東京在住フランス人女性、日本政府を告発する! – Française vivant à Tokyo, elle dénonce le gouvernement japonais!

今日見かけたフランスの記事で、興味深いのがあったから、訳してココに置いておく。

記事は、フランスのメディアで Rue89 というネット新聞。

記事名は「東京在住、私はこの無責任な日本政府を告発する」で、記事を書いたのは東京在住のフランス人女性のBigorneauさん。

記事は「記者」によって書かれたものではない。

フランスの大手メディアも、このような事情について伝えようとしない。

日本在住のフランス人記者達だって、ごろごろ居るはずなのに、なんで伝えないんだ?

伝えても、そんなもん「素通り」程度にしか伝えてないよね、あたしには、そうとしか見えないんだよねぇえええっ、どうなってんだっつぅぅぅううううのっ!!!!!

あとさ、見られてるよ、見られてるってば、無責任で、非人道的な言動がさ、世界で見られてるんだってばぁ。

コメントが沢山あって、そんなかにはさ、「ほらほら、中国以外にも、こういう国があるんだな、これがさ。」ってな感じのコメントが書かれとるやん!!!!!

他には、こんなコメントがある、「自分の国(フランス)の事が恥ずかしくてたまらない。このフランスの人々は、あまりにも自分達が安全であることに慣れ過ぎている、まず他人の所の事故なんて、自分の所で起きて無い限り、関係ないと思っているヤツラばっか、関係ねぇって思ってんだよ。中には、フランスには地震が無いからねぇなんて能天気なこと言ってるヤツもいるからな。俺は、そういうヤツラにはPCの前にズット居ろっつってよ、喜んで中指立ててやるわ・・・とんでもねぇフランス・・・このクソ野郎がぁ! 」っつぅのもあるわ。

あとは、「嗚呼、信用しようぜ、しようぜしようぜ、あんだけ嘘ついてたのがバレてる、この状況で未だ信じんのかよ !?! 嗚呼、そうかい分かったよ、信じようぜ、肉をよ、ぜ・ん・ぶ・買い上げるんだっつったよな!! こんなもん単なる『宣伝』に決まってんじゃんよ!!」だってよ。

他には、「そうだよ、皆で日本政府のヤツラが福島を拠点にするように仕向けるしかないよ、でさ、毎日かかさずに原発前の海に浸かってもうらんだな! ここに出てきてた日本政府を代表してたヤツには、その尿を針からブチ込んでやること位に値するわ、口からじゃないよ、針でブっ込むんだからな・・・」っつぅぅぅのとかっ!!

などなどなど・・・コメントぞくぞく書かれてるんだけどぉぉぉおおおおっ。

———————————————–

Rue 89

「東京在住、私はこの無責任な日本政府を告発する」

記事主 Bigorneau – 2011年7月26日- 9h25

マグニチュード9と福島第一原発事故から4ヶ月以上が過ぎたが、現状は収束されておらず、むしろ(数人の専門家が言うようにチェルノブイリ原発事故よりも)もっと酷いものになっている様に伺える。

もう東京に住みだして1年だが、日本政府の、この大災害の対応に、私は非常に腹が立っている。でも、私の周りの多くの日本人たちのように、私も何も言わない、何故なら毎日毎日そんなに考えること事態が怖いから。こんな状況で一番良いのは、何も知らないまま暮らすこと。

ある日の晩に、私はこのビデオを見て相当うんざりした。そして、今まで堪えていた何かがあふれ出た。

これは、7月19日に福島県民と日本政府職員との間に開かれた会議の模様。ビデオは日本語ですが、(正確な)英語とフランス語での字幕が入っています。大まかにココで言われていることは、つまり、福島県民が健康で安全な土地に住む権利があるか無いかなど、関係ないという事。日本政府は避難志願者に対して、それなりの処置を取っていない。福島県民が、子どもたちの放射能被曝の検査をして欲しいとお願いしながら、子どもたちの尿を持っていってもらうように差し出すと、この職員は一言も無いまま、その場を去るのです。無言の壁のごとく。

ここで、何故「尿」なのか?国際NPO団体の署名や、(小佐古)大臣の訴えの辞任があったにも関わらず、福島県内の学校は4月に学校を再開したわけです。その結果、福島県内の子ども達の尿検査では、放射性物質が検出されたのです。

« みなさんに目を覚まして貰いたいから »

他にも、どんな風に災害の後、日本政府がめちゃくちゃな対応をしているか例を上げなければならないと言うのなら、例えば、食品衛生管理に関しては、市と県が検査をしているのですが、全てを検査しているのではなく、その内のどれかを適当に選んで検査しているだけなのです。(これは、私が参加したフランス大使館主催のIRSN-放射線防護原子力安全研究所が行った説明会で知りました。) その結果、最近知ったのは、汚染された2000頭以上の牛が日本全国に売り出されたということでした。

この非人道的で無責任な日本政府の対応を言葉で表現しようとしても、何と表現して良いのか、私は言葉を失ってしまいます。こちらのメディアは、このようなビデオや情報を流しません。私の周りの人でも、このような事情について知っている人は少ない状況です。だから、私は、とにかく、この情報を広めるしか・・・日本に居る人にも、その他の人々にも、とにかく、この事情を知って、見て、目を覚ましてもらいたいと願うばかりなのです。

———————————————–

 続報 

ビデオ 「日本政府は自国民・福島県民を見殺しにする」- vidéo : “Gouvernement japonais tue son propre peuple à Fukushima”

追記

問題のビデオは、エレベーターのドアが閉まり、検査をお願いする尿は完全拒否された・・・そんな感じで終わっていて、その後、エレベーター内で何があったのか、更には、もっと後はどうなったのか気になるわけで。

で、その後の情報を知ることが出来たので、ここにメモっておこうと思う。

以下は、福島の「子供たちを放射能から守る会」(略称=子ども福島)の小林さんから得た情報で、小林さんの許可を頂き、メールから抜粋・引用したもの。

(注) メールのやり取りの日付の前後の差があるのは、事情が分かりやすいように詳細を時系列ごとに並べたからです。

● 尿は一応持って帰ってもらったのですが、後日こちらの方に送り返されてきました。検査をお願いしたのですが、拒否されたと受けとっていいと思います。(8月2日のメール)

● あの日来ていた放医研(放射線医学総合研究所)の方は山田裕司さんという方でした。エレベーターを降りてからではなく、エレベーターに乗る前、会場から廊下に出たところで渡したと言っていました。(8月3日のメール)

● 尿を送り返されました。しかも、なんの説明も文章もなくただ尿だけが送られてきました。(7月29日)

● 今巷では20ミリシーベルトは福島県知事からの要請だったと囁かれています。県外に人の流出をさせたくないという福島県の動きを見ればそんな噂が出て来てもおかしくありませんよね。本当かどうかはわかりませんが。(8月2日のメール)

———————————————–

Rue 89
Vivant à Tokyo, je dénonce ce gouvernement irresponsable
Par Bigorneau | 26/07/2011 | 09H25

Plus de quatre mois après le séisme de magnitude 9 et l’accident de la centrale nucléaire de Fukushima, la situation n’est pas maîtrisée, et elle apparaît même bien pire que prévu (certains experts l’annoncent pire que Tchernobyl).

Je vis à Tokyo, depuis près d’un an, et la gestion de la catastrophe par le gouvernement japonais me révolte. Mais, comme la majorité des Japonais que je connais, je ne dis rien, parce que ça fait trop peur de penser à ça tous les jours. C’est plus simple quand on ne sait pas.

Cependant, un soir, j’ai vu cette vidéo. Je suis écœurée, c’est la goutte d’eau qui fait déborder le vase :

Il s’agit d’une réunion entre des habitants de Fukushima et un envoyé du gouvernement japonais, qui a eu lieu le 19 juillet. C’est en japonais, sous-titré (fidèlement) en anglais et en français : ce qu’il leur dit, en gros, c’est qu’il n’est pas de son ressort de savoir s’ils ont le droit de vivre dans une zone sûre. Le gouvernement n’évacuera pas davantage ceux qui le demandent. Lorsqu’on lui demande de prendre des échantillons d’urine des enfants de Fukushima pour faire des analyses, il part, sans dire un mot. Un mur.

Pourquoi cette histoire d’urine ? Les écoles de Fukushima ont rouvert dès début avril, malgré des pétitions locales relayées par des associations internationales, et la démission du conseiller du Premier ministre, qui s’y opposait. Résultat, quand on a fait des analyses d’urines des enfants de la région, elles comportaient des matériaux radioactifs.

« Pour que les gens se réveillent enfin »

Et s’il fallait d’autres exemples pour montrer que la crise est gérée n’importe comment : les contrôles alimentaires sont faits par les maires et préfets sur des échantillons prélevés selon des protocoles arbitraires (ce que j’ai appris lors d’une réunion d’information de l’Institut de Radioprotection et de Sûreté Nucléaire [IRSN] à l’Ambassade de France). Résultat, on a découvert récemment que la viande de plus de 2 000 bœufs irradiés a été commercialisée dans des supermarchés dans tout le pays.

Je n’ai pas de mots pour qualifier l’inhumanité et l’irresponsabilité des membres du gouvernement japonais. Les médias, ici, relayent très peu ce genre de vidéos. Dans mon entourage, pas grand monde n’est au courant. Alors, j’essaye simplement de la diffuser… En espérant que les gens, ici et ailleurs, vont finir par se réveiller davantage.

http://www.rue89.com/2011/07/26/vivant-a-tokyo-je-denonce-lirresponsabilite-du-gouvernement-215631

———————————————–

 suite 

ビデオ 「日本政府は自国民・福島県民を見殺しにする」- vidéo : “Gouvernement japonais tue son propre peuple à Fukushima”

———————————————–

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: