「原発 わたしはこう思う」 小出裕章氏 – “Le nucléaire, mes opinions” Mr.Hiroaki Koide

文字おこしフランス語

TV Asahi – Hôdô Station (Média Station)  (11/07/2011)

“Le nucléaire, mes opinions”

Mr.Hiroaki Koide, Professeur associé de l’Université de Kyoto au laboratoire de recherches sur les réacteurs nucléaires

——————————–

Média Station : “Le nucléaire, mes opinions”, l’invité d’aujourd’hui de cette émission est Mr.Hiroaki Koide, Professeur associé de l’Université de Kyoto au laboratoire de recherches sur les réacteurs nucléaires, qui réclame l’arrêt immédiat de toutes les centrales nucléaires.

Mr.Koide : Au Japon, nous n’avons pas d’endroit pour fuir les tremblements de terre et les Tsunami. Même si on connaissait une autre catastrophe, nous ne saurions pas si c’est un tremblement de terre ou bien un Tsunami.

Il est tout à fait possible que la cause de l’accident soit autre chose, alors si on dit que la raison principale de cet accident est un Tsunami et qu’on prend des mesures nécessaires contre les Tsunamis, dans ce cas le problème est réglé, et cette question même est en fait une erreur.

Média Station : Mr.Hiroaki Koide, bien que vous soyez spécialiste du nucléaire, vous alertez depuis 40 ans sur la dangerosité des centrales nucléaires.

Mr.Koide : Le gouvernement japonais répète continuellement que les centrales sont sûres, y compris celle de Fukushima. Les populations de Fukushima le croient et ils n’ont jamais imaginé qu’un jour un tel accident arrive.

Même cet état dit “Nous sommes sûrs de nos centrales nucléaires”, qui peut croire ce genre de chose?, déjà, je ne comprends pas cela.

Ce qui est sûr pour moi c’est qu’il faut arrêter immédiatement le nucléaire.

Même si on arrête le nucléaire, nous pouvons alimenter nos besoins d’électricité, cela est déjà confirmé par la statistique publiée par le gouvernement japonais, d’où la priorité qu’il y a à arrêter le nucléaire.

Si on arrête le nucléaire, il est nécessaire d’activer toutes les centrales thermiques, et cela nous demande d’aller chercher du combustible fossile et ainsi on doit certainement accepter un certain dégât pour l’environnement.

Mais je pense que ce qui est important de savoir c’est que c’est la société, cette société même qui dépense autant d’énergie ce qui constitue une anormalité.

Je pense que les japonais doivent réfléchir sur l’énergie utilisée et comment nous pouvons diminuer la dépense d’électricité.

Pour moi, le monde a presque changé le 11 mars 2011.

Tout le Japon, ainsi que la nourriture et l’eau de tous les pays, tout cela a été contaminé, et on doit continuer à vivre dans ces conditions.

Aujourd’hui, on ne peut pas échapper parfaitement à la radioactivité, mais ce que nous pouvons faire c’est de protéger les enfants des radiations.

Je pense que nous ne pouvons plus écrire un avenir lumineux.

Il est nécessaire de réfléchir aux mesures concrètes pour éviter autant que possible des situations tragiques dans ces conditions.

——————————–

文字おこし日本語 ☆「ざまあみやがれい!」さん☆の所から、拝借して掲載させてもらいたいと思います。

この場をかりて、「ざまあみやがれい!」さんに感謝申し上げまっす!!

テレビ朝日 報道ステーション (2011年7月11日)

「原発 わたしはこう思う」 

出演 = 京都大学原子炉実験所小出裕章氏

報道ステーション : 原発私はこう思う、今日は全ての原発をすぐにとめるよう訴えている、京都大学原子炉実験所の小出裕章さんです。

小出先生 : 日本の場合には地震も津波も逃れる場所はないですし、仮に次に事故が起きるときに地震あるいは津波で必ず起きるんだってそんな保障もないのですね。

今度は全く別な要因で事故になるかも知れない、わけです。

ですからなんか津波だけが悪くてそれさえ対策をとればもう事故は起きないというようなことを言うのであれば、そもそもそれが間違えているということです。

報道ステーション : 原子力の専門家でありながら40年間原発の危険性を訴え続けてきた、京都大学原子炉実験所の小出裕章助教。

小出先生 : 少なくとも福島の原子力発電所に対しても国は絶対に安全ですと、安全性が確認されていますと言い続けてきたわけで、福島県の人々も国の言い分を信じて、まさか壊れることはないだろうと思いながら生活してきたわけですね。

その国がこの原子力発電所が安全だと今言ったとしても、そんなものいったいどうすれば信じることができるのか、私にはそれがまずはわかりません。

少なくとも原子力なんてものは即刻やめるべきだと、思います。

原子力をやめたところで、電気、電力の供給に全く支障がないと、いうことは、日本の政府の統計自身が示してますので、まずはやめる。

ただしやめたときには火力発電所をフル稼働させるということが必要になりますので、化石燃料の調達、そして運転したときの環境の破壊ということを、もちろん受け入れるしかありません。

でも、大切な事は、今のようなエネルギーを膨大に使うという社会そのものが、すでにおかしいということに気がつかなければいけない、と思います。

エネルギーの使用量、電気の使用量そのものをどうやったら減らせるかというふうに日本人は考えるべきだと、思います。

私は3月11日に世界は変わったというぐらいに、思います。

日本中というか、世界中福島の原子力発電所から吹き出してきた放射能で汚れているわけで、食べ物にしても水にしてももうすべて汚れているのですね。その中で生きなければいけない。

今、完璧に放射能から逃れることはすでにできない、のですけれども、今できることそしてやるべき事というのは子どもを被曝から守るということです。

明るい未来はもう今は描くことができないと思う。

せめて少しでも全体の悲劇を減らすと、いうための方策を、具体的な方策を考えるということが必要なんです。

——————————–

おまけ

☆ 京都大学原子炉実験所小出裕章助教授の主張

6月16日テレビ朝日モーニングバード! (VTR出演)の要旨

「溶けたウランの魂が格納容器の底をも破り建屋のコンクリートの土台を溶かしつつ地面にめり込んでいる

「汚染された地下水が海へ流れないようにする壁を作る必要がある

☆ 細野豪志・原発事故担当大臣の主張

地下ダムというか、遮水壁というか、いろんな呼び方があると思うんですけども。こういう物が必要であるという認識は私も持ってます。工程表にもハッキリ書いてまして、これは必要だろうと。」

以下、映像で確認するぅぅぅうううっ!!

BS朝日  「激論! クロスファイア」 (2011年7月2日)

——————————–

エレファントカシマシ 「孤独な太陽」 (2001年)

Advertisements

3 responses to “「原発 わたしはこう思う」 小出裕章氏 – “Le nucléaire, mes opinions” Mr.Hiroaki Koide

  • 管理人

    ざまあみやがれい!管理人です。

    私は感動しています。小出裕章氏の言葉が海を簡単にこえているという状況に感動しています。この翻訳は私への大きな大きなご褒美です。ありがとうございます。

    まだまだ震災、原発事故の災害、両方共、解決していません。

    これからもインターネットの世界で皆様のお役に立てるよう、出来る限りのことをしたいと思います。

  • onaironaironair

    わっははははぁぁああああっ超ウケた。

    あ、すいません、こんにちは、ざまあみやがれい!管理人さま。

    えっと、「文字おこし日本語」をパクって直ぐ逮捕されたあたしでっす。

    はい、ざまあみやがれい!管理人さまに超無断でパクりましたぁぁあああっ。(笑)

    先ほど、メールでお返事しました☆

  • onaironaironair

    > 小出裕章氏の言葉が海を簡単にこえているという状況に感動して、います。

    えっと、あたしは小出先生の言葉はガンガン海を渡って外国に伝わるべきだと思ってるぅぅうう。

    現在日本で大流行の「直ちに」伝わるべきだと思っておるの、です。

    あ、小出先生式の文章になっているの、です。(笑)

    小出先生、あたしは愛情(尊敬の意を)込めて先生の言葉訳したぁぁあああ、先生の許可なしにィィィイ☆

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: