des enfants se trouvaient exclusivement sur le site de la Commision de sûreté nucléaire, certains critiquent cette situation parce que l’information est désormais inaccessible, y compris celle qui ne donnait pas d’indication particulière sur l’identité personnelle des enfants.

Le professeur émérite Mr. Hirotada Hirose, de l’Université de Tokyo Woman’s Christian, spécialiste de la communication de catastrophe remarque qu'”Il est tout à fait pensable que cette suppression des informations illustre de la peur de provoquer des réactions trop sensibles au sujet des radiations sur les enfants. Nous demandons aux autorités publiques de nous fournir ces informations exactes, ce qui est l’opposé de l’attitude actuelle”.

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110811/k10014837761000.html

—————————

追記

朝日新聞 2012年2月21日

甲状腺被曝、最高35ミリシーベルト いわきの子ども

東京電力福島第一原発事故の影響による子どもの甲状腺の被曝(ひばく)問題について、内閣府の原子力安全委員会は21日、昨年3月下旬に福島県いわき市で実施した検査で、甲状腺の局所の被曝線量が最高で35ミリシーベルトだったという評価値を公表した。

現地対策本部は昨年3月下旬、安全委の助言に従って、福島県内で子ども1080人に対する甲状腺検査を実施した。安全委の公表資料では、いわき市の137人(0~14歳)のうち、11人の線量は5~35ミリシーベルトと高かった。2番目は25ミリ、次が21ミリシーベルトだった。政府は当時の検査は精度が低いとし公表していなかった。

ただし、国際原子力機関(IAEA)の甲状腺被曝を防ぐために安定ヨウ素剤を飲む基準は1歳児で50ミリシーベルトで、これを上回る結果はなかった。

20日に公表された福島県民健康管理調査では、全身に体の外から浴びた被曝線量の評価値は、一般県民の最高で23ミリシーベルトだった。今回は甲状腺の局所的な被曝線量を評価したもので、国際放射線防護委員会(ICRP)の計算式では全身の外部被曝線量に換算するときには、25分の1になる。

http://www.asahi.com/national/update/0221/TKY201202210684.html

東京新聞 2012年2月22日

記事を送ってくださった方に感謝申し上げます☆