想定内の酷さ : フランスモード界がマスクをデザインする時。- Quand la mode française crée des masques hygiéniques

J’ai failli vomir quand j’ai lu cet article!!!

MASQUES HAUTE-COUTURE
Marie-Aurélie Graff
25/07/2011Si la tendance du masque hygiénique est surtout développée au Japon, elle risque de bientôt s’étendre au reste du monde. Surtout si le masque se fait fashion voire haute-couture !Au Japon, le masque hygiénique anti-pollution est l’accessoire ultime qui rallie tous les styles. Manga-boys, hommes d’affaires, écolières en jupettes… tous portent le masque sans suivre un effet de mode mais plus par instinct de survie ! Plusieurs créateurs et artistes  – parmi lesquels Sonia Rykiel, Anne Valérie Hash, Christian Lacroix, Gaspard Yurkievitch, Andrea Crews, Stéphane Manel, Philippe Starck ou encore Marithé + François Girbaud – ont décidé d’inverser la tendance et de transformer l’accessoire médical en objet fashion. Les 20 et 21 septembre prochain, leurs masques hygiéniques revisités seront exposés aux Arts Décoratifs puis vendus aux enchères. Les bénéfices des ventes seront revendus à l’association « Enfants sans frontières KnK Japon », qui vient en aide aux sinistrés du séisme de mars dernier. Prêts à faire une bonne action en vous offrant THE accessoire mode nouvelle génération ?

Exposition et vente aux enchères 20 et 21 septembre. Arts Décoratifs 107, rue de Rivoli 75001 Paris

http://www.buybuy.com/art-culture/actualite-luxe/AC-N-expo-masques-hygieniques-createurs-Japon-25072011?img=1#block1

——————————————————————

ま、こんなもんは完全な「想定内」だったけど、やっぱり酷いんで書いておく。

あぁぁぁあああああ、やりにくいっ。←分かる人には分かる。

さて、なにが、「想定内」だったかって?

日本では(衛生)マスクが既に日常品になっているが、これは、どうやら近い内に世界にも浸透しそうな傾向である。そのマスクがファッションとしてお洒落で、更にハイ☆ファッショだったなら尚更流行ること間違いなし!

っとの書き出しで始まる記事を見かけた。

これは、何を言いたいのかって?

まず、「どうやら近い内に世界にも浸透しそうな傾向である。」って、所では、みんなも想像がつくように、東電・福島第一原発事故があってから、フランスもドえらく緊迫し、心配したわけで、それで、世界中で見受けられた日本の光景は、人々がマスクをしてる姿が報道されたわけだ。

日本では「日常的なマスク」は、別の国では「奇妙」もしくは「異様」な物体だったりするわけさ。

たとえば、それは、存在するのだけど、病院の手術室とか、そういう場所で見かけるものであって、決して一般人が身に着けるようなものではない、例えばフランスでは、風邪をひいていて、ドえらい咳をしている人がいても、マスクしてる人、見たことない、ないないない、ないっ!!

そんな環境も手伝って、福島原発事故後に頻繁に見受けられた、「子どもがマスクをしてる姿」などは、フランスの多くの人は、ブルブルぅ震える勢いで見ていたと思う。

もちろん、その子どもは決して「風邪ひいてるんでマスクしてるねん。」・・・ではない状況だったから、誰もが、ブルブルぅ震える状況に間違いなかったのだけど。

しかし、今回の記事では、そのマスクがア・ラ・モード(ファッションの流行)業界で話題にされてるわけさ。

ソニア・リキエルとか、クリスチャン・ラクロワとかクリエーターと呼ばれる人々が、マスクをお洒落にデザインし、福島の被災地の人々を応援すべく、その「超お洒落マスク」・・・パリの装飾美術館でマスクが9月20、21日に展示された後に、チャリティーオークションにかけて、その金を支援金にするんだってよ。

ほいでさ、この記事の〆の言葉はコレ。

やっぱ、クソ酷いわぁぁあああ、ココまで酷いと笑うしかない??

さぁ、あなたも素敵な援助しながら、お洒落に新時代のアクセサリーをする準備は出来てるかしら?

え?で、そのお洒落新時代のアクセサリーは「放射能」という物体から身を守ってくれると、これらのファッション業界の人々は本気で思って、「お洒落に」、「これが最高の流行よ」的にクリエーターしてんのぉぉぉ??

ま、こういう人々は、ハッキリ言って、原発にも、原発事故にも、脱原発でも、原発推進でも、なんでもなく無関心な人たちなんじゃねぇのか?って思うけど、実際どうなんだろう。

子どもに年間20ミリシーベルト問題とかさ、そんなのも全く知らない人たちが、「私たちが出来ることは、こうやってクリエーターの力で助けること、援助すること☆ ソレしか出来ないのよ。」とか、マジ思ってそうで、吐きそうだわぁぁああああっ!!!!!

たとえば、これはソニア・リキエル作。

他のは、ここのスライドショーで見てみて。→ Fuck Nukes

でさ、この記事書いた人も、モード界に群がって、結局はシャンパン飲んで、パーティーやんでしょ?ま、あたしにゃ関係ねぇけどよぉ、ヤってればぁって感じだわ!!

ちょっと話は飛ぶけどぉ、そういえば、フランスのファッション業界で騒ぎになった、フランスの超売れっ子クリエーター、ジョン・ガリアーノが「ヒトラーを愛してる」発言で、ドえらく話題にはなったな・・・もう、忘れられてるけどねぇぇえええ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: