MOX燃料製造工場セラフィールドが閉鎖へ – Fermeture de l’usine de Sellafield fabriquant du MOX

2011年8月3日、イギリス政府は正式に「MOX燃料製造工場セラフィールドの閉鎖」を発表したよね。

閉鎖の理由は、福島原発事故が直接の原因で、工場閉鎖の為、突然800人の従業員の職の安定が問題になったようだけど、セラフィールドにある再処理工場へ移動して働き続けれるように手続きが行われているんだってさ。

直接の原因とは、具体的に「浜岡原発」の停止。

つまり、日本が原発を、MOX燃料を注文することによって、この800人の従業員は「雇われて、食って」いたという事ね、で、それが中断された影響が、もろに出たという事。

さて、このMOX燃料製造工場セラフィールド閉鎖は、フランスにとっては、どんな意味があるのか?

それは、ズバリ、MOX燃料製造工場として産業する国が、世界で唯一 となったのがフランスっという事ね。

だから、フランスは、日本に「MOX燃料やっぱ止めるわぁ」とか、ましてや、「原発止めまっす」なんて言われた日にゃぁぁああああ、こりゃ大変な事になるわけさ。

そういった事も踏まえて、福島第一原発事故の収拾作業に手を貸す・出すフランスの立場は、ある意味、フランス国民にも、そして、フランスが原発を売り込んでいる国、これからフランスが原発を売り込む予定の国、そういう所で、「試されてる」のでもある分けだわな。

だから、福島第一原発にAREVAが導入した配管が敗れて洩れた・・・とか、送ったロボットが役に立たなかった・・・とか、AREVAが担当する汚染水処理が捗らない、手こずってる、進まない・・・とかは、非常に非常にマズい状況なんだよね、AREVAという原発大国の原発産業会社としては。

で、フランスの大統領サルコジは、「フランスの原発は安全だ、最強だぁ。」っと、自信満々な分けだから、ソレをなんとか証明することで、フランス国民にも「ほら、ウチらんとこは、安全だし、事故が起きたとしても最高の技術で、なんとかするでしょ?他国も助けるでしょ?ね?」って見せ付けることになるわけ。

で、反原発人や脱原発人を、コレでもかっ!!っと、ヤリこめて、黙らせる、そういう「舞台」でもある訳だわな。

そういう意味でも、必死こいてる、AREVAとフランス政府っていう事ね、でも、みんなも見て知ってるように、AREVAが福島第一原発の状況の改善に「大活躍」していると・・・そういう感じではないのが現実だよな、だから、必死だよ、ヤツラは超必死こいてる、だって、収束の目処が全く立ってないんだからぁあ!!!

Sellafield – The Nuclear Story

セラフィールド・コールダーホール原子力発電所の4つの冷却塔の爆破解体 (2007年9月28日)

Démolitions des tours de la Centrale nucléaire de Calder Hall (Sellafield) (28/09/2007)

Le plus gros complexe nucléaire d’Europe va cesser la production de MOX
LEMONDE.FR avec AFP | 03.08.11 | 16h54

Les autorités britanniques ont annoncé mercredi 3 août la fermeture de l’usine de Sellafield (Angleterre) fabriquant du MOX, un mélange d’uranium et de plutonium servant aux centrales nucléaires, en raison de l’impact de la catastrophe de Fukushima sur les ventes.

L’agence gouvernementale chargée du site, la NDA, a expliqué que cette catastrophe allait fortement affecter les contrats en provenance du Japon, qui assurent l’essentiel des débouchés de cette usine employant 800 personnes. “Pour éviter le maintien d’une activité qui engendrerait des coûts inutiles pour le contribuable britannique, la seule issue raisonnable est la fermeture de l’usine le plus rapidement possible”, a précisé la NDA.

L’agence a promis d’aider au reclassement des employés dans d’autres unités de Sellafield, plus vieux et plus gros complexe nucléaire d’Europe devenu notamment un gigantesque chantier de recyclage et de retraitement de déchets. Le syndicat britannique des employés du nucléaire a dénoncé une décision “hâtive et à courte vue”.

Le MOX est fabriqué à partir de plutonium issu de combustibles usés sortant des centrales nucléaires et d’uranium appauvri. Selon le groupe français Areva, 4 des 55 réacteurs nucléaires japonais fonctionnent avec du MOX, dont un à Fukushima. La centrale de Fukushima Daiichi a été gravement endommagée par une vague géante de 14 mètres déclenchée par un séisme de magnitude 9 survenu au large du nord-est du Japon le 11 mars.

http://www.lemonde.fr/planete/article/2011/08/03/le-plus-gros-complexe-nucleaire-d-europe-va-cesser-la-production-de-mox_1555877_3244.html

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: